「ウツボカズラの夢」第7話|原作とは全く違う結末?どうなる最終回!

オトナの土ドラ ウツボカズラの夢

「ウツボカズラの夢」

どうも、夏蜜柑です。
「ウツボカズラの夢」第7話。

久子のラスボス感がすごいんだけど^^;
ぜーんぶ丸くおさめちゃったよ。
それにしても鹿島田家って、そんなに由緒ある家柄なんかしら?

第7話のあらすじと感想、原作との相違点をまとめました。

第7話あらすじ

「バイバイ、ダンナさん。ダンナさんはもういらない」
職場での横領が露見し、九州転勤を命じられた雄太郎(羽場裕一)。未芙由(志田未来)はもはや利用価値のない雄太郎には見切りをつける。
この家にいるのに必要なこと。鹿島田家のラスボスは……雄太郎を追い出した張本人、久子(松原智恵子)だ。久子さえ取り込めば、ずっとこの家にいられる……

だが、久子は一筋縄ではいかなかった。
久子は雄太郎とともに、尚子(大塚寧々)にも九州へ行けと命じたのだ。
「尚子さんがいなくなれば、あなたがここにいる理由ももうないわよね」
久子の言葉に焦る未芙由。何とか尚子を家に留めようとするが、「しばらくひとりにして」と尚子は出て行ってしまう。
何か手がないかと思案する未芙由。そんな中、雄太郎が横領していた金を入れていた通帳を隆平(上杉柊平)が持ち逃げしたと知り……

一方、尚子は知りたくもなかった夫の裏の顔を知り、心の中で何かがポキリと折れてしまっていた。九州へ行くつもりはなかった……むしろ、もはや雄太郎と夫婦として生きていく気持ちはない。
だが、尚子には行く場所がなかった。仕方なくNPO法人の事務所で一夜を明かす尚子。と、そこに出勤してきた吉岡(松本利夫)とばったり会ってしまう。心配する吉岡に心が癒される尚子。だが、そんな様子を仁美(国生さゆり)が目撃して……

未芙由は、久子に隆平の状況を報告する。大学の友人との金銭トラブル、雄太郎の通帳を持って逃亡した事実…
「家族じゃない方が連絡を取りやすいのではないでしょうか?私が連れ戻します。それまでここにいさせてください」
未芙由の申し出を久子は了承する。何とか鹿島田家に踏みとどまれたと安堵する未芙由。しかし…久子から期限を切られてしまう。
「老人に悠長にしている時間はないの。1週間だけ待ちます」
1週間以内に隆平を連れ戻さなければすべてお終い……未芙由は何とかして隆平と連絡を取ろうとするが……

第7話における原作との違い

このドラマの原作は、2008年に刊行された乃南アサさんの小説「ウツボカズラの夢」です。

居場所を失った少女・未芙由が、周囲の人間の欲望を利用し、食虫植物のウツボカズラのようにうまく取り込むことで、自らの目的を達成するというちょっと怖い物語です。

created by Rinker
¥771 (2018/12/12 03:43:51時点 Amazon調べ-詳細)
第7話の原作との主な相違点をあげてみました。
以下、原作のネタバレになりますのでご注意ください。

1.久子

ドラマでは、鹿島田家を守るために積極的に行動します。未芙由のことも、何度も追い出そうとしていました。

原作では、行動を起こすことはほとんどありませんでした。

2.雄太郎の浮気

ドラマでは、雄太郎が杏子と浮気をしていたことが尚子にバレてしまいます。

原作では、この場面はありませんでした。

3.尚子の家出

ドラマでは、尚子は雄太郎の浮気を知って、突発的に家を出て行ってしまいます。その後、家に帰らず仁美の家に居座ります。

原作では、尚子はある日突然、家に帰ってこなくなります。後日、不倫相手の吉岡と暮らしていることがわかります。

4.美緒の留学

ドラマでは、未芙由によって美緒の妊娠騒動の事実を知らされた久子は、美緒を留学させるかわりに恋人・大輝に電話をして二度と美緒と関わらないように伝えます。

原作では、この場面はありません。美緒の留学を許可したのは雄太郎でした。

5.久子と仁美

ドラマでは、久子は仁美の家を訪ね、妊娠騒動について謝罪します。仁美に口止め料のお金を渡し、誓約書を書かせます。

原作では、この場面はありませんでした。

6.隆平と未芙由

ドラマでは、隆平の金銭トラブルをめぐって、ふたりが激しく言い争う場面がありました。隆平は未芙由の言葉を受け入れ、久子に助けを求めます。その後、ふたりは結ばれます。

原作では、ふたりが言い争う場面はありません。未芙由は雄太郎がいる頃から隆平とも関係を持ち、2股関係を続けていました。

7.久子の心変わり

ドラマでは、久子は隆平から頼まれて、未芙由が鹿島田家で暮らすことを認めます。

原作では、久子は脳梗塞で入院するまで、未芙由を認めていませんでした。

第7話感想

久子、怖いなー。

原作では未芙由に「おばあちゃん」って呼ばれてるんですけどね。
ドラマはそういう雰囲気ないですよね。
現役バリバリの“鹿島田家当主”って感じだもん。

それより何より、次回の予告ですよ。
なんか未芙由の策略がバレてるんだけど!
未芙由が尚子たちに逆ギレしてるんだけど!

なにこれ、どういうことー!?
原作にはないよ、こんな場面^^;

今回の冒頭で、久子が未芙由のことを「何を考えているかわからない子」って語ってたけど、私たち視聴者は、未芙由が何を考えていてどうしたいか全部わかってるじゃないですか?

でも原作では、読んでいる側も、未芙由が何を考えていて、どうしようとしてるのか、最後までわからないんです。

そして最後まで読み終えても、はたしてこの結末(幸せ)は、未芙由によって意図的にもたらされたものなのか、偶然が重なってたまたまそこにいた未芙由が手に入れたものなのか、どっちとも判断できないんですよね。

そういう意味では、ドラマの未芙由は決してウツボカズラではない。
彼女は自ら考え、自ら行動し、自ら幸せを掴もうとしてるのだから。

次回はついに最終回。
原作とは違う結末になるのか。
未芙由は幸せになれるのか、なれないのか。
最後まで見届けたいと思います。


原作のネタバレを読む?

オトナの土ドラ ウツボカズラの夢 「ウツボカズラの夢」第7話|原作とは全く違う結末?どうなる最終回!

ほかの記事を読む?