「リピート ~運命を変える10か月~」第9話|すべての真相が明らかに

「リピート~運命を変える10か月~」あらすじネタバレ感想

「リピート」記事一覧

「リピート ~運命を変える10か月~」第9話のあらすじと感想です。

最終回なのかと思うほど、全編ネタバレ&見どころ満載の回でした。

面白かったけど、こんなに何もかもバラしちゃって、最終回がスカスカにならないかと心配…。

この作品は、Huluで動画配信されています。2週間の無料お試し期間あり(お試し期間中に解約すれば料金は発生しません)。※最新の配信状況と料金はHulu公式サイトにてご確認ください

第9話のあらすじ

犯人を突き止めた天童(ゴリ)は、風間(六角精児)によって監禁されていた。知恵(安達祐実)が風間とリピートを繰り返す共犯者だと知り、ショックを受ける天童。知恵は研究の為でも何でもなく、ただ生きるためだけにリピートを繰り返していると話す。

圭介(本郷奏多)は、妊娠した鮎美(貫地谷しほり)から「リピートできない」と言われ悩む。郷原(清水圭)と坪井(猪野広樹)を殺した犯人が捕まったというニュースを見て、一連の事件の真相に気づく圭介。

圭介は風間に会い、犯人は「運命」だと答える。リピートに誘われた仲間は、全員死ぬ運命だった。風間はリピート前の人生で彼らの命を救い、生き延びさせた上で、リピートさせて運命のままに放置した。「生き残りゲームです」と笑う風間。

その頃、鮎美は知恵の後をつけ、天童の監禁部屋へ辿り着く。鮎美に「運命と闘いましょう。きっと変えられるはず」と勇気づけられた知恵は、リピートしない覚悟を決め、天童にメモを残して立ち去る。

圭介は、鮎美が交通事故で40分後に死ぬと風間から知らされ、助けに行こうとする。だが風間は、「彼女を見殺しにすればリピート場所を教える」と圭介に選択を迫る。

登場人物はこちら

「リピート~運命を変える10か月~」あらすじネタバレ感想リピート ~運命を変える10か月~|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)

第9話の感想(ネタバレ有)

一気にすべての謎が明らかになりました。怒濤の展開だったので、ちょっと混乱。ひととおり整理してみます。

一連の事件の犯人は?

犯人はまさかの「運命」でした。風間によって、もともと死ぬ運命だった人たちが集められていたんですね。それもかなり用意周到に。

風間は前回の人生で彼らの命をわざわざ救い、その上でリピートに誘い、今度の人生では放置して、死んでいくのを眺めて楽しんでいたのです。悪趣味ですね。

ちなみに風間は今回のリピートが10回目だそうです。

天童は人を殺していた?

天童は寺山を殺していませんでした。

寺山は娘に保険金を残すために、天童に「事故死と証言してくれ」と言い残し、マンションの屋上から飛び降り自殺をはかりました。天童は止めようとしましたが間に合わず。

風間がミラーズコートに入っていったのは、撹乱させるためだったようです。そして本来ならば、天童はそのことで元警察官の麻生に目をつけられ、殺される運命でした。

坪井と郷原を殺したのは?

坪井と郷原を殺した犯人は、元警察官の麻生という男でした。

麻生は、闇サイトで犯罪に手を染めていた坪井と郷原を私的に制裁し、そしてマンションから友人を転落死させた(と思い込んでいた)天童も殺すつもりでした。

そのほかのリピート仲間も、最初から事故や事件に巻き込まれて死ぬ運命でした。

大森知恵の目的は?

知恵が余命宣告を受けたというのは本当でした。

その直後に風間からリピートに誘われ、一緒にリピートを繰り返すようになったようです。風間の言いなりになって。

知恵がリピートの常連だったというのは、今回最大の驚きでした

何か秘密があるとは思ってたけど、常連だったとはなぁ。やはり安達さんは期待を裏切りませんね。

自分の命を延ばしてくれた風間は神だと語る彼女でしたが、天童と鮎美の説得によって運命と向き合う覚悟を決めます。

このシーンは見応えがあって、引きこまれました(別のドラマを見てるのかと思うほど空気が違った)。貫地谷さんとの対決、もっと見たかったです。

天童に別れを告げて立ち去った知恵。最後に渡したメモには、リピート場所が書かれていると思うんだけど…。

圭介と鮎美が死ぬのは?

圭介は、本来なら由子に殺されて死ぬ運命。鮎美ではなく、バイト先の新人の女の子と付き合うはずでした。そして、由子に別れを告げ、逆上した由子に殺される。

鮎美は、図書館の近くで起きた交通事故に巻き込まれて死ぬ運命です。

しかし風間から「鮎美を見殺しにすればリピート場所を教える」と持ちかけられます。究極の選択をせまられた圭介、どうする。

次回(最終回)は、第1回の冒頭シーンと繋がるはず。あんまり期待しすぎるとガッカリしそうなので、ほどほどに期待することにします。