「100万円の女たち」第1話|サスペンスとエロチック

「100万円の女たち」

「100万円の女たち」

どうも、夏蜜柑です。
テレ東木ドラ25「100万円の女たち」が始まりました。

このドラマ、とても楽しみにしていました!

原作の雰囲気が大好きなのですが、ドラマも予想していたよりずっと良かったです。
いかにも深夜ドラマって感じで、サスペンスとエロチックがひりひりするような不気味さを醸し出していました。

これからどう味付けしていくのか、すごく楽しみです。

第1話「100万円と謎の女たち」ネタバレ

道間慎(野田洋次郎)は、売れない小説家。
半年前から謎の女5人とひとつ屋根の下で暮らしています。

女たちは招待状を受けとって道間の家に集まったのですが、招待状の送り主も、その目的も、まるでわかりません。
女たちと暮らすにあたっては、ルールがあります。

  1. 女たちへの質問禁止
  2. 女たちの部屋に入らない
  3. 夕食は全員一緒に
  4. 女たちの世話は道間がする
  5. 家賃は1か月100万円
道間は訳がわからないまま大金を手にすることになり、そのお金を使って高級ソープランドに通っています。女たちはすべて見透かしているような態度をとりますが、道間は徐々に女たちとの暮らしに慣れていきます。

道間の担当編集者・桜井(山中崇)が訪ねてきて、道間が大嫌いな人気作家・花木ゆずの最新作を置いていきます。
道間が書く小説にはルールがありました。作品の中で誰も死なないことです。

理由は、道間の父が人殺しだからです。
道間の父・道間達之(リリー・フランキー)は、母とその不倫相手、駆けつけた警官を殺して収監されている死刑囚でした。

第1話の感想

原作の雰囲気を壊さず、忠実に映像化している感じで、ちょっと怖いくらいでした。
絵だけでも、じわじわくる不気味さがあるのですが、音や動きが加わるとさらにリアルでドキドキしますね。

道間を演じるRADWIMPSの野田洋次郎さんは、普通っぽい感じが道間のイメージに合っていて、まったく違和感がなかったです。
配役は、ほとんど原作のイメージどおりという感じでした。

第1話は状況説明の回だったので、ほとんど伏線だらけで物語は進んでいません。
要チェック人物の花木ゆずも登場しなかったしね。

でもこの作品は、ストーリーを楽しむというよりキャラクターや雰囲気を楽しむ作品だと思うので、とにかく作品世界に浸ってドラマを楽しみたいと思っています!

もちろん、最後に謎が明かされるので、謎のまま終わるってわけではありません。
原作との違い(あんまりないけど)については、次回の更新で書きたいと思います。

登場人物(キャスト)

道間慎……野田洋次郎(RADWIMPS)
小説家。とある文学賞で大賞をとりデビューするが、売れ行きは芳しくない。半年前から5人の謎の美女たちと1つ屋根の下で暮らしている。

100万円の女その1・白川美波……福島リラ
コーヒーを愛する女。家の中では常に全裸。妖艶な魅力と得体の知れないオーラを放っている。

100万円の女その2・塚本ひとみ……松井玲奈
紅茶を愛する女。なぜか無類の読書好きで常に本を読んでいる。ヨガ好きでもある。

100万円の女その3・小林佑希……我妻三輪子
ほうじ茶を愛する女。言葉数少なく、無駄話をしないがたまに優しい一面も。

100万円の女その4・鈴村みどり……武田玲奈
アセロラジュースを愛する、陰のある高校生の女。生い立ちになにか秘密を抱えている。

100万円の女その5・開菜々果……新木優子
牛乳を愛する女。一見とらえどころがないが、大物感が漂うオーラを放つ。

道間達之……リリー・フランキー
慎の父親。死刑囚。

桜井誠二……山中崇
慎の担当編集者。慎の才能を高く評価している。

花木ゆず……中村倫也
イケメン人気小説家。

森口竜市……池田鉄洋
文芸評論家。花木を絶賛し、慎を嫌っている。


ほかの記事を読む?

「100万円の女たち」 「100万円の女たち」第1話|5人の女たちの正体は? 「100万円の女たち」 「100万円の女たち」第2話|実写版の艶めかしさ