「グッドワイフ」第3話|壮一郎の掌の上で踊らされる

ドラマ「グッドワイフ」

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
TBS日曜劇場「グッドワイフ」第3話。

今回のストーリーは唸るほど面白かった!
拘束されて動けないはずの唐沢寿明さんが、誰も想像しなかった方法で物語をかき回すところがたまらない。

二転三転する展開で、最後にたどり着いた真相には本当に驚いたよ。

でも杏子の立場は複雑ですよね。
わたしが杏子でも傷つくし、もう夫を信じられないと思う。

第3話「隠された罠」のあらすじ

  • 回送列車の脱線事故が発生。杏子(常盤貴子)たちは死亡した運転士の遺族・井口晴乃(安藤聖代)の代理人として、東神鉄道の代理人・河合映美(江口のりこ)と対立することに。
  • 亡くなった井口は日頃から過重労働を訴え、手帳にその状況を細かく書き残していた。杏子たちは1億円の賠償金を提案するが、映美たちは過重労働を認めず、運転士の居眠りとして50万円の見舞金で済まそうとする。
  • 妊婦である映美は形勢が悪くなると体調不良を理由に交渉を中断し、杏子たちを翻弄。さらに、事故の前にオーバーランをした運転士たちに口止めをするなど、常に先手を打つ。
  • 杏子は拘置所にいる壮一郎(唐沢寿明)と面会し、息子の隼人(小林喜日)が自転車に乗れなかったときの話をする。壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度壮一郎と向き合うことを決める。
  • 内通者が出現したことによって、東神鉄道側は過重労働を認め、1億円の要求をのむ。だがあまりにも簡単に相手が引き下がったことに違和感を覚える杏子と多田(小泉孝太郎)。
  • 東神鉄道が本当に隠したかったのは過重労働ではなく、ブレーキの故障だった。脱線事故の前から運転士が直訴していたにもかかわらず、会社は経費を惜しんで一斉点検を怠っていたという。脱線事故は居眠りが原因ではなく、ブレーキの故障が原因だった。
  • 東神鉄道は車両の定期整備を怠っていた事実を公表し、大きなニュースになる。だが、東神鉄道には半年前に横浜地検の捜査が入っており、当時の横浜地検の責任者だった脇坂(吉田鋼太郎)は、ずさんな捜査の責任を問われる形となった。
  • すべては夫・壮一郎が仕組んだことだった。壮一郎は裏で手を回して遺族に杏子を指名させ、杏子を利用して東神鉄道の不正を暴き、脇坂を窮地に追い込んだのだ。それを知った杏子は傷つき、多田の前で涙を見せる。多田は「もう別の未来を行けばいい」と杏子を抱き寄せる。

第3話の感想

この結末はまったく読めなかったなぁ。
でもきちんと伏線が張られていて、真相が明らかになったときの驚きと爽快感は格別でした。

脱線事故の伏線

  • 物陰から見ていた小川さん
    杏子たちに真実を訴えようとしていたのではなく、監視するためだった。杏子たちが北原に接触したのを見て、内通者のフリをして現れる
  • 線路脇に誰かが供えた小さな花
    供えたのは近くで寝ていたホームレスで、事故の時に「汽笛が鳴った」と証言。居眠り運転ではないとわかる
  • 壮一郎が話した息子の話
    子供の頃、隼人が自転車に乗れなかったのは、隼人が悪いのではなく自転車が壊れていたと話す。ブレーキの故障に気づくヒントとなる

ここまでは、まぁ普通ですよね。
それでも「過重労働」から「ブレーキの故障」にひっくり返す後半の展開には、驚きました。

上司からの命令とはいえ、小川さんの演技力タダモノじゃないな。
どこから見ても「怯えた内通者」だったもんなぁ。完全に騙されたわ。あれが演技だとわかったときの衝撃は大きかった。

でもこれだけでは終わらないんです。
杏子がこの事件の裏を暴くことは、壮一郎が仕組んだ計画の一部だったことが最後の最後にわかる。

壮一郎は、東神鉄道が車両の整備不良を隠蔽していることも、横浜地検が半年前に東神鉄道を捜査していたことも知っていた。横浜地検の当時の責任者が脇坂だったことも。

だから杏子を利用して、脇坂が追い込まれるよう仕組んだのでした。

壮一郎の計画の伏線

  • 壮一郎が林弁護士に何かをお願いする
    冒頭、林弁護士は壮一郎に「ご指示どおり手配しておきました」と語っている
  • 壮一郎と佐々木の会話
    壮一郎はトイレで佐々木と密談し、「もう少しだけ引き延ばせ。手は打ってある」と話している
  • 壮一郎が話した息子の話
    壮一郎は、杏子が面会にきたとき隼人の自転車が壊れていたときの話をし、杏子にヒントを与えている

思いがけない事故の真相にたどり着いて、杏子は嬉しかったと思います。
けれど、実際は壮一郎の手のひらの上で踊らされているだけだった。

そのことを知ったときの杏子の気持ちを思うと、切なくなります。
壮一郎を信じてみようと思い始めていた矢先だったからね。

そのあたりのストーリーの運び方も、うまくできていたなぁと思います。

裏切りの伏線

    • 杏子が依頼人から指名されて喜ぶ
      杏子は依頼人の井口晴乃が自分を指名してきたと多田から聞き、喜んでいた
    • 杏子が壮一郎と向き合おうとする
      杏子は遺族や義母の言葉を聞いて、壮一郎に対する自分の態度を反省。壮一郎との面会で初めて笑顔になり、杏子は再び壮一郎と向き合おうとしていた
    • 脇坂がマスコミに注目される
      脇坂はマスコミの取材を受け、記事に「国民の皆さんの信頼を決して裏切らぬよう」という言葉を足すよう指示していた

壮一郎は杏子と違って、相当食えない人物だということ。
壮一郎と杏子の関係は、一筋縄ではいかないということ。

それを一話で示してくれた回でした。

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「グッドワイフ」 「グッドワイフ」第4話|グッときた主人公のセリフ ドラマ「グッドワイフ」 「グッドワイフ」第2話|シロかクロかハッキリしない夫