「TWO WEEKS」第1話|日本版も面白い!濡れ衣を着せられた男の逃亡劇

日本版「TWO WEEKS」

「TWO WEEKS」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
フジ火曜9時「TWO WEEKS」が始まりました。

うわあぁ~面白い~。
ストーリー知っててもドキドキした!

思ってた以上に三浦さんがハマっててヤバイですね。
柄シャツ、怖いくらい似合ってましたよ。

元が韓国ドラマなのでちょいちょい違和感はあるものの、許容範囲。
っていうか展開の速さとストーリーの面白さで、どうでもよくなります。

そして私が待ち望んでいた、一話完結ではないドラマ!!
久しぶりに「早く続きが見たくてウズウズする」作品になりそうです。

第1話のあらすじ

  • 人生に希望が持てず、毎日投げやりに過ごしていた結城大地(三浦春馬)。ある日、結城の前に8年前に別れた恋人・青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。すみれは8年前に結城が堕胎を迫った子供を内緒で出産しており、その8歳になる娘・はな(稲垣来泉)は白血病を患い、ドナーが見つからないと言う。
  • 突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、結城は病院で血液検査を受けることを承諾。病院ですみれの目を盗んではなと会い、父親としてはなにいとおしさを覚える。検査の結果、結城はドナーに適合。再び自分が生きる意味を見いだす。
  • 一方、検事の月島楓(芳根京子)は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕・柴崎要(高嶋政伸)を独自に捜査していた。旧知の仲である国会議員・久我早穂子(黒木瞳)も楓を支える。
  • 結城ははなの担当医・小池夏美(原沙知絵)から、2週間後の移植手術まで怪我をしないこと、健康を保つことを約束させられる。病院を出た結城は、自身が店長を務める質店の店員・ホンダ(玉置玲央)から倉庫の棚卸しを頼まれるが、倉庫で何者かに襲われ気を失う。
  • 結城が目覚めると見知らぬ部屋にいて、目の前で柴崎のお気に入りだったホステス・柏木愛(立花恵理)が死んでいた。結城の手には血の付いた包丁が握られており、結城は駆けつけた警官に逮捕される。
  • 無実を主張するも、警察官たちは殺人の前科のある結城を犯人だと決めてかかる。事件を担当する刑事の中には、すみれの婚約者・有馬海忠(三浦貴大)もいた。このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、移送中の交通事故に乗じて逃走をはかる。

第1話の感想

原作の韓国版を見たのが結構前なので、ストーリーの細かい部分は記憶が薄らいでいましたが……見ているうちにだんだん思い出してきました。

端折っている部分はありますが、ほぼ原作どおり。
月島検事と有馬刑事のキャラクターは、少し柔らかめに雰囲気を変えてますかね。

夏蜜柑
韓国版の有馬刑事はムキムキの武闘派だった。

主人公の結城は、一見チャラチャラして軽薄そうに見えるけど、本当は真面目で優しい人。そういうところも、三浦春馬さんが絶妙に演じてくれていました。

〝枕営業〟で一夜を共にした年上女性に、そっとお布団を掛けてあげるところとか。
愛から「絶対に売らないで」と言われたデジカメを店に置かず、持ち帰るところとか。

ネタバレになるので詳しくは言えないんですが、これから結城の人柄がわかるエピソードが次々と出てくるので、今回の結城を見て「妊娠させて捨てるなんて、酷いヤツ!」と思った人も、どうか……どうか最後まで見てくださいませ。

韓国版の子役の女の子もめちゃくちゃよかったんだけど、日本版の稲垣来泉ちゃんも上手いねぇ。

はなは可愛いだけじゃなくて、とっても賢い子です。
これから結城もすみれも辛い目に遭うんだけど、はなに救われる場面が多いのよ……。

特に、結城とはながふれあうシーンには、毎回ほっこり&号泣させられます。必見です。

高嶋政伸さん演じる柴崎が悪役であることは、言わずもがなですね。
8年前の事件と、今回の事件がどう繋がるのかもポイントです。

移植手術の日まで2週間。
結城は担当医と「怪我をしない」「健康な体を保つ」ことを約束しました。

この約束、めっっちゃハラハラしますから!!

そんなのも含めて、最後まで楽しみたいと思います~。

※韓国版とチェインストーリーはGYAO!で配信中

「TWO WEEKS」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

日本版「TWO WEEKS」 「TWO WEEKS」第2話|愛を殺した犯人は柴崎!大地を狙う謎の男は? 「ボイス 110緊急指令室」 「ボイス 110緊急指令室」第1話|面白いけどハラハラしすぎて心臓に悪い