「さくらの親子丼」第6話|誰にも訊けない問い

さくらの親子丼

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「さくらの親子丼」第6話。

あざみとさくらの関係、ひとまず落ち着いたのかな。
恭子も一歩踏み出したみたいだし、よかったです。
あざみの抱える苦しみは、まだ続きそうだけど……。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

さくら(真矢ミキ)は、自身との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)に対しどんな態度を取っていいのかわからず、意識的に避けるようになった。そんな矢先、恭子(本仮屋ユイカ)が実家の九十九堂に戻ってきた。あざみを居候させるさくらの真意を知り、またジャーナリストとしての好奇心からの行動だった。急にあざみに対してよそよそしくなったさくらに対し、恭子は「母さんらしくない」と制した。一方あざみは、俊太(塚田僚一)の精肉店のアルバイトに欠員ができたと聞き、働くことにする。

ある日、“たまりば”に出入りしている剛志(柾木玲弥)がびしっとスーツでキメてやってきた。しかしこの日は、さくらは剛志に親子丼を作ろうとせず、「これから死にに行こうとするあんたに食べさせる親子丼はない」と突っぱねる。実は剛志は、ヤクザの兄貴分に組の若頭を襲撃するよう命令されていたのだった。憤然として九十九堂を後にする剛志を心配そうに見つめるあざみに、さくらは彼の悲しい過去を話す。剛志は崖から車で海に飛び込んだ一家心中の生き残りで、早く家族のもとに行こうと死に急いでいたのだ。剛志の身を案じたあざみは、翌朝剛志のアパートを訪ねる。するとそこで、衝撃の事実が発覚する…。番組公式サイトより)

第6話の感想(ネタバレあり)

剛志の状況が、試練かってくらい重い。
ドラマでは割とさらっと描かれていたけど、想像しただけでも心が重くなる。

一家心中の生き残りで、今になって死んだと思っていた母親が生きていたとわかって。しかもその母親は、海に落ちたショックで記憶が子供の頃に戻ってるという。

あまりにも過酷で、辛すぎます。
私だったら逃げ出すかもしれない。
なのに剛志は、そんな手のかかる母親を引き取り、必死に面倒を見るんですよね。

今まで、自分はこの世に必要のない存在だと考え、死に場所を探していた剛志。
お母さんの存在は、剛志にとって生きる意味になったのだと思う。

母親に一家心中の記憶が残っていなかったことも、逆によかったのかもしれないね。
だってあんな無邪気なお母さんに、恨み辛みなんてぶつけられないもの。

あざみに対してどう接していいかわからなかったさくらも、ようやく吹っ切れた様子。さくらにとってあざみは、いつのまにか自分の子供と同じ、かけがえのない存在になってたんだね。

今回も、玄さんと剛志のシーンに泣けてしまった。
なぜだろう……。

生きる意味を見失った人たちは、みんな心を固く閉ざして他人を寄せつけないのに、どうしてか、玄さんの前では素直な言葉を口にする。
玄さんが答えてくれないことは、わかってるのにね。

彼らが口にするのは、自分の中でも答えが出ないこと。
誰にも聞くことができず、心の奥にしまったまま口に出せない大切な問い。

そういう問いは、誰にでもある。
私にもある。
だから、泣けてしまう。

次回は自立支援施設のお話のようです。
あざみの母親の問題は、最終回まで続くことになるのかな……。


ほかの記事を読む?

さくらの親子丼 「さくらの親子丼」第7話|逮捕されたさくら さくらの親子丼 「さくらの親子丼」ロケ地・主題歌・あらすじ・キャスト