「グッドワイフ」第7話|相武紗季と丸山智己が盛り上げる後半に期待

ドラマ「グッドワイフ」

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
TBS日曜劇場「グッドワイフ」第7話。

壮一郎側のストーリーが盛り上がってきました。

杏子が壮一郎の弁護を引き受けたことで、家庭だけでなく仕事でも協力しあう関係に。普通に考えたら2人の誤解が解けてヨリを戻す流れです。

夏蜜柑
多田先生としてはかなり不利な立場ですね。

依頼人の問題、壮一郎の事件、家族の問題、多田先生との関係、朝飛との正式採用争い……と、同時進行のエピソードがてんこもりですが、どれもいい案配で見せてくれるので混乱することなく楽しめています。

さらに、今回から円香の問題も加わることに。

ふぐ丸
杏子さん大忙し。

第7話「消された真実」のあらすじ

  • 壮一郎(唐沢寿明)は多田(小泉孝太郎)の杏子(常盤貴子)への告白を聞いて怒り、多田の伝言を伝えず着信履歴を削除する。何も知らない杏子は、多田の態度がよそよそしいことを不思議がる。
  • 多田、杏子、朝飛(北村匠海)の3人は、カリスマIT社長・剣持(浜野謙太)の案件を担当することに。剣持は自分がモデルと思われる主人公の映画が無断で公開され、自分や会社のイメージを下げられたことに憤慨し、名誉毀損で映画会社を訴えるという。
  • 映画プロデューサー・二見(田中要次)は剣持をモデルにしたことを否定し、裁判でも杏子たちの追及をのらりくらりとかわす。多田は打開策を見つけようと焦る。
  • 壮一郎は、逮捕直前まで大物政治家・南原(三遊亭円楽)を佐々木(滝藤賢一)と共に極秘捜査していたことを杏子に明かす。壮一郎は匿名の情報提供者から汚職を証明する“文書” をもらう約束だったが、その直前に逮捕されたという。
  • 多田は映画に広告を出している企業の後ろ暗いネタを使って脅し、剣持がモデルの映画だと映画会社から説明を受けていたことを裁判で証言させる。二見は名誉毀損を認め謝罪し、映画の公開を中止することで和解が成立する。
  • 壮一郎の記者会見を見た情報提供者から連絡が入り、壮一郎は証拠の文書を受け取りに行く。だが壮一郎を尾行する検察に邪魔をされ、証拠の文書は脇坂の手に、そして南原へと渡ってしまう。
  • 壮一郎は不倫相手の遠山亜紀が当時大きな事件の独自取材をしていたことを思い出し、亜紀が南原の事件を追っていたのではないかと推測。杏子は壮一郎の代わりに亜紀に会いに行く。

第7話の感想

常磐杏子さんがいちいち可愛いんですけど!

怒ってる顔もツッコむ顔も可愛い。
ずーっと見ていられるんでマジでシリーズ化お願いします。

壮一郎が嫉妬に駆られる気持ちはわかるけど、多田先生の身になると「なかったこと」にされるのは切ないなぁ~。せめて着信くらい残しておいてあげればいいのに。

こういうすれ違い、ちょっと昔のラブストーリーの王道ですけど、嫌いじゃないわ。

ここまで「いい人」の顔しか見せてこなかった多田先生ですが、初めて「悪い顔」を見せましたねー。

裁判で証言させるために、円香に頼んで「脅し」に使えるネタを調べさせたのです。

まぁ、脇坂や吉村に比べると全然大したことないんですけどね。
朝飛が言うように「意外」な一面でした。

そのせいで多田先生が急に怪しく見え始めました。
ミスリードだといいんですけど。

夏蜜柑
佐々木さんも怪しいですよね。

謎めいていた円香の過去も明らかになりそうです。

前回、円香が言っていた「DVの夫から逃げている」というのは本当だったんですかね。円香に会いに来た木内って男、優しい人には見えなかったもんなぁ。丸山智己さんだしねぇ。

円香がなぜ検察を辞めさせられたのか、壮一郎の何を知っているのかも気になります。
後半は相武紗季さんと丸山智己さんが引っ掻き回してくれるのかしら。ワクワクするね。

第7話でこの盛り上がり。
今後どんな展開が待っているのか期待しかありません。

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「グッドワイフ」 「グッドワイフ」第6話|告白が届かない可哀想な多田先生 ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」 「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」第8話|ガルムフェニックス登場