トドメの接吻第9話|何の工夫もない内容にウンザリ

「トドメの接吻」

どうも、夏蜜柑です。
「トドメの接吻」第9話。

前回のラストでゾクゾクさせられ、どんな展開になるかと楽しみにしていましたが、何の工夫もなくてガッカリ。思えば毎回この繰り返しだったなぁ…(遠い目)。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第9話のあらすじ

  • 旺太郎(山﨑賢人)は、尊氏(新田真剣佑)に拉致された宰子(門脇麦)を探すが見つからない。尊氏は宰子を監禁し、タイムリープの秘密を教えろと脅す。
  • 美尊(新木優子)と旅行に出掛けた旺太郎は、尊氏から呼び出され監禁場所へ向かう。尊氏が旺太郎を殺そうとした時、警察が駆けつけ尊氏を逮捕する。美尊はこれまでに尊氏がしてきたことを長谷部(佐野勇斗)から聞かされ、ショックを受ける。
  • 旺太郎は美尊と結婚して並樹グループを手に入れることになり、有頂天になる。旺太郎の幸せを望む宰子は別れを告げようとするが、旺太郎に「まだおまえが幸せになっていない」と止められる。
  • 宰子の前に春海(菅田将暉)が現れ、キスをする。キスをしても過去に戻らないとわかり、宰子は旺太郎に「彼氏ができた」と告げるが、心は旺太郎を思っていた。
  • 旺太郎と美尊の結婚式当日、尊氏が脱走。さらに和馬(志尊淳)も旺太郎を狙っていた。宰子は旺太郎に知らせるべく式場へ向かい、旺太郎の代わりに尊氏に刺されてしまう。
  • 過去へ戻るべく宰子にキスを繰り返す旺太郎だが、宰子は息を引き取り、タイムリープできない。

第9話の感想

完全に期待を裏切られました。
前回、あんな最高のラストシーンだったのに……。

2人はどんな未来を経験して戻ってきたのか。
旺太郎は、宰子を助けるためにどんな策を用いて尊氏と戦うのか。

↑これ前回書いた感想です。
結局、なーーーんの策も練ってませんでした。過去に戻って警察呼んだだけ。

アホみたい。

何より尊氏の扱いが雑すぎる。真剣佑さんはもっと深みのある悪役ができたはずなのに、幼稚だし頭悪いし中身スカスカだし、これじゃあまりにも可哀想です。

美尊にしても、途中でタイムリープに巻き込んで面白くなるかと思いきや、そのまま投げ捨て。この子、最後まで何だったのかよくわからない。

和馬の再登場にしても、今さら必要ですか?

毎回話題になりそうなネタを振りまいて、思わせぶりなシーンで期待させるだけさせておいて、フタを開けてみたら何の工夫もない。ウンザリ。

次回は最終回ですが、もはや主人公の行く末にも物語の結末にも興味ないです。

旺太郎が死んだ世界を描く、スピンオフ連続ドラマ「トドメのパラレル」は、Huluで配信中。ゾクッとする人間模様と、本編の鍵を握る“新たな謎”が描かれます。

ほかの記事を読む?

「トドメの接吻」 トドメの接吻最終回|春海の正体は?完結編はHuluなの? 「トドメの接吻」 トドメの接吻第8話|ラストシーンに仕掛けあり