さぼリーマン甘太朗第11話|「ミニマル」のフォンダン・タルト・ショコラ

さぼリーマン甘太朗

(C)アビディ井上・萩原天晴/講談社(C)「さぼリーマン甘太朗」製作委員会

どうも、夏蜜柑です。
「さぼリーマン甘太朗」第11話。

今回のスイーツは「チョコレート」
第4話で甘太朗の同僚として登場した財部が再登場。
今度はふたりで甘味の世界へトリップします。
今回の脳内天国、いろいろ混ぜすぎだって(笑)

第11話「チョコレート」ネタバレ

甘太朗(尾上松也)に営業成績トップの座を奪われた財部(健太郎)は、漫画界の巨匠・小友克洋のサイン会&トークショーを企画し、トップの座を奪還しようとしていました。

「仕事中にパフェを食べるようなやつに、このまま負けたくない!」と、今日もまた営業中にジムへ行き、トレーニングに励む財部。

しかし、ジムでうっかり居眠りをしてしまい、イベントには甘太朗が代わりに行くことに。

財部の代わりに仕事を済ませた甘太朗は、帰りに富ヶ谷のチョコレート専門店「ミニマル」へ立ち寄ります。そこへ、財部が現れます。甘太朗に謝罪し、「この借りは、いつか何かの形で必ず」と言う財部。

甘太朗は、「今のあなたはただ自分に厳しいだけ。時には自分を甘やかすことも大切です」と、「ミニマル」へ誘います。

2014年にオープンした「ミニマル」は、カカオの素材に徹底的にこだわり、引き算の発想で作るスイーツが売り。店名の「ミニマル」とは、最小限の、という意味。

最初に出されたのは、カカオの実を搾ったカカオ・パルプ・ジュース。フルーツのような爽やかな味わいに、財部は驚きます。

ベトナム産のカカオと砂糖だけで作った板チョコ「FRUITY BERRY-LIKE」を口に含み、「これがチョコレートなのか?」と感動する財部。

しかし、甘太朗が本当に財部に食べさせたかったのは、パティシエが特別に用意してくれたスペシャル・スイーツ「フォンダン・タルト・ショコラ」でした。

温かく柔らかなタルトを冷たいアイスと一緒に頬張ると、甘太朗と財部は異次元へトリップ。財部はラグビー選手に、甘太朗は選手を指導する監督になっていました。

巨大なチョコレートと化したゴールポストに向かい、「私は絶対に負けないからな」と、カカオボールを蹴る財部。しかし、ボールはあっけなくチョコレートに阻まれます。

財部は「今まで、痩せ我慢をしてすみませんでした」と懺悔します。財部の頭上から降り注がれるチョコレート。

その頃、土橋香奈子(石川恋)は“甘ブロ”をチェックしながら、甘太朗と大好きな甘味の話をすることを夢見ていました。

今回のスイーツ

FRUITY BERRY-LIKE
フォンダン・タルト・ショコラ


ミニマル
東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
「代々木公園」駅・「代々木八幡」駅から徒歩4分

第11話「チョコレート」感想

「フォンダン・タルト・ショコラ」、最高に美味しそうだった!
こういう専門店で作るスイーツってどんな味なんだろうなぁ……食べてみたい。
ちょっと高そうだけど。

今回は、スイーツとストーリーが上手く絡んでいて、いい案配でしたね。
財部と甘太朗、実はけっこう気が合うんじゃない?(笑)

異次元世界のほうは、なんかもうごっちゃ混ぜでしたねー。
「スクール・ウォーズ」やら「2001年宇宙の旅」やら「ひょうきん族」やら。
財部は五郎丸選手の真似してたけど、甘太朗は誰の真似してたんだろ?
山下真司?中村雅俊?特に誰でもないの?ちょっとわかんなかった^^;

そんで甘太朗の専売特許だったスイーツかぶり、今回は財部がやっちゃいました!
チョコレートだったので、いつもよりネットリ感がありましたねー。
あれ何で出来てるんだろう。本物じゃないよね。

後半になってから、洋菓子のオンパレード。一気に攻めますねぇ。
前半に和菓子をもってきたのは、尾上松也さんが持つ和のイメージに寄せたのかな。

そして次回はとうとう最終回です。
洋菓子の王様(と勝手に思ってる)モンブランです!


ほかの記事を読む?

「さぼリーマン甘太朗」 さぼリーマン甘太朗最終回|「和栗や」のプレミアムモンブランHITOMARU 「さぼリーマン甘太朗」 さぼリーマン甘太朗第10話|「エッセドゥエ」の濃厚クリームプリン