ホリデイラブ第3話|中村倫也のピュアな演技

金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」

ドラマ「ホリデイラブ」

「ホリデイラブ」

どうも、夏蜜柑です。
不倫サスペンスドラマ、「ホリデイラブ」第3話。

里奈の“あざとさモリモリ”な感じ、ちょっと笑えるレベルになってきました。杏寿&純平夫婦がノーマルなので、里奈&渡夫婦の異常さが際立ちますね。面白い。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第3話のあらすじ

  • 娘の七香(渋谷南那)のために、杏寿(仲里依紗)はクリスマスの2日間だけ純平(塚本高史)に帰宅を許す。純平を信じられなくなった杏寿は、「これが最後のクリスマス」と告げる。
  • 杏寿は、里奈の夫・渡(中村倫也)と会い、渡から今も里奈(松本まりか)を好きだと聞かされる。杏寿は「やり直せるならそうしたほうがいい」と助言する。
  • 家に帰った渡は里奈の前で杏寿を褒める。怒りに囚われた里奈は、純平といかに素晴らしい時間を過ごしたかをメールに書いて杏寿に送りつける。
  • 年末年始、工事のため寮にいられなくなった純平は、行く当てもなくさまよい車中泊をすることに。そこには車中生活を続ける男たちが集まっており、純平は将来に不安を抱く。
  • 杏寿は麗華(壇蜜)と食事をした帰り、黒井(山田裕貴)に偶然会う。黒井に誘われるまま酒を飲み、雰囲気に流されて黒井とホテルへ行く杏寿。
  • その頃、龍馬(平岡祐太)のスマホに黒井を知っているという女性客から写真が届く。そこに映る人物は、杏寿が会っている黒井とはまったくの別人だった。

第3話の感想

予想通りの展開ですねー。
なんでそんなチャラ男にハフーンってなってるのよ杏寿……ε-(ーдー)ハァ

里奈からしたら、狙い通りの展開なんだろうね。

麗華を客として送り込み、アプリを使って偽社長・黒井に接近させ、黒井が歯の浮くセリフで杏寿を落とす……。

ここまでやるかぁ。コワ。

今回予想外だったのは、里奈の夫・渡かな。
里奈と同じく、サイコパス&モラハラなだけの夫なのかと思ってました。

「それでも、恥ずかしながら、私はまだ里奈のことが大好きなんです。むしろ、以前より」
「やり直せ……ますかね?」

うっ……なにこれ。
いきなり弱ってる顔見せてくるとか、反則ですよ。

最初は杏寿の前で「優しい夫」を演じているのかと思ったんだけど、どうやら本心みたいです。意外。

中村倫也さんの絶妙な演技が刺さり、不覚にもちょっとクラクラしてしまいました。

でも家に帰ったら「あの奥さんは凄いぞ。お前なんか足もとにも及ばない」とか里奈に言っちゃうんですよねー。

相手が傷つくのをわかってて、わざと酷い言葉を選んでますよね。
それでいて、里奈の反応をめっちゃ気にしてる。

自分の気持ちを伝えるのに、「うちも考えないとな。俺もやり直す努力をしてやるよ」なんて、上から目線の言い方しかできない。

不器用すぎるでしょ。

この人は、愛情表現がどっかで歪んじゃったんだろうなー。
ベタだけど、幼い頃の家庭環境に問題があったのかもしれない。

結婚式の回想シーンではラブラブだったから、里奈も渡も意に反して結婚したわけじゃなくて、当初は幸せだったはずなんだよね。

どこで壊れちゃったんでしょうか……。

このドラマ、漫画なのでやりすぎな部分はあるけど、たまにハッとするセリフがあります。

「怒ってる人間に対して謝り続けるのって、ものすごい勇気と根気がいるんだよ」

純平の浮気を打ち明けた杏寿に、離婚経験者の姉・亜沙美が語ったセリフです。
自分にも思いあたることがあって、少し痛かったです。

浮気に限らず、夫婦間に限らず、相手を責め続けてしまう時があります。

自分は100%正しくて、悪いのは100%相手。
だから、わたしには永遠に怒る権利がある。わたしを傷つけた相手を、わたし以上に傷つけても許される。

そう思ってしまったことが、確かにあったと思う。

もうとっくに許しているのに素直になれなくて、ずっと怒った態度をとり続けて大切な人を失ったこと、一度や二度ではなかったなぁ……。

亜沙美の言うとおり、許すタイミングって本当に大事。
心からそう思います。

もうひとつは、これ。

「この世に取り返しのつかないことなんてあらへんて。命がなくなること以外は」

車中生活のおっちゃん、いいこと言うなぁ。
なんだかわかんなけど、励まされたよ。


番外編の感想を読む?

金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」 番外編ホリデイラブ~10年前の2人|2組の夫婦の胸キュンな出会い  

ほかの記事を読む?

金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」 ホリデイラブ第4話|暴走する井筒家から目が離せない 金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」 仲里依紗主演「ホリデイラブ」原作・あらすじ・キャスト・主題歌