サイレント・ヴォイス|登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

ドラマ「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」あらすじ感想

どうも、夏蜜柑です。
2018秋ドラマの紹介です(↑このポスターめちゃくちゃキレイじゃない?)

BSテレ東土曜9時「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」

取調室という密室を舞台に、被疑者の習慣や仕草、行動パターンから“嘘”を見破る行動心理捜査官・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決する “超・心理サスペンス”。(公式サイトより)

原作は、佐藤青南さんのミステリー小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ。
栗山千明さん演じる主人公が、難事件の容疑者を追い詰めていく取調室での心理戦が見どころです。

夏蜜柑

取調室の緊迫感、好きなんですよね~。面白そう。

※この記事は随時更新中です。

番組情報

  • 放送局:BSテレ東
  • 放送時間:2018年10月6日(土)から毎週土曜夜9時~
  • 原作:佐藤青南「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ
  • 脚本:ブラジリィー・アン・山田/大浦光太/本田隆朗
  • 監督:山内大典
  • 音楽:鈴木ヤスヨシ
  • 主題歌:The Super Ball「FUSEKI」

原作について

このドラマの原作は、佐藤青南さんのミステリー小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズです。

現時点で、同シリーズは「サイレント・ヴォイス」を含む6冊が刊行されています。

あらすじ

人は“大脳新皮質”によって言葉で嘘をつくが、嘘をつく一瞬前に“大脳辺縁系”の反射が肉体に現れる――。嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り『被疑者の嘘を見破る』女性刑事がいた。彼女の名は楯岡絵麻(栗山千明)。彼女の前では嘘は通じない。彼女に狙われたら最後、事件の被疑者は100%自供に追い込まれる。
このドラマは、取調室という密室を舞台に、被疑者の習慣や仕草、行動パターンから“嘘”を見破る行動心理捜査官・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決する “超・心理サスペンス”である。(公式サイトより)

登場人物(キャスト)

楯岡絵麻……栗山千明
警視庁捜査一課の刑事。階級は巡査部長。取り調べのスペシャリスト。
習慣や仕草、行動パターンから相手の“嘘”を見破る行動心理学を駆使して被疑者を追い詰める。絵麻という名前から「閻魔様」と呼ばれている。

西野圭介……白洲迅
警視庁捜査一課所属の刑事。所轄から捜査一課にやってきた新人。熱意はあるが人を見る目はない。筒井や絵麻など、個性的な刑事たちに振り回されている。

筒井道大……宇梶剛士
警視庁捜査一課の刑事。階級は警部補。昔ながらの古いスタイルで捜査を進め、絵麻に対抗心を燃やす。

綿貫俊……野村修一
警視庁捜査一課所属。階級は巡査部長。出世欲が強く、西野をライバル視する。

林田シオリ……椎名香奈江
警視庁総務課所属。署内のアイドル的存在で、西野が密かに思いを寄せている女性。

第1話ゲスト

崎田博史……佐伯大地
被疑者。無職で住所不定のネットカフェ難民。身代金目的で女の子を誘拐した容疑で逮捕される。本人は容疑を否認していたが、絵麻の取り調べで共犯者がいることを見破られる。

マイクロジェスチャーとは?

心理状態が無意識に動きに現れることをマイクロジェスチャー(微表現)というそうです。
一瞬で現れてしまうその動きは、本人がコントロールすることは不可能なのだとか。

ゆえに、正直な気持ちが出てしまうんですね。
例えば、以下の動作にはそれぞれこんな意味が……。

  • 左上に視線を向ける
    見たことを思い出しているとき。
  • 手をテーブルの下に隠す
    何か知られたくないことがあるとき。話題から逃げようとしているとき。
  • 親指を隠す
    自信がないとき。
  • 首筋を掻く
    ウンザリしている。または相手を騙そうとしているとき。
  • 袖口や腕時計を触る
    興奮をおさえようとしているとき。
  • 椅子に手と足が触れている
    早く会話を終了したいとき。
ビジネスのテクニックとしても使われる、ちょっとした心理術。
知っていると、コミュニケーションが円滑になるかも。


ほかの記事を読む?

Paraviオリジナルドラマ「tourist ツーリスト」 3局横断ドラマ「tourist ツーリスト」各話あらすじ・キャスト WOWOW連続ドラマW「コールドケース2」 コールドケース2―真実の扉―|あらすじ・原作・登場人物(キャスト)