「リピート」最終回|バッドエンドでも前向き

リピート~運命を変える10か月~

どうも、夏蜜柑です。
「リピート ~運命を変える10か月~」最終回(第10話)。

前回、風間のもくろみが明らかになって、もう何も残ってないのではと心配しましたが、最後までドキドキさせてくれました。少し回想シーン多めだったけど。モヤッとする切ないラストも、わたしは好きです。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

鮎美は助かり、子供は……

圭介(本郷奏多)から事故で死ぬと聞かされた鮎美(貫地谷しほり)は、事故現場に向かいトラックに轢かれそうになった子供を助けます。でも、その代わりに鮎美のお腹の子が死んでしまう。

天童と圭介に説得され、再びリピートすることを決意する鮎美。

ちょっと無理やりだけど、鮎美がリピートするためにはこうするしかなかったんだろうなぁ。そしてお腹の子のことは決して忘れない、リピートしたら結婚しようと鮎美にプロポーズする圭介。

天童は、風間をリピートさせないために、由子(島崎遥香)を殺した犯人に仕立て上げて警察に拘留させようと画策します。リピートの場所は、大森知恵(安達祐実)が別れ際に渡したメモに記してありました。

大森さんはこの人生を全うすることを決めたので、結局、再リピートに挑むのは天童、圭介、鮎美の3人ということになりました。

風間vs天童

リピート当日の1月11日、3人はリピート場所の洞窟へ向かいます。しかし、そこには風間の姿が……!風間は刑事を銃殺し、逃げてきたのでした。

「この世界の中心は私。私は神だ」と豪語する風間。天童は「10か月という狭い世界に閉じこもってる臆病者だ」と罵り、鮎美も「心から信じられる人がいれば、こんな孤独なことを続けなくても幸せなのに」と言います。

確かにそのとおり。
風間はある意味、引きこもりと同じ状態なんだよね。

自分が知らない世界では、怖くて生きられない。助けてくれる人もいない。だからリピートを繰り返して、自分の知っている世界で遊ぶことしかできないんだろうなぁ。

鮎美の言葉に逆上した風間は、引き金を引きます。その瞬間、鮎美をかばって撃たれる圭介。天童は銃を奪い風間を撃ちますが、自らも銃弾を受け倒れます。

先に行け、と言う天童。鮎美は傷ついた圭介と共に、時空の裂け目の光に包まれる……。

ここですね、第1話のオープニングシーン!

謎だらけだったオープニングシーンが、やっと繋がりました。長い道のりだった……^^;
それにしてもゴリさん演じる天童は、最後までカッコイイ役だったなぁー。

第8話の「いざとなれば、人を殺すことをも厭わない」ってセリフは、このシーンの前振りだったのね。

鮎美はリピート成功、圭介は……

10か月前の2月24日に戻った鮎美。
圭介との約束を信じ、部屋で圭介が来るのを待ちますが、朝になっても圭介は現れません。

何かあったのでは、と圭介の部屋を訪ねると……。
「誰だよ、あんた?」
圭介は、鮎美のことを胡散臭そうに見つめます。

リピート直前に息絶えた圭介は、この世界に戻ってくることができなかった。リピートできたのは、鮎美だけ。ショックを受け、溢れる涙を堪えることができない鮎美。

切ない。圭介、死ぬのか~~。
いや、この世界では生きてるんだけど。由子といい圭介といい、大したことなさそうな傷であっさり死ぬんだなぁ。

鮎美は圭介にあなたの写真のファンだと言い、写真を続けて欲しいと告げて立ち去ります。すると圭介が追いかけてきて、賞を獲った写真を鮎美に手渡します。

うーん^^;
いきなり知らない女が訪ねてきてファンだなんて言われても、怖いだけだと思うんだけど。

この世界の2人が恋仲になること、あるのかなぁ……難しそう。
でもこのままだったら圭介はバイト先の新人さんと恋に落ちて、由子に殺されるんだよね。

やっぱり生きていた風間

天童も圭介もリピートできなかったのに、風間はまんまとリピートに成功したようです(不死身なの?)。鮎美の前に現れ、「私と同じことをしようとしてますね?」と言います。

そう。このままだと、リピート仲間たちは全員死んでしまう。

鮎美はみんなを助けると言いますが、風間は「私と同じ地獄を味わうことになりますよ。いずれ分かる。運命を変えることの恐ろしさが」と言い残して立ち去ります。

鮎美は「それでも私はみんなを救いたい。運命を変えたい」と言います。その瞳には、強い決意がこめられていました。

原作とは違う結末

ハッピーエンドとは言えない終わり方でしたが、わたしタイムトラベル系のこういう結末、わりと好き(ちなみに原作はこれよりもさらに酷いバッドエンドらしい)

鮎美の孤独を想像すると切ないんですけど、すごくいいところで終わったと思う。
これから先のことを、たくさん想像させてくれるラストって好きなんです。

風間が最後に残したセリフも意味深。人が時間を操作する代償を想像させて、ゾッとした。

天童が息子を助けた直後に別の子供が死んでしまったように、鮎美もリピート仲間を助けるたびに、別の人を死なせてしまうことになるかもしれない。そうやって罪のない人を何人も殺すことに、鮎美は耐えられるんだろうか……。

でも、ラストシーンで鮎美が見せた決意の表情を見ると、彼女はすでに覚悟を決めているようです。たとえ彼女の行く先に絶望が待ち受けているとしても、わたしには前向きなラストだと思えました。

created by Rinker
文藝春秋
¥842 (2018/12/12 12:05:51時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?

リピート~運命を変える10か月~ 「リピート」ロケ地|大谷石採掘場跡、横浜港シンボルタワーなど リピート~運命を変える10か月~ 乾くるみ原作「リピート」あらすじ・キャスト・主題歌