コードネームミラージュ第2話|武田真治の美しい顔

コードネームミラージュ

(C)2017広井王子/「コードネームミラージュ」製作委員会

Episode02「疾ル」感想

Episode02「疾ル」は、ほぼカーアクションの回でした。
ストーリー的に、新たな展開はなかったですね。

鯨岡憐次郞役の武田真治さん、ちょっとしか映らないのに存在感ありすぎ。
真正面からアップで映ったときの、顔立ちの美しいことよ。

鯨岡は、その美しい顔でもって何か催眠術みたいなのを操る男のようです。
美人秘書が「お見事でした」とか言っていたし。

鯨岡は完全に黒(悪)のイメージなのに、着用している服が真っ白なのも面白いです。真っ白な服を着て、モーツァルトの「魔笛」を聞いている……意味深ですねえ。

ミラージュこと桐山漣くんは相変わらず無口で、セリフがほとんどなかった……。
まともな会話は、最後にロビン(AI車)と交わした短いやりとり。

ミラージュ「ずいぶん……派手にやられたな」
ロビン「大丈夫、気にしないで下ください。あなたと共に闘うことが私の使命です」

これ、個人的に胸キュンポイントでした(笑)

今週のドブネズミちゃん


早見表を見る?

コードネームミラージュ 「コードネームミラージュ」全エピソードまとめ  

ほかの記事を読む?

コードネームミラージュ コードネームミラージュ第5話|スモーク大ピンチ! コードネームミラージュ コードネームミラージュ第7話|鯨岡の囁きが不気味