トドメの接吻第6話|いっそ少女漫画路線を極めて

「トドメの接吻」

どうも、夏蜜柑です。フィギュアスケート、団体の壁は高いなぁ。

さて、「トドメの接吻」第6話。

ストーリーは退屈しないし、登場人物は美男美女ばかりでエンタメとしては楽しく見ていられるんですけど……中身の薄さは否めませんね。盛り上がる要素てんこ盛りなのに、惜しい。

ネタバレを含みますのでご注意ください。

第6話のあらすじ

  • 旺太郎(山﨑賢人)は興信所の根津(岡田義徳)に調べさせ、並樹尊(山田明郷)が息子の尊氏の罪を揉み消していたこと、クルーズ船の運営会社を営む長谷部(佐野勇斗)の父が隠蔽に協力していたことを知る。
  • 旺太郎は長谷部を脅してビデオテープのコピーを探させるが、数日後、海で長谷部の死体が発見される。宰子(門脇麦)とキスをして過去に戻っても、長谷部の死を食い止めることができない。長谷部は死ぬ前にビデオテープを見つけ、尊氏(新田真剣佑)と会う約束をしていた。
  • 宰子の家で弟・光太の靴を見た旺太郎は、宰子が12年前にクルーズ船に乗っていた少女だと知る。宰子は自分を助けてくれた少年が生きていたことを喜ぶが、旺太郎は「おまえのせいで光太が死んだ」と憤る。
  • 再び過去に戻った旺太郎は、長谷部を襲った覆面の男に殺されてしまう。宰子は旺太郎を助けるべくキスを繰り返すが、過去に戻ることができない。

第6話の感想

前回の予告でいちばん期待した“タイムリープの罠”が結局なんだかよくわからんままで、ガッカリ。

菅田さん演じる春海ってどういう存在なんでしょうねー。
人間じゃない可能性も出てきたかなぁ。

時間を司る神様、みたいな?
光太の幽霊or生まれ変わり……ってパターンはちょっと嫌だな。

やっと12年前にクルーズ船で会っていたことに気づいた宰子と旺太郎。

このシーン、ずっと楽しみにしてたんですよね。
でも、想像してたのと違ってあんまり盛り上がりませんでしたね。

宰子だけが先に気づく展開にしてほしかったです。

宰子の性格なら、たぶん気づいても何も言わずに黙ってるはず。

旺太郎への宰子の想いがここでグッと高まるし、何も知らない旺太郎を必死に助けようとする彼女の健気さや切なさが、さらにストーリーを盛り上げると思うんですけどねー。

少女漫画すぎる?
いや、このドラマけっこう少女漫画ですよ^^;

宰子を演じる門脇麦さんがすごくハマってるだけに、この絵を逃したのが残念でならないわ。

そして旺太郎の辛い過去が、ここで明らかに。

前回、たしかにわたし、「事故後の様子が描かれないから伝わってこない」って書きました。でも、なんでこのシーンなのー!?

最高にトキメくシーンになるはずが、台無しじゃん(-_-;*)

尊氏は、ついに殺人にまで手を染めちゃったのでしょうか?
それとも、あれは尊氏を(なぜか)崇拝する布袋の暴走なのかな。

尊氏の過去も、未だにハッキリしないままですよね。
彼の本音を聞いたのは社長が死ぬ時だけ。

もうちょっと本心を見せてくれてもよくない?

何を考えているかわからないのはミステリアスだけど、このドラマの良くないところは、わざと隠して焦らしてるのか、ただ謎めいた雰囲気出してるだけなのか、わかんないとこです。

尊氏だけじゃなく、登場人物の「そこに至るまで」が描かれないので、言動が唐突な印象を受けるし、共感もできないんですよね。

もう少しだけストーリーをシンプルにして、そのぶん登場人物の心理描写にあててくれたらいいのに。主人公が香港に行く必要とか、あったんでしょうか……。

きっとあまり深く考えずに、突飛なストーリーを楽しむべきなのでしょう。ただ好みの設定だけに、もったいないなと思ってしまいます。

いっそラスボスは美尊で、尊氏をはるかに上回るブラックな人物だったら面白いのに。

次回は、死んでしまった旺太郎を助けるために宰子が誰かとキスすることになりそうですが、誰とキスするんでしょうねー?相手は女でもいいの?

ここ、けっこう悩みどころですよね^^

キスして自分だけが過去に戻るのなら誰でもいいけど、相手も過去に戻ってしまうのだから。下手したら宰子のタイムリープ能力に気づいて、脅してくる可能性もあるわけで。

そう考えると、宰子が旺太郎を助けようとして最初にキスした時も、相当の勇気がいっただろうな……。

健気な宰子をますます応援したくなります。

旺太郎が死んだ世界を描く、スピンオフ連続ドラマ「トドメのパラレル」は、Huluで配信中。ゾクッとする人間模様と、本編の鍵を握る“新たな謎”が描かれます。

ほかの記事を読む?

「トドメの接吻」 トドメの接吻第7話|キスの相手はあの人 「トドメの接吻」 トドメの接吻第4話|ブラック化した真剣佑