「グッドワイフ」第8話|裏切り者は佐々木?遠山亜紀がトラップを仕掛けた理由

ドラマ「グッドワイフ」

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
TBS日曜劇場「グッドワイフ」第8話。

面白いです。面白いんですけど……。

まだ引っ張りますか(≧ヘ≦)

裏切り者は誰なのか、今回もわからないまま終わってしまいました。
タイトルが「裏切り者」だけに期待したんですけどね~。

とはいえ、見どころがなかったわけではありません。

政治家と取引をした「事情」を打ち明ける遠山亜紀。
元夫と脇坂に秘密を握られ、苦悩する円香。

中でも杏子への想いが募るあまりブラック化し始める多田先生からは、目が離せませんでした。

第8話「裏切り者」のあらすじ

  • 壮一郎(唐沢寿明)の裁判が始まるが、杏子(常盤貴子)は苦戦を強いられる。多田(小泉孝太郎)は杏子ひとりでは荷が重いと判断。蓮見家に押しかけ、裁判に協力させてほしいと訴える。
  • 円香(水原希子)の元夫・木内(丸山智己)は、円香の秘密を会社にバラすと脅し、金を要求。脇坂(吉田鋼太郎)は円香が戸梶(中林大樹)と情報交換していることを知り、円香に接触する。
  • 杏子は壮一郎の不倫相手・亜紀(相武紗季)に離婚歴があることを知る。元夫と暮らす娘・小春は心臓移植手術を受けていた。亜紀は娘の手術費用を得るために南原との取引に応じ、壮一郎にハニートラップを仕掛けたと明かす。
  • 亜紀は南原(三遊亭円楽)の不正の証拠を示す文書を持っていたが、杏子が受け取る直前に駅の階段から転落、意識不明の重体となる。壮一郎は南原が口封じのために事故に見せかけて亜紀を殺害しようとしたのだと疑う。
  • 多田は南原の不正に関わったと思われる特命推進事務局長の宮前(春海四方)に接触し、改ざん前の文書を手に入れる。しかし、多田を疑う佐々木(滝藤賢一)は文書を信用できないと判断し、壮一郎に破棄することを勧める。
  • 壮一郎と杏子は「本当の裏切り者」は誰なのか確かめるため、ある場所へ向かう。そこへ現れたのは……。
登場人物の詳細を見る
ドラマ「グッドワイフ」グッドワイフ|登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

第8話の感想

めっちゃいいとこで終わりましたね。
今回は依頼人が登場せず、1時間まるごと壮一郎の事件にあてられました。

裏切り者はわからずじまいでしたが、事件に複雑な人間関係が絡まり、スリリングで見応えのある内容でした。

遠山亜紀が隠していた事情

南原の不正は「インサイダー取引」であることが判明。
その証拠となる文書を、壮一郎の浮気相手・亜紀が持っていました。

亜紀は心臓移植を必要とする娘のために、お金が必要でした。
手術費用を得るために、南原との取引に応じたんですね。

その取引内容というのが、「壮一郎にハニートラップを仕掛けること」だった。

しかし亜紀は壮一郎が誘いに乗らないことを知っていたので、薬を仕込んで眠らせ、ホテルに連れ込んで「関係を持った」と思い込ませたのです。

だから、本当は何もなかったんですね。

脇坂に脅される円香

円香の前に突然現れた元夫・木内。

夏蜜柑

一目でロクデナシってわかるよね。

円香の「秘密」を知っている木内は、それをネタに金を強請ってきます。
バラされたくない円香は金を渡そうとするのですが、そこに現れたのが脇坂。

円香と情報交換していた検事の戸梶から聞き出したようです。

円香がひた隠しにしている「秘密」って何でしょうね。
気になるのは、それが検察を辞めたこととも関係があるらしいこと。

壮一郎は知ってるんだろうか。

杏子と円香の信頼関係

円香について何か言おうとした壮一郎を、杏子は「本人に聞く」と遮りました。

「謎だらけだけど、気持ちに嘘がなくて優秀で、今の私には唯一本音を話せる人なの」

と、杏子は語っていましたが、ちょっと微妙かなぁ。
そこまで信頼し合ってるふうには見えないんですよね。

原作のアメリカ版だと、主人公はほぼパラリーガルの彼女と2人で行動しているので、徐々に2人の関係ができあがっていくのがわかったのですが……。

日本版では2人のシーンが少なすぎる上に、水原希子さんのミステリー感が強くて、ちょっと違和感がありました。

ブラック化する多田先生

小泉孝太郎さんがここまでハマった役をわたしは見たことがない^^;

勇気を出して杏子に告白したのにも関わらず、完全無視されてしまい凹む多田先生。
モヤモヤが募りに募って、ブラック化し始めました。

強請まがいのやり口で、南原の不正に協力した人物に証拠を提出させるのですが……。

裁判で壮一郎の無実が証明されれば、杏子は事務所を辞めて家庭に戻ることになる。
杏子と離れたくないばかりに、入手した証拠を隠そうとする多田先生。

ところがやはり思い直し、文書を壮一郎に手渡しました。

それを見ていた佐々木は、多田先生を信用できないと判断。
壮一郎も「使わない」ことを決め、佐々木に文書を渡しました。

裏切り者は佐々木か

さて、裏切り者ははたして誰なのか?

ここまでの流れだと、佐々木が有力ですね。

多田先生を「信用できない」と決めつけるのもおかしいし、それを鵜呑みにする壮一郎もおかしい。苦労して手に入れた不正の証拠を、壮一郎が確認もせずにあっさり手放すとは思えません。

その後、壮一郎が杏子に「俺たちも確かめに行こう。本当の裏切り者は誰なのか」と言っていたことからも、わざと佐々木に文書を渡した……と考えるほうが自然だと思います。

次回、ついに裏切り者の正体が明かされます。

このドラマは、Paraviで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はParaviサイトにてご確認ください

「グッドワイフ」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「グッドワイフ」 「グッドワイフ」第9話|暴走する壮一郎、多田先生を逮捕させる ドラマ「グッドワイフ」 「グッドワイフ」第7話|相武紗季と丸山智己が盛り上げる後半に期待