「ウツボカズラの夢」第4話|“今村みき”の正体は?

オトナの土ドラ ウツボカズラの夢

「ウツボカズラの夢」

どうも、夏蜜柑です。
「ウツボカズラの夢」第4話。

今回は、ほぼ原作にはないドラマオリジナルのエピソードで構成されていました。
継母・はるかの登場で大ピンチに陥った未芙由。
尚子や隆平も、原作にはなかったトラブルに巻き込まれているようです。

第4話のあらすじと感想、原作との相違点をまとめました。

第4話あらすじ

敵は突然やってきた―
前触れもなく、未芙由(志田未来)の父の再婚相手・はるか(玄理)が鹿島田家に現れる。自分を実家から追い出した張本人であるはるかがなぜ…。

尚子(大塚寧々)や雄太郎(羽場裕一)の前で、いかに未芙由を思い心配していたかを語るはるか。その真意を測りかね、未芙由は混乱する。翌日からはるかは、尚子には子を持つ母親同士として、美緒(川島鈴遥)には経験豊富なお姉さんとして、徐々に親しげに言葉を交わすようになる。

せっかく作り上げた鹿島田家での未芙由の居場所が、はるかによって歪められていく。未芙由は雄太郎に働きかけ何とかはるかを追い出そうとするが、雄太郎は煮え切らない。はるかは久子(松原智恵子)にも取り入り、未芙由の戸惑いをよそに談笑する。「未芙由は連れて帰ろうと思ってるんです」はるかの言葉に、未芙由は耳を疑う。

「どういうつもり?」と問いかける未芙由にはるかが笑って言う。「人の好意に甘えるのは1人が一番。椅子ひとつ用意するのは嫌じゃないのに、2つになると人って面倒になるの。今日、尚子さんから貰った洋服。あれ、私がもらわなければ未芙由ちゃんの物になったのにね」まさか未芙由の居場所を…?はるかの思惑に気付き、未芙由は愕然とする。

一方、尚子は娘の妊娠騒動で仁美(国生さゆり)ともめ、友人を一人失う結果となっていた。そんなある時、尚子は保護猫のNPO法人代表の吉岡(松本利夫)から誘いを受ける。吉岡との会話に尚子は浮き立つものを感じる。しかし、その裏で吉岡はある人物と連絡を取り合っていて……

どうにかしてはるかを長野に追い返さないと……未芙由は危機感を募らせる。そんな中、未芙由は隆平(上杉柊平)が人知れず事情を抱えていることに気付く。隆平が電話の相手に声を荒げているのを聞いてしまったのだ。鹿島田家に居続ける材料として利用できないだろうか……考えを巡らせる未芙由。しかし、そんな未芙由の前に、雄太郎の愛人・杏子(真木恵未)が大胆にも姿を現して…。

第4話における原作との違い

このドラマの原作は、2008年に刊行された乃南アサさんの小説「ウツボカズラの夢」です。
居場所を失った少女・未芙由が、周囲の人間の欲望を利用し、食虫植物のウツボカズラのようにうまく取り込むことで、自らの目的を達成するというちょっと怖い物語です。

created by Rinker
¥771 (2018/11/16 16:13:18時点 Amazon調べ-詳細)
第4話の原作との主な相違点をあげてみました。
以下、原作のネタバレになりますのでご注意ください。

1.継母・はるかの上京

ドラマでは、未芙由の継母・はるかが突然上京し、鹿島田家を訪ねてきます。はるかは親戚の見舞いと嘘をついて鹿島田家に居座り、未芙由の居場所を奪おうとします。

原作では、継母が上京してくるエピソードはありません。

2.吉岡

ドラマでは、EXILEの松本利夫さんが演じ、尚子がボランティアをしているNPO法人「ねこサポート」の代表者として登場します。尚子は吉岡に好意を抱いていますが、吉岡の方は、どうやらお金目的で尚子に近づいているようです。

原作では、尚子が仁美とワインバーに飲みに行った時に知り合った32歳の青年として、尚子と仁美の会話の中にだけ登場します。仁美が尚子から告白された時には、既に尚子と吉岡は不倫の関係にありました。吉岡がお金目的で尚子と付き合っているという描写はありません。

3.隆平のトラブル

ドラマでは、隆平はお金のトラブルに巻き込まれているようでした。それを知った未芙由は、隆平の部屋に忍び込んで「今村みき」の名刺を見つけ、電話をします。

原作では、隆平がお金のトラブルに巻き込まれるというエピソードはありません。「今村みき」は隆平のアルバイト先の先輩で同棲相手です。バイト仲間との会話の中で、名前だけ登場します。
原作の隆平は、楽をして生きることを何より優先させるチャラい青年ですが、極めて要領が良く、常に勝ち組におさまる狡賢さを持っています。

4.雄太郎の愛人・杏子

ドラマでは、杏子は雄太郎に新しい女ができたことを知った後も、雄太郎と別れようとしません。恋人の秀幸からも雄太郎と別れるなと言われ、関係を続けるため鹿島田家を訪ねてきます。

原作では、杏子は前半のみ登場し、雄太郎から別れを告げられた後はあっさり姿を消します。

5.未芙由の不倫

ドラマでは、未芙由と雄太郎が不倫関係にあることを杏子から聞かされたはるかが、それとなく家族の前でそれを匂わせるような発言をし、雄太郎が困惑する場面がありました。その結果、トラブルを恐れた雄太郎は、未芙由に長野へ帰るよう言います。

原作では、未芙由と雄太郎の不倫関係がバレそうになる場面はありませんでした。

6.未芙由の帰郷

ドラマでは、未芙由は雄太郎から長野に帰るよう言われ、鹿島田家を追い出されてしまいます。

原作では、未芙由が鹿島田家を追い出される場面はありませんでした。未芙由は一度も長野には帰っていません。

第4話感想

原作から大きく離れ、オリジナル展開になってきました。
人間関係も原作よりドロドロ化して、大変なことになってますね^^;

尚子が好意を寄せる相手・吉岡も、なんだか怪しいし。
LINEで吉岡に指示を送っていたのは、たぶん仁美でしょうね~。
仁美は完全な悪女になってしまいましたね。
そこまでするかって感じです。

もうひとつ気になるのは、隆平の金銭トラブル。
こちらも原作にはないエピソードです。
原作ではただの同棲相手だった「今村みき」が、ドラマでは何か鍵を握っている人物らしい……?

次回は、鹿島田家を追い出された未芙由が長野に帰郷します。
未芙由がどうやって東京に戻ってくるのか、注目したいところです。


原作のネタバレを読む?

オトナの土ドラ ウツボカズラの夢 「ウツボカズラの夢」第7話|原作とは全く違う結末?どうなる最終回!

ほかの記事を読む?

オトナの土ドラ ウツボカズラの夢 「ウツボカズラの夢」最終回|本当のウツボカズラはあの人だった! オトナの土ドラ ウツボカズラの夢 「ウツボカズラの夢」原作の結末は?ドラマ最終回予想