「セトウツミ」第5話|ゴリラ似の木沢先生とガッちゃん

ドラマ25「セトウツミ」

ドラマ25「セトウツミ」

どうも、夏蜜柑です。
「セトウツミ」の第5話です。

今回も最高に面白い^^ゴリラ顔の木沢先生、人類の進化について語る(木沢先生役の原西さん、グッジョブ!)。そして岡山県人・蒲生(ガッちゃん)登場。ハツ美ちゃん、毒舌加速。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第5話のあらすじ

関西の高校生、内海想(高杉真宙)と瀬戸小吉(葉山奨之)が繰り広げる放課後トーク3編。

①ゴリラ顔した木沢先生(原西孝幸)が、授業をサボった瀬戸に“笑撃”の補習。人類の遺伝子はチンパンジー寄り?ゴリラ寄り?

②瀬戸に恋するハツ美(片山友希)が手作り菓子でアピール…さらに樫村(清原果耶)を真似た髪型も披露!一途な恋の行方は…!?

③新キャラの岡山県人、蒲生(髙橋里恩)が登場。「靴飛ばしチキンレース合戦」始まる!番組公式サイトより)

第5話の感想(ネタバレあり)

1.人間と動物

遅刻して1時間目の生物をさぼった瀬戸。生物の木沢先生が現れ、瀬戸に補修する。人類の進化について語る途中、「われわれゴリラは」と言い間違えた木沢先生。我慢しようとするも、笑いを堪えきれない瀬戸。

ゴリラ似の木沢先生にFUJIWARA原西さんという絶妙のキャスティング。
もうそれだけでおかしい。

録画、何回も繰り返し見た。何回見ても爆笑。
本物のお笑いの人って、やっぱり違うなぁ。

必死に笑いを堪える瀬戸、可愛すぎ。
内海、めっちゃ絵うまいやん(笑)

2.ミソハギとカエデ

バイトの面接を受けた瀬戸。結果の連絡を待っていると、ハツ美が現れる。あいかわらず瀬戸の前ではうまく喋れないハツ美。代弁役を務める内海には、タメ口でホンネをぶっちゃける。

ハツ美ちゃん再登場。
内海と友達みたいになってるし。

瀬戸のオカン、登場せんでも存在感あるなー。
でも瀬戸のバイトが決まったら内海と会えんくなるやん。
不採用でよかった。

ところでこのタイトル、どういう意味なん?

3.一体感と疎外感

瀬戸が考案したゲーム「靴飛ばしチキンレース合戦」をするふたり。

審判は、瀬戸が連れてきた同じクラスのガッちゃんこと蒲生。しかしゲームそっちのけでいつものように話し込む瀬戸と内海に、疎外感を味わうガッちゃん。勝負を終えて帰途につく3人を見送る田中。

ガッちゃんのツッコミ、大阪弁とはまた違ってて面白い^^
内海の神社のたとえ話も笑った。レビューって(笑)

田中くんのことを完全に忘れ去る、薄情な瀬戸。
雨の中、オセロを抱えて立ちつくす田中くん……前回の続きやったんか!

エンディングが毎回楽しい。
今回は木沢先生とガッちゃんと瀬戸と内海とで、ガッちゃんの下駄探し。

そういえば、原作のコミックが最終回を迎えたみたいです。
ドラマの最終回はどうなるんやろ……気になる。


ほかの記事を読む?

ドラマ25「セトウツミ」 「セトウツミ」第6話|馬場の顔はどんな顔? ドラマ25「セトウツミ」 ドラマ「セトウツミ」のロケ地は東京だった!河原と学校が判明