「ユニバーサル広告社」第1話&第2話|沢村一樹の穏やかな声

「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」

「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」

どうも、夏蜜柑です。
「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」第1話と第2話。

見る予定なかったんだけど、初回見たら沢村さんの演技がよくて、続きが見たくなった。ほかの出演者も好きな人ばかり。
あ、ちなみに「ひよっこ」は見てません^^;

原作は直木賞作家の荻原浩さん。
広告マンだった頃の経験を元に、書かれたお話だそう。

シャッター商店街を舞台に、今後どんな展開が待ち受けるのか楽しみ。

以下、ネタバレ含みますのでご注意を。

第1話・第2話のあらすじ(ネタバレあり)

主人公・杉山利史(沢村一樹)は、8年前まで超大手広告代理店・博王堂広告社にいた。
売れっ子広告マンとして多忙な毎日を送っていた彼だったが、ある仕事を外されたことに腹を立て、勢いで会社を辞めてしまう。

自信過剰な杉山は、すぐに再就職できるものと高をくくっていたが、その考えは甘かった。
博王堂で問題を起こしたことが業界に知れ渡り、どこへ行っても迷惑顔。

さらに、妻からも離婚届けを突きつけられてしまい、杉山は仕事と家族を同時に失うことに。

自信をなくしてヤケ酒を呷っていた彼を拾ってくれたのが、弱小代理店「ユニバーサル広告社」の社長・石井健一郎(三宅裕司)。

しかし、社員は杉山のほか、美人だが無愛想な事務担当の猪熊エリカ(片瀬那奈)と、ロックが大好きなデザイナーの村崎六郎(要潤)だけ。

会社は移転を繰り返し、とうとう港町のさびれた“シャッター商店街”へ辿り着く。

引っ越し当日、杉山は近所の喫茶店「ジュルビアン」の看板娘・さくら(和久井映見)や、「カフェかもめ」の店主でやる気なしの一の瀬始(入江甚儀)、ネットオークションで生計を立てている引きこもりの城田光(やついいちろう)らと知り合う。

彼らの自分を見る目に、違和感を感じる杉山。

さくらは広告会社に異様な興味を持ち、杉山たちの仕事ぶりを見たいと言い出す。そこへ、取引先の鶴亀会館から「今日中にポスターを作り直して欲しい」という緊急の連絡が入る。

クライアントの希望に応えようと奮闘する杉山たちの様子を見て、父・宏(でんでん)に「本物なの、あの人たちは。人を騙したりしない」と泣きながら呟くさくら。

さくらの結婚に対するイメージをヒントに、杉山たちは新しい広告案を完成させる。

翌日、提案された2つの案を見た鶴亀会館・社長鶴田(甲本雅裕)は、「どちらもいい」と決めかね、悩む。

さくらに誘われ、杉山たちは町の人への挨拶も兼ねてお通夜に出席することに。そこには、実家の和菓子屋を継ぎたいと語っていた大学生・嶋田武弘(森下大地)もいた。

武弘の父は、未来のない店を継がせるわけにはいかないと猛反対。武弘自身もまた、何をやってもうまくいかず、とりあえず実家を継ごうと軽く考えていたらしい。

さくらは、かつて自分と父親が、広告マンを名乗る男性に大金を騙し取られたことを語る。それ以来、町の人々は広告というものに懐疑心を抱いていた。

さくらは杉山に「この商店街に本物の魔法をかけて」と言う。

だが杉山は、「広告は魔法なんかじゃない。小さな輝きを大きな輝きに導くのが広告。諦めてしまった人を輝かせることはできない」と、さくらの依頼を断る。

第1話・第2話の感想

1話見て、1話完結のドラマかと思ったんだけど、そうじゃないみたい。
2話は停滞。スローな滑り出しで、逆に期待度が膨らんだ。

どうやら「商店街を復活させる」という大きな目標に向かって進む物語のよう。
弱小広告会社が、やる気のない町の人々とどう絡むのかが楽しみ。

あと鶴亀会館のポスターも素敵だった。
広告ってデザイナーが作るイメージだけど、違うんだよね。
チームで作り上げるもの。
意見を出し合って、試行錯誤して、何度も作り直して、ようやく完成する瞬間がたまらない。

私も昔、広告作りに関わっていたから、懐かしい気持ちが蘇りました。
と同時に、広告を胡散臭く感じる気持ちも、めっちゃわかる。

第1話の冒頭で、沢村一樹さん演じる主人公・杉山がすっごいヤな感じの広告マンだった過去を振り返ってたけど、もしあのキャラだったら絶対見なかった(笑)

そういう過去のイタイ自分を、「本当に嫌な奴ですよね」って振り返る杉山の穏やかな声を聞いた時に、「あ、この主人公好きだ」って思った。
あの声が決め手だったかも^^

三宅裕司さん、要潤さん、片瀬那奈さんの3人が醸し出す空気もいいな。
こういう会社で働きたいわー。

杉山はさくらの依頼を断ったけど、さくらはまだ諦めてないみたい。
これから、どうやって町の人々をやる気にさせるんだろう?

次回は、杉山が前に勤めていた代理店・博王堂を相手にコンペに挑むようです!


ほかの記事を読む?

「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」 「ユニバーサル広告社」第3話|冴えないけど温かい人たち 「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」 「ユニバーサル広告社」第4話|古い写真の美女の正体は?