「100万円の女たち」第3話|ドレスアップする女たち

「100万円の女たち」

「100万円の女たち」

どうも、夏蜜柑です。
「100万円の女たち」第3話。

今週は豪華でしたね~。
ドレスアップした女性たちの美しさ、圧巻でした。

第3話「露出」ネタバレ

白川美波(福島リラ)に「面倒くさい」と言われ、セックスしそこなった道間慎(野田洋次郎)は、鈴村みどり(武田玲奈)からも「いい加減な人」と言われてしまいます。

編集者の桜井(山中崇)に招待され、道間と5人の女たちは「中学館創立記念パーティー」に出かることに。嫌がっていた開菜々果(新木優子)も、桜井に執拗に頼まれ出席します。

小林佑希(我妻三輪子)は黒地に木の実柄の着物、みどりは白地に赤い花柄の着物、塚本ひとみ(松井玲奈)と菜々果は淡いパステルカラーのドレス、美波はモノトーンのシックでセクシーなドレスを装いました。

パーティーでは、花木ゆず(中村倫也)の読者大賞授賞式が行われます。
自分が受賞する場面を妄想する道間。

道間のもとに文芸評論家の森口竜市(池田鉄洋)が現れ、道間の作品を痛烈に批判します。そこへ菜々果が現れると、まわりの空気が一変します。
花木ゆずまでもが菜々果と一緒に写真を撮ろうとし、パーティーに出席していた人々も菜々果の周りに集まってきます。

わけがわからない道間は、桜井から聞かされて初めて菜々果が世界的に有名な大女優だと知るのでした。

その頃、先に家に帰ったみどりのもとには神田武(吉村界人)が現れ、「100万円くれたら二度とこない」と言います。仕方なく、部屋から100万円を持ってきて渡すみどり。

その夜、道間がみどりに呼ばれて部屋に入ると、みどりが下着姿で待っていました。

第3話「露出」感想

パーティーのシーンは、スカッとしました~。
花木ゆずと森口竜市は、これからも何かと主人公に嫌がらせをしてくるんですよね。
言うことがいちいち嫌味なだけでなく、やり方も卑怯な人たちです。

来週は、鈴村みどりちゃんの事情が明らかになります。
武はどうなるのかな~。


ほかの記事を読む?

「100万円の女たち」 「100万円の女たち」第5話|男を黙らせる女たち 「100万円の女たち」 「100万円の女たち」第1話|5人の女たちの正体は?