「テセウスの船」第9話|思わせぶりな1977年の村祭のチラシ

ドラマ「テセウスの船」キャストあらすじ原作ネタバレ

「テセウスの船」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
TBS日曜9時「テセウスの船」第9話のあらすじと感想です。

つ・か・れ・る。

先週から全然進まないじゃんよ~。ミスリードも家族ドラマももういいから、話を先に進めてよ~。

今回は突っ込みどころが多くて、あんまり集中できなかったです。

この作品は、Paraviで動画配信されています。2週間無料体験あり。※最新の配信状況と料金はParavi公式サイトにてご確認ください

第9話のあらすじ

パトカーの中にいた加藤みきお(柴崎楓雅)は、病院に搬送され青酸カリ中毒と診断される。佐野(鈴木亮平)とは連絡がつかず、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は佐野に殺人未遂容疑がかかっているとして強引に家宅捜索する。

翌朝、佐野家にマスコミが殺到し、和子(榮倉奈々)が対応にあたる。記者たちに頭を下げる和子を見て、過去の記憶が蘇る心(竹内涼真)。だが和子は佐野の潔白を信じていると記者たちに啖呵を切り、追い返す。

犯人の手に渡っていた由紀のノートが、駐在所に届けられる。中には1977年の音臼村祭のチラシが挟まれていた。心は校長の石沢(笹野高史)に話を聞き、12年前の村祭りで食中毒事件が起きていたことを知る。亡くなったのは徳本(今野浩喜)の母だった。

小屋に監禁されていた佐野は脱出し、心と再会する。犯人の顔は見ておらず、なぜ解放されたのかもわからないという佐野。馬淵は出頭した佐野を留置所に入れて拘束する。

路上でオイル切れのライターと明音の写真、ワープロのフロッピーディスクが見つかる。ディスクのラベルが「駐在日誌」だと知った馬淵は駐在所に押しかけ、佐野が使用していたワープロを調べる。

ワープロの中には、みきおが書いたと思われる日記のデータが入っていた。そして日記に記載されていた「青酸カリは家の裏庭に埋めた」という記述の通り、佐野家の裏庭から青酸カリが見つかる。

佐野は連続殺人事件の容疑者として警察に連行される。心は犯人の目的がこれまで起きたすべての事件の罪を佐野に被せ、確実に死刑にすることだったのだと気づく。

登場人物はこちら

ドラマ「テセウスの船」キャストあらすじ原作ネタバレ「テセウスの船」登場人物(キャスト)・全話あらすじ感想・原作

第9話の感想

思わせぶりな1977年の村祭のチラシ

今回はまるまる原作にはないストーリー展開。

共犯者の正体は今回も明かされず。ひっぱりすぎて心配になってきました。こんなに盛り上げて大丈夫? 「あな番」の二の舞にならない?

いちばん思わせぶりだったのが、1977年の音臼村祭のチラシ。心が捨てた後、犯人の手に渡ったと思われた由紀のノートに挟まれていました(このノートが戻ってきた理由も判然としない)。

校長先生によると、12年前の村祭りで食中毒事件が起きて、それ以来村祭りは開催されていないとのこと。この食中毒は、きのこ汁に入っていた毒きのこが原因でした。で、そのとき亡くなったのが徳本の母。

いやー。ちょっと強引じゃないですかね?

こんな小さな村で、そんな大事件が起きたら村の人たちみんな覚えてるでしょうよ。たかだか12年前のことなんだし。連想させるような事件が起きているのに、今まで誰も言い出さないのはさすがに不自然じゃない? 少なくとも警察官の佐野が思い出さないのはおかしいよ。

犯人の動機に絡んでいたとしても、ミスリードだとしても、どっちにしても違和感が残りそう。

犯人の目的が腑に落ちない

今回の犯人は、何がしたいのかよくわかりませんでした。

  • 加藤みきおに青酸カリを飲ませる
  • 佐野をおびき出して監禁するも、すぐに解放
  • 心にノートを返却(1977年の村祭りのチラシを挟む)
  • フロッピーディスクと明音の写真を路上に捨てる
  • 駐在所のワープロにみきおの日記を移す
  • 佐野家の裏庭に青酸カリを埋めて警察に発見させる

心は、犯人の目的を「父さんを確実に死刑にするため、これまで起きたすべての事件の罪を被せた」と言っていましたが、死刑にするなら「音臼小無差別殺人事件」で21人を殺すほうが確実じゃない?

っていうか、どっちにしてもそんなに変わらない。これが無差別殺人をやめてわざわざ計画を変更した理由だとしたら、どうにも腑に落ちません。

ちなみに犯人が計画を変更するところまでは原作どおりですが、「これまで起きたすべての事件の罪を佐野に被せた」ところは原作にはなく、ドラマオリジナル。

佐野が使っていたワープロにみきおの日記が入っていたり、それによって裏庭から青酸カリが見つかるところはうまくできてると思うけど、犯人の目的が納得いかないんですよね~。

心さんの推測が外れている可能性もありますが、だとすると、ただ攪乱させるためだけにここまでのことをする理由もよくわかりません。

ネタバレになるので詳しく書けませんが、原作ではみきおと共犯者の目的は微妙に違うんですよ。そこがすごく重要なところなのですが、ドラマ版は共犯者を変えるつもりなんですかねぇ。

最終回の展開も、原作から大きく外れそうです。
結末がどうなるのか、最後までじっくり見届けたいと思います。