「テセウスの船」第5話|佐々木紀子は殺害現場を目撃していた

ドラマ「テセウスの船」キャストあらすじ原作ネタバレ

「テセウスの船」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
TBS日曜9時「テセウスの船」第5話のあらすじと感想です。

証言者が現れ、いよいよ犯人に近づいてきました。

麻生祐未さん演じるさつき先生の不気味さが原作そのまんまで、すごい感心してしまう。特殊メイクもそっくり。

この作品は、Paraviで動画配信されています。2週間無料体験あり。※最新の配信状況と料金はParavi公式サイトにてご確認ください

第5話のあらすじ

松尾と名乗る女性が佐野(鈴木亮平)の無実を証言してくれることになり、心(竹内涼真)と由紀(上野樹里)は佐野と面会する。証言者が現れたことや、由紀が心の力になってくれていることを喜ぶ佐野。

だが後日、松尾から「娘に反対されたので証言をやめる」という連絡が入り、焦った心は直接に会って話をしようと彼女の家を訪ねるが、誰も出てこない。雨の中、ずぶ濡れになって松尾の帰りを待つ心を見つけた由紀は、心を説得して家に帰らせ、2人で温かい鍋を食べる。

佐野のもとに松尾が面会に現れる。彼女の旧姓は「佐々木」で、音臼村の住人だった佐々木紀子(芦名星)だった。紀子は証言できなくなったことを佐野に伝え、謝罪する。佐野は「あなたはもう充分に苦しんだ」と紀子を許す。

鈴(貫地谷しほり)が佐野の娘だと知ったさつき(麻生祐未)は、正体をばらすと鈴を脅し、紀子の証言を妨害するための企みに鈴を巻き込む。

佐野に会った紀子は思い直し、証言をする決意を固める。心は紀子の家を訪ねて彼女に会うが、そこへ鈴が現れ同席。紀子の話を一緒に聞くという。

平成元年、紀子は婚約者の翼に「ある人に頼まれたから青酸カリを取ってこい」と言われ、当時勤めていたメッキ工場から青酸カリを盗み、翼に渡したという。

翼は指示通りに明音を殺せなかったため青酸カリを飲んで自殺。紀子は罪悪感と恐怖で生きる気力を失い、自殺しようと向かった音臼岳で金丸刑事が犯人に突き落とされるところを見たと話す。

犯人の顔は見えなかったが声に聞き覚えがあるという紀子。紀子が犯人の名前を告げようとしたとき、鈴が薬を飲んで倒れてしまう。心は鈴に付き添って救急車で病院へ行く。

2人が去ったあと、待ち構えていたようにさつきが紀子を訪ねる。紀子を説得できないと察したさつきは、紀子に手作りの芋ようかんを渡す。

鈴は命に別状がなく、お腹の子も無事だった。だがその間に紀子は亡くなり、さつきも救急車で病院へ運ばれる。さつきは鈴に薬を渡して紀子の話を阻止させ、自ら毒入りの芋ようかんを食べて救急車で運ばれたのだった。

紀子が亡くなったことを聞かされた心は打ちのめされるが、「私は諦めません。この理不尽な運命ととことん戦いたい」という由紀に励まされ、由紀を抱き締める。

登場人物はこちら

ドラマ「テセウスの船」キャストあらすじ原作ネタバレ「テセウスの船」登場人物(キャスト)・全話あらすじ感想・原作

第5話の感想

泣いてばかりいる心さん

ドラマの心さんは、とにかくよく泣く。盛り上げるためなのでしょうけど、すぐ泣く。もはやそこが見どころになってる感じ?

心と由紀が一緒に佐野に会いに行くシーン、原作にはないんだけど、よかったです。これ、もしかしたら結末の伏線になるかもしれないなぁ。

ドラマでは由紀の〈集い〉での演説のおかげで証言者が現れた、という流れになっていますが、原作には〈集い〉のシーンはなくて、心と鈴が佐野の面会に行った際に「佐々木紀子が連絡を取りたがっているらしい」と聞かされる、という流れです。

紀子から話を聞くのも、ドラマでは心と鈴になっていましたが、原作ではさつきと鈴。心が訪ねる前に、2人が先回りしたんですね。

さつきが紀子を殺すくだりは原作はもっとスプラッタな殺害方法で、めちゃくちゃ怖いです。放送できないレベル。

現代パートは鈴が本当に不憫で、見ていられない。心さん、泣いてばかりいないで、しっかり鈴を守ってあげて~!と言いたくなる。

殺害現場を目撃していた佐々木紀子

証言するかどうかで迷っていた紀子でしたが、佐野に会って心を動かされ、最終的には「証言する」と決断。このくだりもドラマ用の脚色でした。

彼女が語った内容をまとめると、

  • 翼に「ある人に頼まれたから青酸カリを取ってこい」と言われた
  • 工場から青酸カリを盗んで翼に渡した
  • 翼は紀子が用意した青酸カリを飲んで自殺した
  • 翼は「明音を殺せなかった、指示通りにできなかったから俺はもう終わりだ」と言っていた
  • 罪悪感と恐怖で生きる気力を失い、自殺しようと音臼岳へ行った
  • そこで金丸刑事が犯人に殺されるところを見た
  • 犯人は未来のことが書かれたノートがあると話していた
  • 金丸はノートがあった崖の下を覗き込んでいて突き落とされた
  • 犯人の顔は見えなかったが、声に思い当たる人がいる

ということらしいのですが、犯人の名前を告げる前に、紀子はさつきに殺されてしまいました…。

ここまで、原作全10巻のうちの7巻途中まで進んでいるんですよね。ドラマはまだ中盤なのに。後半はドラマオリジナルのシーンが増えるんだろうなぁ。

間延びしないといいけど。