「シグナル 長期未解決事件捜査班」第8話|大山を殺した犯人が明らかに

「シグナル 長期未解決事件捜査班」

「シグナル」記事一覧

「シグナル 長期未解決事件捜査班」第8話のあらすじと感想です。

ついに大山の遺体が発見されました。

生きているとは思わなかったけど、やっぱり辛い。過去を変えて、大山が生きている未来に変えることはできるんだろうか。

この作品は、FODプレミアムで動画配信されています。最新の配信状況と料金はFOD公式サイトにてご確認ください。

第8話のあらすじ

腹部を刺された岩田(甲本雅裕)は、「俺が大山を殺した」と健人(坂口健太郎)に告げて息を引き取る。健人は岩田殺しの容疑をかけられ、行動を制限される。

1999年。複数の男に乱暴された井口奈々(山田愛奈)が学校の屋上から飛び降り、自殺未遂を図る。自ら捜査員に名乗りを上げた大山(北村一輝)は、犯行現場の近くに住む被害者の同級生・斉藤裕也(瀬戸利樹)を呼び出して話を聞く。

裕也は、奈々が同級生の加藤亮太(神尾楓珠)から勉強を教えてもらっていたことを話し、それを聞いた中本(渡部篤郎)は亮太を〈いけにえ〉にすると言い出す。中本は、衆議院議員の野沢(西岡德馬)から「面倒なことが起きたので処理を頼む」と言われていた。

健人は、心配する美咲(吉瀬美智子)に、岩田が大山を殺したこと、岩田もまた口封じのために黒幕に殺されたこと、すべては武蔵野市の集団暴行事件から始まっていることを話す。

亮太が健人の兄だと知った大山は、加害少年たちが全員「亮太に脅されてやった」と証言し始めたことに不審を抱き、中本を問い詰める。しかし中本は白を切り、被害者の奈々も主犯は亮太だと証言する。

岩田を殺したのは岡本(高橋努)かもしれないと疑う健人と美咲は、岩田が死ぬ直前に岡本の母親が所有する別荘に足を運んでいたことを知る。別荘を調べていた2人が見つけたのは、裏庭に埋められた大山の白骨死体だった。

登場人物はこちら

「シグナル 長期未解決事件捜査班」シグナル 長期未解決事件捜査班|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)・原作

第8話の感想(ネタバレ有)

大山を殺したのは岩田係長

まさか、岩田係長が大山さんを殺していたとは…。

中本の罪を知っているとは思っていたけど、実行犯とは思わなかったよ。大山の上司でもある岩田係長に殺させるなんて、ひどい。

そして岩田係長が自分の言いなりにならないとわかったとたん、ソッコーで消す中本。もう中本には同情の余地なしと判断しました。

健人の兄は〈いけにえ〉だった

1999年にいる大山は、集団暴行事件の捜査に加わりました。これ、健人が言ったから自ら名乗り出たんだよね。

今現在わかっている事実を時系列に並べると、以下のような流れに。

  1. 亮太が斉藤裕也の家で井口奈々に勉強を教え始める
  2. 奈々が複数の男に乱暴される
  3. 学校で根も葉もない噂が流れ、奈々が屋上から飛び降りる(亮太は止めようとした)
  4. 中本が衆議院議員の野沢から処理を頼まれる
  5. 大山が裕也を取り調べている時に亮太の名前が出る
  6. 中本が亮太を〈いけにえ〉にすることを決め、岩田を抱き込む
  7. 事件の加害少年たちが口を揃えて「主犯は亮太」と言い始める
  8. 奈々が「犯人は亮太」と証言する(中本に買収された?)
  9. 亮太が主犯として逮捕される
  10. 健人が親戚に預けられ、名字を母親の旧姓・三枝に変える
  11. 逮捕から8か月後、少年院から戻ってきた亮太が自殺を図る

大山さんは、一度会っただけですぐに亮太が無実だと見抜いていました。斉藤裕也が何か隠してるということも。

代議士の野沢は「小川都市開発」という会社と癒着があり、加害少年たちの親は、全員この「小川都市開発」に勤めていました。

たぶん、真犯人は「小川都市開発」の社長の息子・陽一でしょうね。陽一の父親は、野沢に頼んで息子の罪を揉み消したと思われます。

大山に亮太を救ってほしいと思いつつ、もうこれ以上中本に近づくのはやめてーー!と叫びたくなります。

大山の遺体が見つかる

そして…ついに大山の遺体が発見されました。わかっていたけど辛い。

でも、今ならまだ間に合うんだよね。大山が失踪した(殺された)のは2000年の4月15日だから、まだ猶予はある。

あ、でも無線が繋がらない…?

それに、その日は大山が谷原記念病院に行って、橋本の遺体を発見したことを2010年の健人に伝えないといけないんだよね。そうじゃないと女児誘拐事件が未解決のままになってしまう。

ああっ、ややこしくなってきた…!!

次回は最終回直前でさらに緊迫した展開になりそう。期待が高まります。