ブラックリベンジ第6話|夫の墓前が姉妹の修羅場に

ドラマ「ブラックリベンジ」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「ブラックリベンジ」第6話。

すごいことになってきたねー^^;
編集長の外道っぷりにゾッとし、妹のゲスッぷりに呆れた回。
いまみーが不憫すぎる。
天満&咲良組に期待!

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第6話のあらすじ

原稿が再度差し替えられ、混乱する天満の前に福島が現れる。再度差し替えたのは福島だった。福島は沙織たちが原稿に細工する事を警戒し、大阪に行くフリをして印刷所へ向かったのだ。

天満は5年前に記事をねつ造し、自分を騙した事を非難するが、福島は「星流を守るためだ。仕方なかったんだよ」と開き直る。そして、福島は天満の辞表を破り、「自主退職なんてさせねぇよ。お前はクビだ」と言い放つ。

刑事の鶴川謙三(宇野祥平)は城田(DAIGO)が死亡した夜の街頭カメラの映像を調べ、城田が落ちた雑居ビルから走り去るフードを被った怪しい男の姿を確認。鶴川は広範囲のカメラの映像を調べ、この男の行き先を特定する事に。

福島は重大なルール違反を犯した天満を解雇した事を編集部員たちに報告し、出社した沙織を会議室へ連れていく。沙織はまた圭吾の記事をねつ造した事に激怒するが、福島は「ねつ造なんてしてないよ!あの記事は全部真実なんだ!」と主張して証拠動画を見せる。その動画で、圭吾は「妻がいなくなった後、妻の妹と私は肉体関係を持ってしまいました」と打ち明けていた。

沙織はこの動画を見て、息が荒くなっていく。福島は「こんなゲス夫のために今までコツコツ復讐に勤しんできたんだろ?マヌケすぎるよ!」と沙織をあざ笑う。福島は沙織が圭吾の妻、寺田美幸だと最初からわかっていて星流に入れたのだ。

警察署に城田の事件の犯人を見たというタレコミが入る。その犯人は映像の男と特徴が一致していた。綾子は星流最新号の事を糸賀朱里(鈴木砂羽)に相談する。朱里は「大丈夫、事情を話せばきっとわかってくれる。あなたたちは血を分けた姉妹なんだから」と復讐に怯える綾子を励ます。綾子には、沙織に話さなければいけない事がまだ残っていた。

綾子は悠斗を連れて圭吾のお墓参りに行き、墓前にいる沙織に気付く。綾子は悠斗を一人で遊ばせ、沙織と話をする。「綾子、嘘だよね、あの記事」「隠してごめん、星流に書いてある事は全部本当なの」沙織は綾子の頬を思い切りひっぱたく。

「お姉ちゃんが悪いんだよ。ずっと恨んでいた」綾子は自分が欲しいものを全部持っていた沙織に劣等感を抱いていた事を打ち明ける。「私にはどうしても欲しいものがあった。でも、それもお姉ちゃんに奪われた・・・」「まさか・・・それが・・・」「そう、圭吾さん」沙織は綾子の告白に驚きが隠せない。

15年前、高校受験を控える綾子は家庭教師をつけてもらう事に。その教師が沙織の高校の同級生の圭吾だった。綾子はやさしく、自分の事を真っ直ぐ見てくれる圭吾をすぐに好きになる。そして、綾子は圭吾との猛勉強の甲斐もあって志望校に合格。綾子は合格したら自分の気持ちを圭吾に伝えようとしていたが・・・。

綾子は沙織、圭吾と両親の話し合いを偶然聞き、2人が交際していた事、来年の6月に挙式する事を知ってショックを受ける。綾子は結婚式の幸せそうな2人の姿を見て、圭吾への思いを完全に断ち切ろうとしたが・・・。

5年前、星流に圭吾が裏金を受け取ったという記事が掲載され、沙織はマスコミから逃れるため、神奈川の知り合いの家に身を潜める。星流に書いてある事は全部デタラメ。圭吾はすぐに騒ぎは収まると思っていたが、報道はむしろ過熱してマスコミは圭吾を執拗に追い回した。

そして、星流は追い打ちをかけるように圭吾の不倫ベッド写真の記事を掲載。綾子が心配になって圭吾に会いに行くと、沙織がいない自宅は荒れ果て、圭吾も普通の状態ではなかった。それから綾子は圭吾のもとに毎日通い、身の回りの世話をする。

