番外編ホリデイラブ~10年前の2人|2組の夫婦の胸キュンな出会い

ドラマ「ホリデイラブ」

「ホリデイラブ」

どうも、夏蜜柑です。
不倫サスペンスドラマ「ホリデイラブ」の番外編がAbemaTVで独占放送されました。

15分前後の短編ドラマなので、内容はあっさりしてましたね(本編と違って)。しかし番外編でも里奈は一切妥協なしでした^^;
簡単にあらすじと感想をまとめておきたいと思います。

放送時間
3月4日(日)23:55~高森夫妻編(杏寿×純平)
3月11日(日)23:55~井筒夫妻編(里奈×渡)

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

高森夫妻編のあらすじと感想

  • 橘杏寿(仲里依紗)は、職場近くの喫茶店で見かける高森純平(塚本高史)に恋をしていた。親しくなりたいと思いつつも、毎回話しかける勇気を出せない杏寿。
  • 一方、純平もまた、喫茶店でいつも見かける杏寿に恋心を抱いていた。密かに仲良くなりたいと思いつつ、声をかけることができない純平。
  • そんな時、純平が海外研修で1年間日本を離れることが判明し、杏寿はショックを受ける。喫茶店のマスターは2人の想いを成就させようと、純平の隣の席に杏寿を座らせる。
  • ところが、そこへ何も知らない杏寿の上司・西村部長が現れ、「好きな人がいるんだって?」と話し出す。杏寿の気持ちを知った純平は思いきって告白、杏寿は驚きながらも純平の想いに応える。

感想

予想以上にコミカルタッチで笑えるドラマになってました。
本編とのギャップにちょっと戸惑うほど^^;

もうねぇ、ベタすぎる少女漫画的な出会い(笑)
思いっきり乙女な杏寿が面白かったです。
あと、ノリノリでガールズトークする西村部長がツボった。

純平はあの後、海外研修に行ったのかな?
いきなり1年間の遠距離恋愛だったのかしらん。

まぁ特に驚く要素もなく、杏寿と純平らしいなーという感じでした。

高森夫妻編のあらすじと感想

  • 小百合(清水葉月)は、クールな公認会計士・井筒渡(中村倫也)に大学時代から片想い中。何とか距離を縮めようと喫茶店で渡と会うが、そこへかつてバイト先の後輩だった宮田里奈(松本まりか)が偶然現れる。
  • 里奈は初対面にも関わらず馴れ馴れしく渡に接し、あっという間に距離を縮めてしまう。慌てた小百合は里奈を呼び出し、渡を好きなことを打ち明ける。もう会わないでほしいと伝えると、里奈は「わかりました」としおらしく頷く。
  • しかし、里奈の携帯には渡からの着信履歴がずらり。さらに里奈は突然泣き出し、小百合があ然としているところへ渡が現れ、「人の恋愛の邪魔をするなんて最低なクズのやることだ」と小百合を罵る。
  • すべては里奈の仕組んだ罠だった。2人が立ち去った後、茫然とする小百合。マスターは小百合に1杯のコーヒーをサービスする。「さまざまな経験を重ねてこそ、味わいが深くなるのです」と、マスターは小百合を励ます。

感想

さすがだね。

本編に引けを取らない里奈のホラーっぷり。
画面に引きこむ力が「高森夫妻編」とは段違いだわ。

第3者である小百合の視点で見せることで、里奈の恐ろしさが際立つ仕掛け。
はい、完全に小百合とシンクロしてしまいました^^;

里奈が渡と小百合のいる喫茶店に入ったの、偶然じゃないよねぇ?(里奈という女に偶然はありえない)

渡も賢そうで案外チョロいんだねー。
こんな見え透いた「アハー♪」にコロッと騙されるなんて。

わざと倒れて抱き留めてもらうとか、純平の時と一緒ですやん( ̄∇ ̄;)

そうしてまんまと里奈の仕掛けた罠にはまった渡。ご愁傷様。
小百合は渡と付き合わなくてラッキーだったね。

でも一番笑ったのは、マスターが里奈を“欠点豆”(一見キレイな形をしているが裏側にカビが生えているコーヒー豆)に例えたこと。爆笑。

このマスターいいわぁ。
あ、小百合役の清水葉月さんもいい感じで、気になった女優さん。


ほかの記事を読む?

金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」 ホリデイラブ最終回|里奈の末路が衝撃 金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」 仲里依紗主演「ホリデイラブ」原作・あらすじ・キャスト・主題歌