「テセウスの船」第6話|真犯人の正体が明らかに!再び過去へ

ドラマ「テセウスの船」キャストあらすじ原作ネタバレ

「テセウスの船」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
TBS日曜9時「テセウスの船」第6話のあらすじと感想です。

心さんが犯人の仕掛けた罠に簡単にハマりすぎてドキドキハラハラ。今回も原作にないシーンが大半でしたが、面白かったです。

しかしみきおの正体は原作通りだったぞ……どういうことだ?

この作品は、Paraviで動画配信されています。2週間無料体験あり。※最新の配信状況と料金はParavi公式サイトにてご確認ください

第6話のあらすじ

鈴(貫地谷しほり)の意識が戻り、病院へ向かう心(竹内涼真)と由紀(上野樹里)。鈴は木村さつき(麻生祐未)に脅されていたことを打ち明ける。

心は、さつきが音臼小事件の真犯人で、口封じのために松尾紀子(芦名星)を殺したのだろうと考えるが、さつきもまた入院先の病院で何者かに毒を飲まされて殺されていた。

木村みきお(安藤政信)に呼び出され、さつきの家を訪ねた心と由紀は、さつきの部屋の壁に不気味な絵が大量に貼られているのを見る。さらに青酸カリの瓶も見つかる。

「母は共犯者に操られていた」と語るみきお。さつきの病室から“小柄で小太りでメガネをかけた男”が出てくるのを見たという目撃情報があり、心と由紀はさつきの交友関係をしらみつぶしに当たっていく。

金丸(ユースケ・サンタマリア)が亡くなる前、明音の首についていた痣の形を気にしていたという話を聞いた心と由紀は、金丸の部下・森(加治将樹)が残した資料を見るが、不審な点に気づくことはできなかった。

心は元県議会議員の田中義男(仲本工事)の息子・正志(せいや)が“小柄で小太りな男”に当てはまるという情報を得る。さっそく正志を訪ねるが、毒殺されていた。現場にいた心は不審人物として警察に拘束される。

容疑者として取り調べを受ける心。しかし心が部屋を訪れる前に防犯カメラの映像に不審な人物が映っていたことがわかり、釈放される。防犯カメラの映像を持ってきたのは由紀だった。

心が帰宅すると、木村さつきから封筒が届く。中には「3月8日END」と書かれた慰霊碑の前に立つ心を描いたと思われる絵が入っていた。心は犯人からのメッセージと受け取り、慰霊碑へ行くことを決める。

前の夜、心は由紀にこれまでのことを包み隠さず打ち明ける。心の結婚指輪に「YUKI to SHIN」と刻まれているのを見た由紀は、心がタイムスリップしたという話を信じる。明日の用事が済んだら必ず会いに来る、と約束して由紀と別れる心。

翌日、慰霊碑を訪れた心の前に、みきおが現れる。みきおは車いすから立ち上がり、ナイフを手にして心に襲いかかる。音臼小事件の犯人は自分だと告白するみきお。

心はみきおとの会話を録音し、警察に通報したことを告げる。パトカーのサイレンが近づく中、みきおはその場から立ち去り、心は白い霧に包まれる。

負傷した心は意識を失い、病室のベッドで目覚める。そこは平成元年3月10日、音臼小事件の2日前だった。同じ頃、小学生のみきお(柴崎楓雅)は心が録音した音源を再生していた。

登場人物はこちら

ドラマ「テセウスの船」キャストあらすじ原作ネタバレ「テセウスの船」登場人物(キャスト)・全話あらすじ感想・原作

第6話の感想

真犯人の正体が明らかに

ついに犯人の正体が明らかになりましたね~。
まぁ、たいていの人は予想した通りだったんじゃないでしょうか。

慰霊碑の前に現れたのは、みきお。
平成元年では小学5年生で、鈴のクラスメイトでした。

原作とは犯人が違うと聞いていたので、みきおは事件に絡んでないと思ってたんだけど、今のところ原作と同じ展開なんですよね。

第3話で金丸さんが気づいた犯人の手がかりが、「明音ちゃんの首に残っていた痣が子どもの手によるもの」というのも一緒。

ちなみに原作ではもっと早い段階で犯人がわかっていて、最初に知ったのは鈴です。紀子を殺すよう脅されたとき、木村さつきから直接聞かされたのです。

夫が犯人だったと知った鈴は、子どもを堕ろしたいと言い出し、理由を問われた心にすべてを打ち明けました。心は、みきおが犯人だと知った上で慰霊碑へ向かうのです。

お腹の子どもの父親が、21人の命を奪った殺人犯で、自分たち家族を陥れた犯人だと知ったときの鈴の気持ちを想像すると、胸が締め付けられます。ドラマ版がこのシーンを回避したのは、やはり残酷すぎるからかもしれません。

心と由紀のほっこりシーン

毎回由紀に助けられ、励まされ、とうとう自分で「ヘタレ」と言ってしまう心さん。笑ってしまった。ドラマ版の2人の関係がとても好き。

原作の現代パートは木村さつき&みきお親子のホラー感が強烈で、不安と恐怖を感じるシーンの連続だったので、ドラマ版は心と由紀のほっこりシーンを増やして中和させてましたね。だいぶ救われました。

由紀が海で祖母の形見の指輪をなくすシーン、心が由紀にプロポーズするシーンは原作どおり。ただ、原作の由紀はバツイチで、3歳の息子がいました。

心が由紀にタイムスリップのことを打ち明けるシーンは、ドラマオリジナル。このシーンよかったなぁ。泣けた。

原作では、心と由紀はそこまで仲良くなっていないので、心は由紀に真実を打ち明けることなく過去にタイムスリップしています。

犯人と対峙した心はICレコーダーで会話を録音してましたが、これも原作にはないんですよね。結局レコーダーはみきおに奪われてしまい、小学5年生のみきおの手に渡るというややこしいことに。何やってんだよ心さん……。

再び平成元年に戻ってきた心。事件の日まであと2日。

犯人は本当にみきおなのか?
共犯者は誰なのか?

後半は犯人との攻防戦。楽しみです。