綾子は圭吾から必要とされていると感じて心が満たされるが、マスコミの報道は過熱する一方。圭吾の心はどんどん荒んでいく。「誰も信じてくれない。もう終わりだ」「私がいるから。私は圭吾さんを最後まで信じているから」綾子は圭吾にキスし、圭吾は綾子を強く抱きしめる。圭吾は何かに憑りつかれたように綾子の服を脱がし、綾子は圭吾に身を委ねる。

綾子は自暴自棄になった圭吾を助けるためだった事を強調するが、沙織は「アンタは私の夫を寝取ったのよ!自分を正当化して・・・。アンタは悪くないっていうの!?」と激昂する。

沙織は「圭吾も許せない。けど、アンタのその態度はもっと許せない!まるで圭吾が自分のものになったみたいな言い方をして・・・。アンタなんかの事、圭吾が愛したハズがない!」「そんな事ない!圭吾さんはあの時、確かに私を愛してくれた!」綾子は圭吾が自分の事を愛していたという決定的な証拠を示し、沙織はその証拠に愕然となる・・・。番組公式サイトより)

第6話の感想

今回はネタがいっぱいありすぎて、何から書けばいいのやら。
まずは妹の裏切りからですかねー。

沙織の妊娠中に圭吾と関係を持ち、圭吾の子を妊娠、出産していた妹・綾子。
圭吾が苦しんでいた時、沙織の代わりに自分が支えになってあげた、と。

予想はしてたけど、予想以上のドロドロ姉妹で救いようがないな……(-_-;)
綾子の言動が、あまりにも考えなしで浅はかすぎる。

子供の頃から沙織に劣等感を抱いていたとか。
中学生の時から圭吾に片想いをしていたとか。

そんなこと、いくら涙ながらに訴えられても、まったく共感できないわー。

さんざん自分を正当化して、圭吾に愛されたことを主張しておいて、最後は「もうどうしていいかわからない。ごめんなさい、おねえちゃん」って急に謝り始めるのもびっくりした。

そういや以前、朱里に「私もおねえちゃんに復讐されるんじゃないかって……」みたいなこと不安げに語ってたけど、いやいやいやいや。

復讐されて当然だと考えるべきでしょ、ここは!
告白して許してもらえるとでも思ってたの?
綾子って、いったいいくつなんだろ?思考回路が幼稚すぎる。

福島編集長も怖かった。
ここまでイッちゃってる人だとは思わなかったよ。

佐藤二朗さんがコミカルな演技で使う仕草や言い回し、いつもなら笑えるのに今回はまったく逆の印象。完全に悪役そのものだった。しかもめっちゃ手強そう(=_=)

クビになった天満だけど、どうやらまだ諦めてないみたい……よかった。

そして前回、天満と沙織の話を立ち聞きしていた咲良ちゃんも、味方に!?
これは嬉しい!どん底の沙織に希望が見えてきたー!

高槻も逃げたみたいだし、とりあえず沙織の味方が3人はいるってことだね。
朱里が何を企んでいるのか気になるけど……。

ここまでの朱里の動き(予想含む)をまとめてみました。

  • 沙織の相談に乗るふりをして復讐をさせた
  • 綾子の相談に乗るふりをして不倫の事実を告白させた
  • 沙織を罠にはめようとした隼也に近づき、沙織の復讐に手を貸した
  • (たぶん)沙織を脅していた城田を高槻に殺させた
  • (たぶん)圭吾が生きていた時、相談を受けていた
  • (たぶん)福島に圭吾の告白画像を渡して綾子との不倫記事を書かせた
やっぱり、彼女が沙織を追い込んでいるとしか思えないんですけどねー。
このドラマの着地点がまったく見えない^^;

次回は、綾子が星流に追い込まれるようです。
放心状態の沙織は復活できるんだろうか……。

あっ。
そういえば、今回カミナリのコントに「終わった?」ってツッコむ人いなかったな。


ほかの記事を読む?

ドラマ「ブラックリベンジ」 ブラックリベンジ第7話|鈴木砂羽の復讐相手は誰? ドラマ「ブラックリベンジ」 ブラックリベンジ第5話|妹はゲス不倫で姉を裏切る