「ブラックリベンジ」あらすじ・登場人物(キャスト)・主題歌

ドラマ「ブラックリベンジ」

木村多江さん主演のドラマ「ブラックリベンジ」が、10月5日(木)にスタートします。

かつて週刊誌のスキャンダル記事によって最愛の夫を失った女性が、世の中の裏に巣くうスキャンダルに迫り、夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく痛快な復讐劇。

主人公・沙織を演じる木村多江さんは、民放の連続ドラマ初主演です!

番組情報

  • 放送局:読売テレビ・日本テレビ系
  • 放送時間:2017年10月5日(木)から毎週木曜夜11:59~
  • 脚本:佐藤友治
  • 演出:大谷太郎ほか
  • 監修:中村竜太郎

あらすじ

週刊誌の契約ライター・沙織(木村多江)は、身の危険も恐れずにスキャンダルを暴くために奔走している。スキャンダルに執念を燃やす彼女には、ある目的があった。将来有望な政治家だった沙織の夫は、身に覚えのないスキャンダルをでっち上げられ、それを苦に自殺。その事実を知った沙織は、スキャンダルによる復讐を決意。大胆にして情け容赦ないやり方で、夫のスキャンダルをねつ造した人物たちが隠す黒い秘密を暴いていく――。(公式サイトより)

登場人物(キャスト)

今宮沙織……木村多江
人気週刊誌「週刊星流」の契約ライター。スキャンダルに只ならぬ執着を持ち、新人ながら数々のスキャンダルをスクープしている。
5年前、政治家だった夫が「週刊星流」のスキャンダル記事を苦に自殺。スキャンダルをねつ造した人物への復讐を心に誓っている。

福島勲……佐藤二朗
編集長。温厚で部下からの信頼も厚く、皆から慕われている。仕事熱心で、何よりも星流の売り上げを伸ばす事を第一に考えている。「読者がいま見たいもの」と感じれば、どんな芸能スキャンダルも躊躇なく掲載する。

天満龍二……平山浩行
正義感あふれる編集部デスク。しっかり者で仕事熱心な編集部のエース的な存在。5年前、圭吾のスキャンダルを星流に掲載した張本人だが、ねつ造の真相は知らない。
沙織の存在にいち早く違和感を持ち、情報屋の城田を雇って素性を調べさせる。後に、沙織から5年前の真相を打ち明けられ、ある選択を迫られる事になる。

高槻裕也……堀井新太
圭吾の元秘書。圭吾の事を尊敬しており、良きパートナーとして支えていた。圭吾が自殺してからは、政界を引退し投資家となり成功を収める。
沙織の気持ちを汲んで、復讐を影ながら助けて行くことになるが、復讐に駆られる沙織を見るにつれて徐々に復讐をやめさせたいと思うようになる。そして、自分が圭吾に代わって沙織を守っていきたいと好意を抱くようになる。

芦原咲良……岡野真也
新入社員で沙織のパートナー。ファッション誌に配属希望だったが、週刊誌に配属され凹んでいる。沙織と行動を共にする様に命令され、最初は嫌がるが、活躍すればファッション誌に異動できるのではないかと思い、しぶしぶ協力する。

石山綾子……中村映里子
沙織の妹。シングルマザー。圭吾が亡くなった後、沙織が世間から隠れた生活を送っていた時も、唯一の肉親である綾子とだけは連絡を取り合い、支え続けていた。綾子は沙織が失踪した後、別れた恋人の子供を出産し、シングルマザーとして悠斗を育てている。

田村雄大……竹内まなぶ(カミナリ)
坊主頭で大柄な男。明るい性格で編集部のムードメーカー。とぼけた発言で編集部を和ませるが、イラっとさせる事も多く、そのたびに、まことからフルスイングで叩かれる。

岡島まこと……石田たくみ(カミナリ)
雄大と行動を共にする事が多く、彼がとぼけた発言をするたびに、フルスイングで叩く。しかし、それは自分より遥かに厳しい他の上司達に怒られない様にパフォーマンスとしてやっている事。つまりやさしさ。

寺田圭吾……高橋光臣
沙織の亡き夫。若手政治家のホープとしてテレビに多く出演。国民からの好感度も高く、当選2回で経産省の政務官にも抜擢されるなど将来を嘱望されていた。しかし5年前、身に覚えのない金銭スキャンダルと愛人スキャンダルが報道され、政治の志半ばで命を絶つ。死の間際に、自分を陥れた3人を暴露した動画を残す。

城田純一……DAIGO
沙織の存在を調査すべく天満に雇われた便利屋。沙織の正体を突き止め、沙織を揺すって大金を得ようとする。

糸賀朱里……鈴木砂羽
精神科医。沙織の妹・綾子の紹介で、復讐の為に都内に戻ってきた沙織の担当医として、精神のケアを行う。次第に沙織も心を開き、自らの悩みを吐露するよき理解者。しかし実際は、沙織の復讐を洗脳に近いほど過度に煽っている。

主題歌

このドラマの主題歌は、SING LIKE TALKINGとサラ・オレインのコラボレーション曲「闇に咲く花 ~The Catastrophe~」に決まりました。

イントロには、ドラマの世界観に合わせてバッハの「ロ短調ミサ」から「主よ、憐れみたまえ」が引用されているとか。ストーリーに寄せた歌詞にも注目です。

SING LIKE TALKINGの佐藤竹善さんは、「1年ほど前に共通のミュージシャン、ジャズピアニストから紹介されてSNSでいつか一緒に楽曲をやりましょうと話していたところ、このドラマの楽曲で女性ボーカルと歌って欲しいとお話をいただき、サラ・オレインさんに声をかけました」と語り、一方のサラ・オレインさんも「こんなに早く実現するなんて嬉しかったです」とコメントされています。

ひとこと

これまで、数々の「薄幸の女性」を演じてきた木村多江さんが、今作では復讐に燃える悪女を演じます。

悪者を懲らしめる、かなりカッコイイ悪女のようで、決め台詞は「骨の髄まで炎上しなさい」。想像しただけでワクワクしますねぇ~^^

木村さんは新境地に臨むにあたり、「怒りを内包する役はあるけれど、怒りをあらわにする役はあまりないので、『私には、新たな挑戦だ』と思いました。深い悲しみと狂気、弱さ、人間のさまざまな部分が見えるように演じたい」とコメント。役作りのために髪を25cmカットしたとか。

さらにこのドラマ、元「週刊文春」の記者で、ジャーナリストの中村竜太郎さんが監修を務めてるんですね。劇中では、スクープをモノにするために記者たちが使う、数々のマル秘テクニックも話題になりそうです。

佐藤二朗さん演じる編集長や、鈴木砂羽さん演じる精神科医など、主人公・沙織をとりまく個性的な登場人物たちにも注目したいです!


ほかの記事を読む?

ドラマ「ブラックリベンジ」 ブラックリベンジ第1話|アニサキス女を炙り出す ドラマ「ブラックリベンジ」 ブラックリベンジ第2話|高橋光臣にも秘密が?