「TWO WEEKS」第2話|愛を殺した犯人は柴崎!大地を狙う謎の男は?

日本版「TWO WEEKS」

「TWO WEEKS」の記事一覧を見る

夏蜜柑
どうも、夏蜜柑です。
フジ火曜9時「TWO WEEKS」第2話。

今回も面白かったです!
面白いドラマは1時間があっという間に過ぎるわ~。

主人公には相変わらずハラハラさせられるけど、これはまだ序の口なのよね…。

第2話は、8月20日と21日の2日間。
移植手術まで12日。

柏木愛が殺された経緯が明らかになり、磯村勇斗さん演じる謎の男が登場。

第2話のあらすじ

  • 護送車から脱走した結城大地(三浦春馬)は、検問をかいくぐって逃亡。有馬(三浦貴大)ら警察に追われる中、8年前のことを思い出す。すみれ(比嘉愛未)から妊娠を告げられた直後、大地は柴崎(高嶋政伸)に脅されて身代わりとなり、殺人未遂の罪を被って服役したのだった。
  • 検事の月島楓(芳根京子)は、殺された柏木愛(立花恵理)がデジカメに柴崎の〝ヤバイ証拠〟を残しているのではと気づき、デジカメを探すが見つからない。そのデジカメを大地から借りたサトル(森永悠希)は、警察から大地が殺人事件を起こし逃亡中だと聞いて驚く。
  • 柴崎は月島がデジカメを探していることを知り、久留和(池田鉄洋)と間宮(久保田悠来)にデジカメを取り戻すよう指示。柴崎は愛が自分の弱みを握っていることや、大地に惹かれていることを知り、愛を殺したのだった。さらに、柴崎は大地も殺すよう命じる。
  • 楓は久我早穂子(黒木瞳)の口利きで大地の事件の担当検事に抜てきされ、有馬ら警察と共に、山中に逃げ込んだ大地を追って捜索に加わる。だが捜索中に突然爆発が起こり、警察官が負傷。大地の前に謎の男(磯村勇斗)が現れ誘導する。追ってから逃れた大地だったが、男はナイフを取り出し、突然大地に襲いかかる。

第2話の感想

今のところいちばん楽しみにしているドラマ。
結末を知っていても、何度見ても面白い。

今回、愛を殺した犯人が柴崎であることが明らかになりました。

柴崎は8年前にも大地に罪を着せて服役させています。
ただし、前回は大地も納得のうえで、身代わりになることを了承しました。

というか、言うとおりにしないとすみれを殺すって脅されたんですけどね。

で、その8年前の事件の被害者遺族が、楓です。
ただし楓は犯人を見ているので、大地が嘘をついていることを知っています。

夏蜜柑
法廷で「この人じゃない」って叫んでました。

8年前、いったい何があったのか?
そのへんも、今後徐々に明らかになっていくと思われます。

登場人物がバラバラに動いていますが、もちろんすべて繋がっています。
整理するとこんな感じ。

  • 娘の移植手術のために、逃げて逃げて逃げまくる大地
  • 娘のドナー(大地)が見つかり、2週間後の手術を待つすみれ
  • ドナーが父親(大地)だと薄々気づき、再会できる日を待ち焦がれるはな
  • 婚約者の娘のドナーである大地を追う刑事・有馬
  • 愛が死ぬ前に撮った「柴崎のヤバイ証拠」が映ったデジカメを探す楓
  • 愛を殺した罪を大地になすりつけ、証拠隠滅を図ろうとする柴崎
  • 小児医療の政策に取り組んでいる政治家・久我

スリル満点の逃亡シーンも楽しいですが、人間模様も見どころ満載です。

はなの幻がちょくちょく出現するというファンタジーな部分、韓国ドラマではよくあるのであまり違和感なかったんだけど、日本版は一瞬「うぬっ」ってなりました。ま、たぶんそのうち慣れると思います(かわいいのでね)。

磯村勇斗さん演じる謎の男・灰谷は、冷酷な殺し屋です。
めっちゃ厄介な男ですが、いろいろあって、最後まで楽しませてくれる存在。期待しかない。

ふぐ丸
次回は倍賞美津子さんが登場。

※韓国版とチェインストーリーはGYAO!で配信中

「TWO WEEKS」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

日本版「TWO WEEKS」 「TWO WEEKS」第3話|殺されたサトル…デジカメの行方は?原作と違う主人公が逃げる理由 日本版「TWO WEEKS」 「TWO WEEKS」第1話|日本版も面白い!濡れ衣を着せられた男の逃亡劇