「ユニバーサル広告社」第4話|古い写真の美女の正体は?

「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」

「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」

どうも、夏蜜柑です。
「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」第4話。

結果的にはうまくいかなかったけど、いい話だった。
ちょっとミステリアスで、童話みたいな雰囲気もよかったです。

以下、ネタバレ含みますのでご注意を。

第4話のあらすじ

杉山(沢村一樹)は元船具屋で古い写真の中から、ひときわ美しい女性を見つける。美女は永山サキ(大空眞弓)、通称「坂の上の姫・サキ様」と呼ばれ、商店街では知らない人がいない伝説の令嬢だった。杉山は気高く美しい笑顔に、思わず一目ぼれするが、生きていても齢80近いおばあちゃん…そんな中、サキがさくら(和久井映見)に連れられて、突然広告社にやって来た!驚く杉山を前に、サキは「私を広告してください」さらに「世界中に知らせてほしい」と頼むのだった。彼女の依頼に秘められた思いとは!?伝説の令嬢が20年ぶりに現れたことで商店街はにわかに活気づいてく…。杉山たち弱小広告社が人々の絆と笑顔のために奮闘する!!番組公式サイトより)

ネタバレ

サキが広告を依頼した理由は、遠い昔に愛した人に、自分が元気で生きていることを知らせるためだった。サキを広告することは商店街を宣伝することにもなる、と考えた杉山たちは、広告に意欲を見せる。

サキの降臨に商店街は盛り上がり、広告制作は順調に進む。そしてついに広告が完成。サキは涙を流して感謝の言葉を口にするが、「もう必要なくなった」と語る。サキが伝えたかった相手は、昨日亡くなっていた。

杉山は「この町のために、世に出すわけにはいきませんか」と頼むが、サキは断り、坂の上の屋敷に帰っていく。

ガッカリした空気が漂う中、サキの執事・只野が現れ、さくらと猪熊(片瀬那奈)を屋敷に招待し女子会をしたい、というサキの言葉を伝える。浮かれながら出掛けるふたり。

第4話ゲスト

永山サキ……大空眞弓
只野……佐渡稔

若い頃のサキを演じたのは?

ドラマの冒頭、白黒写真に写っていた若い頃のサキさんを演じたのは、モデルの長谷川沙遊さんです。
とーってもキレイでしたねー。杉山がひと目ぼれするのも頷けます^^

第4話の感想

冒頭に古い写真が出てきたところから、ぐいぐい引きこまれた。
浮き世離れした感じで始まって、「あれ、今回はちょっと違う雰囲気?」と思ったんだけど、最後はこのドラマらしい着地点でした。

坂の上に住む伝説のご令嬢が商店街に降りてきて、町を賑わして帰って行くっていう、ほんと、それだけの話なんだけどね^^;
見終わったら、やっぱり優しい気持ちになれました。
なんということはないエピソードなのに、1時間飽きることなく楽しめた。
というか、あっという間の1時間だったな。

ご令嬢のサキさんが愛した人、どんな人だったのかな。
明かせば歴史が変わってしまうような人。
死んだら新聞の一面に載ってしまうような人。
下界に住む私たちには、縁のない御仁みたい^^;

最後まで謎のままで終わったのもよかったね。
いろいろ想像できるし、この回はファンタジーを貫いて正解。
サキさんの伝説の数々も、本当か嘘かわからない、ちょうどいい感じだった。

こういう現実離れしたエピソードって、少し間違えると白けちゃうんだけど、そんなことは全然なく面白かったです。
ロケ地になっている三崎の雰囲気が、すごく合ってた。
窓から差し込む夕日がとても綺麗でした。

結末は少し淋しかったけどねー。
心をこめて作ったものが日の目を見ないのは、作り手としては悲しいことだから。

このドラマのイチオシは沢村さんだけど、みんなが集まってわちゃわちゃする場面も大好き。要さんと片瀬さんの喧嘩も毎回楽しいし、いつも邪魔にされる三宅さんも笑えるし^^
あと、和久井映見さん演じるさくらと、片瀬さん演じる猪熊が仲良くなりそうなのも嬉しい。

広告社のメンバー、少しずつ商店街になじんできましたね。
次回も楽しみです。


ほかの記事を読む?

「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」 「ユニバーサル広告社」第5話|“つまらない”が面白い 「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」 「ユニバーサル広告社」第1話&第2話|沢村一樹の穏やかな声