「トレース-科捜研の男-」第1話|原作は面白いのに

ドラマ「トレース―科捜研の男―」

どうも、夏蜜柑です。
フジ月9「トレース-科捜研の男-」が始まりました。

月9なのにめっちゃ陰惨ですね。

原作も事件の描写は陰惨でホラーな雰囲気なんですけど、ヒタヒタと静かに進むところに冷たい緊張感があって、専門用語で埋まったページを読むたびに「さすが元科捜研の研究員が描いてるだけあるなぁ」と感心させられたのですが……。

ドラマにはそういう緻密さやリアリティがなかったなぁ。
まるっきりフツーの刑事ドラマでした。

夏蜜柑

余計な演出をなくせば面白いのに。

ふぐ丸

このままだと船越さんが主人公になっちゃうよ。

第1話のあらすじ

  • 大学院で遺伝子の研究をしていた沢口ノンナ(新木優子)は、大学OGの海塚律子(小雪)に誘われて科捜研に入所する。 ノンナは真野礼二(錦戸亮)と共に日原川に向かい、そこでバラバラに切断された女性の遺体を発見。先日イベント会場で発見された左手は、彼女のものだと判明する。
  • 遺体は五十嵐千鶴(森口瑤子)と著名な教育評論家・五十嵐康信(吹越満)の娘・美加(菅野莉央)と判明。遺体には日常的に暴力を受けていたことを示す痕跡があったことから、ベテラン刑事の虎丸良平(船越英一郎)は美加の婚約者・越智俊介によるDVを疑う。
  • 殺される直前、美加はホテルに母親・千鶴を呼び出し、自分だけ自宅に戻って父親に会っていた。虎丸は父親の康信が千鶴と美加に暴力をふるっており、美加を殺したのも康信だと決めつけ真野と対立。ノンナひとりを同行させて家宅捜索を行う。
  • しかし自宅から血液反応は現れない。真野の検証によって千鶴と美加のやけどの跡が一致することを知ったノンナは、思わず感情的になり千鶴に「本当のことを話してください」と詰め寄ってしまう。後日、千鶴は隠し持っていた血の付いた灰皿を警察に提出する。
  • 灰皿に付着した血は美加のものだったが、康信は殺人を否定。真野は玄関の外の廊下を検査したいと言い出す。検査の結果、隣室の前の廊下に血液反応が現れる。美加を殺したのは隣の部屋の住人・飛田慎吾だった。
  • 飛田は父親から虐待を受けて育ち、自分と同じ境遇の美加に共鳴。飛田に監禁された美加は隙を見て逃げだそうとして飛田に殺されたのだった。遺棄現場に残されていたプリムラの花は、飛田が美加のために美加の好きな花を手向けたものだった。
  • 真野とノンナは千鶴に会いに行き、美加のやけどは千鶴を守ろうとして負ったものだと聞かされる。「あの子は何のために生まれてきたのか」と涙を流す千鶴に、真野は「お母さんを地獄から救い出すために生まれてきたんじゃないでしょうか」と話す。

第1話の感想

「原作は面白いのに……」という感想になってしまいますね。

この作品を地上波でしかも月9でドラマ化するという時点で、かなりの改変があるだろうとは思ったけど、登場人物の造形と立ち位置はもうちょっと原作寄りでもよかったんじゃないかと思います。

科学を武器にする男と昔気質の熱血刑事を対立させるとか、私何もできません新人女子が現場でオロオロするとか、もうそういうの見飽きてるんですよ。古いんです。

見たいのはこんなわかりやすい敵対関係や師弟関係ではなくて、もっと複雑な人間関係。
あるいはベタベタしない適度な信頼関係(←原作はこちら)

原作に出てくる胸を突くように痛いセリフも、ドラマではまろやかになって全然刺さらない。真野が淡々と語るセリフはこの物語の見せ場なのですが。

今回の話、原作では美加にDVを行っていたのは恋人の越智俊介で、美加の両親は登場しません。どうしてドラマは何かにつけて家族愛に持っていこうとするんだろう。

犯人の飛田は、独身者です。
俊介のアパートの隣人というならわかるけど、美加の両親が暮らす高そうな家族向けマンションの隣人という設定には、無理がありませんか。

力わざで泣かせようとするもんだから、最後の真野のセリフもおかしなことになっちゃって。とても真野が言ったとは思えない陳腐なセリフでした。

さらに虎丸の存在が、この物語の雰囲気をぶち壊してます。

夏蜜柑

船越さんは、なんであんな大げさな演技になっちゃったの。

ふぐ丸

もっと自然に喋ればいいのに。

虎丸が怒鳴ってばかりなのは脚本上しかたないにしても(原作の虎丸は冷静で優しい人です)、普通のセリフまで力入りまくりで不自然きわまりないです。ほとんど船越劇場と化していました。

主人公の真野には人に言えない秘密があって、それは虎丸と関わることでもある。
おそらく今後、虎丸は徐々に真野が抱える闇に迫っていくことになると思われます。

だけど、第1話はやはり科捜研の緻密な仕事をリアルに描いて、科捜研と主人公の魅力を伝える内容にしてほしかった。今のところ、真野はフツーの男にしか見えないんだもの。

ただでさえ刑事ドラマ飽和状態なのに、目新しさがどこにもないのが見ていて辛いです。

このドラマは、FODプレミアムで視聴可能です。

ほかの記事を読む?

ドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」面白かった!違和感のない日本版「ああ無情」 スキャンダル専門弁護士 QUEEN スキャンダル専門弁護士 QUEEN|登場人物(キャスト)・あらすじ