グッドワイフ|登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

ドラマ「グッドワイフ」

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
2019冬ドラマの紹介です。

常盤貴子さん主演の「グッドワイフ」(TBS系)。

常盤貴子が『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』以来、19年ぶりのTBS日曜劇場主演!!
夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰する妻を演じる。

仕事のブランク、夫への疑惑、そして、同期との再会。子どものために、“覚悟を決めて”数々の困難に諦めず立ち向かう爽快な姿を描く。(公式サイトより)

原作は2009年からアメリカ・CBSで放送された「The Good Wife」。

夏蜜柑

原作も面白いのですが、日本版もうまくアレンジされていて好感の持てるドラマです。

ふぐ丸

常盤貴子さんがめっちゃかわいい。

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 放送局:TBS系
  • 放送時間:2019年1月13日(日)から毎週日曜夜9時~
  • 原作:「The Good Wife」(CBS Corporation製作)
  • 制作:TBSテレビ
  • 脚本:篠﨑絵里子(「紙の月」「ヒポクラテスの誓い」「犯罪症候群」 「人魚の眠る家」)
  • チーフプロデュース:瀬戸口克陽
  • プロデュース:東仲恵吾
  • 演出:塚原あゆ子/山本剛義/松木彩

あらすじ

蓮見杏子(常盤貴子)は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫の壮一郎 (唐沢寿明)を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。ところがある日、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。さらに女性スキャンダルまで明らかになり、“よき妻” として家族に尽くしてきた杏子の人生は一変する。

夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。そして司法修習生時代の同期・多田(小泉孝太郎)の助けで、多田が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。

しかしスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”、自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく。(公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、アメリカ・CBSで放送された「The Good Wife」です。

リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年9月22日から2016年5月8日まで、計7シリーズにわたって放送されました。

法廷をメインに政治と家庭の両面を描き、リアリティーと劇的な展開が人気を博しました。
2016年には韓国でリメイクされ、2019年にはロシアでのリメイクも決定しています。

登場人物(キャスト)

※第2話までのネタバレを含みます

神山多田法律事務所

蓮見杏子……常盤貴子
弁護士。夫・壮一郎のスキャンダルがきっかけで、16年ぶりに弁護士に復帰する。真面目な性格で、行動力があり明るく社交的。完璧主義者で人を頼ることが苦手。
司法修習生時代の同期・多田の誘いを受けて「神山多田法律事務所」 で働くことになるが、16年のブランクに悪戦苦闘する。
壮一郎からプレゼントされたネックレスが、トミオカ精巧から送られた賄賂だったのではないかと疑っている(第2話)。

多田征大……小泉孝太郎
弁護士。杏子の同期。共同運営している「神山多田法律事務所」に杏子を雇い入れる。司法修習生時代より杏子に想いを寄せており、夫に裏切られた杏子の姿を目の当たりにして再びその想いが再燃する。
司法修習生時代にみんなで買った沖縄のお土産(シーサーの置物)を今も大切に持っており、2つのうちひとつを魔除けとして杏子に手渡す(第1話)。

円香みちる……水原希子
優秀なパラリーガル。豊富な交友関係を武器に、重要な情報や証言を手に入れる。あらゆることに精通しており、弁護士たちの右腕として活躍する。前職は検察事務官で、辞職には壮一郎が絡んでいるらしい(第1話)。

朝飛光太郎……北村匠海
新人弁護士。勤勉で知識も豊富。上司に遠慮なく意見を述べる一方で、抑えるべきところはしっかり抑える愛されキャラ。多田が抱く杏子への想いにめざとく気づき、しょっちゅうからかっている。本命の円香には全く相手にされていないが、めげない。

神山佳恵……賀来千香子
多田と事務所を共同経営している女性弁護士。プライドが高く、豪快な性格。多田に絶大な信頼を寄せている。仕事に全てを捧げてきたため、16年ぶりに弁護士に復帰した杏子には厳しい態度を見せる。多田と杏子の関係を懸念している。

東京地検

蓮見壮一郎……唐沢寿明
杏子の夫。東京地検特捜部の元部長。次期検事総長としても期待されていたが、現在は収賄容疑で拘留中。どんな相手でも決してひるまず、不正や犯罪を絶対に許さない。
スキャンダル報道後の記者会見で汚職疑惑は強く否定するものの、女性スキャンダルは認めている。弁護士の林に頼んで神山多田法律事務所について調べさせ、多田の存在を懸念する(第1話)。

脇坂博道……吉田鋼太郎
壮一郎の後任として、東京地検特捜部の新部長の座に就く。目の上のたんこぶだった壮一郎が逮捕されたことで、出世のチャンスを手にする。さらなる出世のために壮一郎を尋問し、汚職事件の全貌に迫ろうとする。
壮一郎の自白が得られないことに苛立ち、杏子に接触してトミオカ精巧からの賄賂(宝飾品)に心当たりがないか尋ねる(第2話)。

佐々木達也……滝藤賢一
壮一郎の8期下の特捜部員。将来の検察庁幹部候補生として壮一郎が目をかけ、検察官のイロハを叩き込んだ腹心の部下。壮一郎譲りの正義感と崇高な理想を持っている。逮捕された壮一郎の取り調べを担当。脇坂に与したフリをして壮一郎の無実を証明しようとする(第1話)。

戸梶涼太……中林大樹
検事。円香の元同僚で、円香の情報源のひとり。

その他の人々

林幹夫……博多華丸
壮一郎の顧問弁護士。真面目で堅実な性格。知人の紹介で壮一郎の疑惑を晴らすために弁護を務めることになる。検察庁内部の人間関係を見極めようとする。

蓮見隼人……小林喜日
杏子と壮一郎の息子。高校1年生。尊敬していた父・壮一郎が逮捕され、傷ついている。母・杏子を思いやり、部活を辞めて家事を率先して手伝う。料理が得意。

蓮見綾香……安藤美優
杏子と壮一郎の娘。中学1年生。社交的で明るい性格。父・壮一郎の無実を信じている。たまに来る祖母・幸枝のことが少し苦手。

蓮見幸枝……高林由紀子
壮一郎の母。いつも着物を着ている。息子の危機を家族で支えるべく気丈に振る舞う。杏子にも検事の妻として壮一郎を支えることを望む。働き始めた杏子に代わって、孫たちの面倒をみようとお節介を焼く。

第1話のゲスト

浜口直樹……泉澤祐希
依頼人。スーパーで買い物中、娘が行方不明になる。人気キャスターの日下部がネット配信する報道番組で「育児ノイローゼだった母親が殺した」と発言し、妻が自殺。名誉毀損で日下部を訴える。

日下部直哉 ……武田鉄矢
人気キャスター。インターネットで配信している番組で幼女行方不明事件の犯人は母親の可能性が高いと言及し、母親を自殺に追い込む。その後も「事実に基づいた発言」と表現の自由を主張し、直樹を名誉毀損で訴える。
実はネタ切れでアクセス数が落ち、番組終了を打診されていた。裏アドレスでコアなファンからネタを集め、真偽も確かめずに事実無根な情報を番組で使用していたことが発覚する。

第2話ゲスト

神山大輔 ……橋爪功
神山多田法律事務所の名誉顧問で、佳恵の父。20年前、ある事件の裁判で世間から嫌がらせを受け、妻を心労で亡くしている。以来、娘の佳恵とはうまくいっていない。
飲酒運転による器物損壊罪および公務執行妨害に問われているが、器物損壊以外は否定。杏子に弁護をさせる。実は認知症を患っており、事故当時認知症の薬を飲んでいたことが判明する。

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

新着記事を読む?