NHKドラマ「昭和元禄落語心中」あらすじ・キャスト・原作・主題歌

ドラマ「昭和元禄落語心中」あらすじ感想

どうも、夏蜜柑です。
10月スタートのNHKドラマ「昭和元禄落語心中」の紹介です。

戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリー…。濃厚にして豊穣なヒューマン・ドラマをお届けします。(NHK公式サイトより)

原作は、手塚治虫文化賞など数々の賞を受賞した雲田はるこさんの漫画「昭和元禄落語心中」。
昭和落語界を舞台に、落語に関わる人々の濃密な人間模様が描かれます。

※この記事は随時更新中です

番組情報

  • 放送局:NHK総合
  • 放送時間:2018年10月12日(金)から毎週金曜夜10時~【連続10回】
  • 原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
  • 脚本:羽原大介(「パッツギ!」「フラガール」「マッサン」)
  • 音楽:村松崇継(「メアリと魔女の花」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」)
  • 落語監修:柳家喬太郎

原作について

このドラマの原作は、雲田はるこさんの漫画「昭和元禄落語心中」です。

2010年から2016年まで、漫画雑誌『ITAN』で連載されました。
単行本は累計190万部を売り上げ、若い人たちを中心に「落語ブーム」を巻き起こしました。

昭和最後の大名人・有楽亭八雲に、押しかけ弟子入り志願した元チンピラ・与太郎。内弟子など一切取らぬはずの八雲が、何のきまぐれか与太郎を受け入れることに……。
そこから始まる、夭逝した伝説の天才落語家・助六と、彼の影を追いながら一人落語界に残された八雲の、知られざる因縁噺とは――!?(講談社公式サイトより)

第17回2013年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞。
第38回(2014年度)講談社漫画賞【一般部門】受賞。
第21回手塚治虫文化賞新生賞受賞。

物語は、「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」「助六再び篇」の三部構成になっています。

与太郎放浪篇
昭和末期。刑務所帰りの元チンピラ・強次が、落語家・八代目有楽亭八雲に弟子入りをするものの、ある失態により破門を言い渡されてしまう話。

八雲と助六篇
昭和初期から太平洋戦争、戦後の落語黄金期まで。八雲が与太郎に語った、若かりし頃の物語。天才落語家・助六との出会いと友情、娼婦みよ吉との恋愛模様が描かれます。

助六再び篇
落語人気が下火となった昭和末期から平成初期(バブル期)。真打ちに昇進した与太郎が自分の芸風を確立し、九代目八雲を襲名するまでの話。

夏蜜柑

わたしはアニメを見ましたが、面白いです。後半の人間模様&伏線回収が素晴らしい!
どんでん返しもあるよ。

ふぐ丸

アニメは、AmazonプライムまたはU-NEXTで全話視聴可能です。
※入会方法および最新の配信状況は各サイトにてご確認ください

あらすじ

昭和初期、落語の世界に入った八雲は、同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏を引き取る。小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。(NHK公式サイトより)

登場人物(キャスト)

※少しネタバレを含みます

八代目 有楽亭八雲(菊比古)……岡田将生
「昭和最後の大名人」と称される人気落語家。繊細かつ神経質な性格で、他者を寄せ付けない。弟子はとらない方針だったが、なぜか押しかけ弟子入り志願の与太郎を受け入れる。
若い頃、助六と共に落語が生き延びる道を作る約束をしていたが、助六の死によりかなわぬことになる。助六の死にまつわる重大な秘密を抱えている。

有楽亭助六(初太郎)……山崎育三郎
かつて天才と謳われた落語家。若くして亡くなっている。小夏の実父で、八雲の兄弟弟子でもある。明るい性格で愛嬌もあり、入門後すぐに才能を発揮。メキメキと頭角を現す。
無作法で女にだらしなく、大の酒好き。八雲とは何もかも正反対。みよ吉の心が八雲にあることを知りながら、所帯を持つ。

有楽亭与太郎……竜星涼
元チンピラ。服役中に刑務所で聞いた八雲の落語に感動し、出所してすぐに寄席へ直行。八雲を待ち伏せ、弟子入りを志願する。八雲を敬いながらも、小夏の父である助六の落語に傾倒していく。
八雲の高座中に舞台の袖で居眠りをしてしまい、八雲から破門を言い渡される。その後、謝罪して八雲から許しを得るが、3つことを約束させられる。

小夏……成海璃子
落語家・二代目助六のひとり娘。両親を同時に失い、八雲の幼女となる。父としても落語家としても助六を敬愛する一方、男好きでだらしない性格だった母親のことは嫌っている。両親の死に関わる八雲を逆恨みしている。

みよ吉……大政絢
小夏の亡き母。元芸者で娼婦。男に依存する傾向がある。八雲(菊比古)と恋仲になるが、別れを切り出され身を引く。その後、助六(初太郎)の優しさに身を委ね、八雲に振られた寂しさを埋めようとする。助六との間にひとり娘・小夏をもうけるが、八雲への思いを断ち切れず自堕落な生活を送る。

松田……篠井英介
八雲の運転手兼付き人。八雲が弟子入りした当時は七代目八雲の運転手兼付き人をしていた。八雲が心を許せる数少ない人物。

七代目有楽亭八雲……平田満
八雲(菊比古)と助六(初太郎)の師匠。

円屋萬月……川久保拓司
落語家。八雲の落語に心酔しており、過去に何度も弟子入りを志願したが断られている。そのため、すんなりと弟子入りを許された与太郎のことを快く思っていない。

円屋萬歳……平泉成
落語家。萬月の父。八雲が世話になった人物。

お栄……酒井美紀
小夏が働いている料亭の女将。小夏の母・みよ吉とは一緒に芸者の修行をした仲。

アマケン……夙川アトム
演芸評論家。八雲のファンでしょっちゅう寄席に現れるが、八雲からは嫌われている。

主題歌

このドラマの主題歌は、ゆずの「マボロシ」です。

これまでのゆずが表現してきた「ポップさ」「前向きさ」を手放し、新たな表現を目指したという書き下ろし新曲。北川悠仁さんいわく、「『昭和元禄落語心中』の物語が持つ闇、その中に潜む美しさを楽曲で追い求めました」。

主題歌「マボロシ」は、第1回の放送(10月12日)から流れるそうです。

 

「昭和元禄落語心中」は、U-NEXTで視聴可能です


ほかの記事を読む?

ドラマ「昭和元禄落語心中」あらすじ感想 「昭和元禄落語心中」第1回|違和感も吹っ飛ぶ俳優陣の凄み ドラマ「昭和元禄落語心中」あらすじ感想 「昭和元禄落語心中」第2回|八雲と助六の青春時代