「ウツボカズラの夢」第5話|原作とは別人!国生さゆりの悪女っぷり

オトナの土ドラ ウツボカズラの夢

「ウツボカズラの夢」

どうも、夏蜜柑です。
「ウツボカズラの夢」第5話。

今回も、原作にはないオリジナルのエピソードばかりでしたね~。
長野に帰った未芙由が、どうやって東京に戻ってくるか?がポイントでした。
そしてついに……ウツボカズラ女の覚醒です!

第5話のあらすじと感想、原作との相違点をまとめました。

第5話あらすじ

雄太郎(羽場裕一)の一言で、未芙由(志田未来)の鹿島田家での暮らしはあっさり終わりを告げた。鹿島田家を去り際、豪邸を見上げる。大きな家の中に少しずつ築いた自分の居場所、せっかく手に入れた家具…「ちょっと荷物を増やすためだけに、わざわざ東京まで来たんじゃない――」。悔しさがこみあげてくる。
長野の実家では予想通り、未芙由の居場所などなかった。父の幸司(春田純一)、弟の昇太(小林透弥)がはるか(玄理)とともに新たな家族を作っている中、未芙由は疎外感しか感じられず立ち尽くすばかりだった。「お前、鹿島田家で何やらかしたんだ?いつまでいるんだ?」父の言葉に何も返せず、未芙由はなんとか再び東京に戻る術はないか考えていた。

一方東京では、尚子(大塚寧々)と吉岡(松本利夫)がさらに距離を近づけていた。主婦という立場に疲れていた尚子は、一人の女性として見られることに喜びを感じていた。吉岡が何者かの入れ知恵に従って行動していることなど夢にも思わず…。

未芙由は、新学期から私立小学校に通う昇太のために、母の遺産を提供するようはるかから要求されるが、「お金は渡せない。東京に戻ったら必要だから」と拒否する。しかし、別に楽しくもない東京に戻って自分はいったい何がしたいのか…故郷の美しい景色の中で揺れ動く未芙由。どうして『東京』なんだろう…?
その頃、東京の仁美(国生さゆり)は尚子と絶交してしまった後、知也(前田旺志郎)が美緒(川島鈴遥)を妊娠させた顛末がどうも腑に落ちず、思い悩んでいた。考えた末、未芙由に連絡を取るが、未芙由は何も知らないと答える。

未芙由は高校時代に思いを寄せていた柿崎(大和孔太)と再会する。初めはぎこちなかったものの、次第にかつてを思い出し打ち解ける2人。
柿崎は、未芙由に「ここにいてほしい」と告げるが…。

第5話における原作との違い

このドラマの原作は、2008年に刊行された乃南アサさんの小説「ウツボカズラの夢」です。
居場所を失った少女・未芙由が、周囲の人間の欲望を利用し、食虫植物のウツボカズラのようにうまく取り込むことで、自らの目的を達成するというちょっと怖い物語です。

created by Rinker
¥771 (2018/12/13 03:59:17時点 Amazon調べ-詳細)
第5話の原作との主な相違点をあげてみました。
以下、原作のネタバレになりますのでご注意ください。

1.長野の実家

ドラマでは、未芙由は長野の実家に帰り、居場所のない生活を送ります。実家では、未芙由の弟が私立校に編入するために夏期講習に通っていました。

原作では、未芙由は実家には帰っていません。未芙由が実家を出た後の父や継母、弟の暮らしについても書かれていません。

2.知也のその後

ドラマでは、美緒の妊娠騒動以降、知也は母親・仁美とうまくいっていない様子でした。仁美は知也のひとことから、美緒と知也の関係を疑うようになります。

原作では、知也は妊娠騒動の発覚以降、登場しません。原作の知也は仁美とは無関係なので、仁美が美緒の相手を疑う場面もありませんでした。

3.雄太郎のお金

ドラマでは、雄太郎が机の引き出しに、大金が入った「総合整備開発」の封筒を隠している場面がありました。

原作では、雄太郎が怪しいお金を隠している場面はありませんでした。

4.柿崎先輩

ドラマでは、未芙由が憧れる高校時代の先輩として登場します。未芙由にずっと長野にいればいいと言い、2人きりで会うようになります。

原作では、柿崎先輩が登場する場面はありません。

5.未芙由の誕生日

ドラマでは、長野に帰った未芙由が、19歳の誕生日を誰にも祝ってもらえず、ひとりでケーキを買って外で食べる場面がありました。

原作では、未芙由が19歳の誕生日を迎えたのは鹿島田家に来てしばらく経った頃です。バイトの帰りに小さなケーキを買い、部屋にこもって泣きながら食べた、と後から振り返っています。そして、もう二度とひとりぼっちで惨めな誕生日を過ごさないためには、もっと力をつけるしかない、と考えます。

6.今村みき

ドラマでは、未芙由は何度も「今村みき」に連絡し、「今村みき」からも電話がかかってきていました。

原作では、未芙由が今村みきと関わる場面はありません。

7.弟の学費

ドラマでは、未芙由が自分のお金を弟の学費のために差し出す場面がありました。

原作では、未芙由が両親にお金を差し出す場面はありませんでした。

第5話感想

未芙由、覚醒しましたね~!
ますます怖い女になっちゃったけど、いいんです!
したたかに生きる未芙由じゃないと、未芙由じゃありません。
むしろ、あんな薄情な両親にお金なんかやる必要なかったのにー(`ε´)

さてさて、鹿島田家ですが。
原作以上に酷い状況になってますねー。

まずは隆平。
こちらは前回から特に進展なし。
今村みき、ずいぶん引っ張ってるけど、そんな重要人物なの?
原作通り、ただの同棲相手じゃないの?

それから尚子おばさん。
もう不倫まっしぐらでしょう。
後は、吉岡が本気になるかどうかです。

そして美緒。
妊娠騒動はあれで決着ついたと思ったら、違うみたい。
ドラマではさらに引っ張る気配ですね。
まあ、仁美が知也の母親という設定に変えた時点で、原作通りのはずないし、タダでは済まないよね^^;

とりあえず未芙由はまだ鹿島田家に戻れたわけじゃないから、これからどのネタを使ってどう利用するのかが見物です。久子も絡んできそうだし。

個人的にいちばん注目しているのは、仁美ですね!
原作とは別人なので、これからどう動いてくれるのか楽しみ!
国生さゆりさんの悪女っぷりも、だんだんツボにハマってきました(笑)
未芙由vs仁美の悪女対決に期待したい^^


原作のネタバレを読む?

オトナの土ドラ ウツボカズラの夢 「ウツボカズラの夢」第7話|原作とは全く違う結末?どうなる最終回!

ほかの記事を読む?