明日の君がもっと好き第4話|「#嫉妬」にツッコミどころ満載

明日の君がもっと好き

どうも、夏蜜柑です。
「明日の君がもっと好き」第4話。

ムエタイで変身したタクシー運転手、あっさり退場。なんだったんだ。毎回いろんな要素がとっちらかってて支離滅裂だけど、ポエムでまとめられるとOKな気もしてくるわ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4話「告白」のあらすじ

  • 茜(伊藤歩)の家にタクシー運転手の聖誠実(小松和重)が現れ、茜に交際を申し込む。茜が断ると態度が激変。ムエタイを修得した聖には、亮(市原隼人)も歯が立たない。茜は合気道で挑み、撃退する。
  • 遥飛(白洲迅)は、同僚の桃田(神永圭佑)が流した一斉メールで熟女をいたぶる性癖がバレ、会社に居づらくなる。心配した茜は亮を誘って遥飛の家を訪ね、3人で夕食を共にする。亮は茜と仲のいい遥飛に初めて嫉妬心を抱く。
  • 亮と香(森川葵)の仲が進展していないことを知った文彦(柳葉敏郎)は、香のマンションを訪ねる。香から「女の子が好き」と告白され、文彦は香を無理やり連れ戻す。
  • 香は隙を見て文彦から逃げ出し、梓(志田未来)のもとへ。しかし夫の智弘(渡辺大)に襲われそうになり、梓の実家に身を寄せる。翌朝、茜から連絡をもらった亮と文彦は、香を迎えにいく。

第4話の感想

今週のツッコミどころ第1位は、「#嫉妬」でした。

なぜか縦書き。
なぜか筆文字。

……センス( ̄▽ ̄)

いや、これは逆にあざとすぎませんか?
笑わせる気満々じゃないですか!

ちなみに「#嫉妬」の直前に語られたポエムがこれ。

初めて知った。この得体の知れない感情。自分だけのためにいてほしいと心が焼ける。それが、ひょっとして恋の序章なのだろうか

タクシー運転手、再び。
第1話でわたしに気持ち悪さを植え付けた、あの男です。

勘違いムエタイ男として再登場するも、あっさり茜に撃退されオネエ口調で去ってった……。

なんだろう、この物足りなさ。
二度と見たくなかったのに「あ、もう終わり?」と思ってる自分がいる。

森川葵さん演じる香は、男が好きなのか女が好きなのかわからなくて悩んでるキャラじゃなかったの?

今回、別人みたいに梓のこと好き好きって言い出したり、父親に「あんたが持ったのは息子なんだよ!」って叫んだりしたから、びっくり。

いつのまに「生まれた時から男」ってことになったんだろう。

亮に「腹をくくる」って言った割には、自分のこと「僕」って言ったり「私」って言ったり、まだグラグラしてるようにも思えるし。

ガールズバーのお店を持ちたいっていうのも、よくわからない。本当は男なんだったら、盛り盛りのメイクとかしたくないんじゃないの?違うの?

で、お相手の梓のほうはというと、こっちは完全にお遊び。
この子は常に他人ありきで、自分がどうしたいかじゃないんだよね。

それにしても、香が父親の前でいきなり服を脱いで胸にサラシ巻きだした時はギョッとした。サラシ胸のまま部屋を出て行ったのにはさらに驚いた。

泣き崩れてたの、マンションの廊下だよね?
なんでサラシ胸のまま外に出るの?
自分は男だっていうパフォーマンスなの?(゚ー゚*?)

梓の夫・智弘は、ゲスでクズな変態夫まっしぐらですね。

梓が女と浮気してることに興奮して、ひとりでハァハァ。
今回、タクシー運転手と肩を並べる気持ち悪さだったわ。

正直ストーリーはどうでもいいし、登場人物の誰にも共感できないし、全くわたしの好みではないドラマなんだけど、毎回なんか笑わせてくれるので、つい見てしまう。

次回は一週お休みで、2月24日放送です。
釈由美子さんの復讐が始まるんだって。


ほかの記事を読む?

明日の君がもっと好き 明日の君がもっと好き第5話|市原隼人の衣装どうしたの? 明日の君がもっと好き 明日の君がもっと好き第3話|月がでかいのはSF展開の予兆?