アンナチュラル第2話|ミコトの過去と六郎の正体

ドラマ「アンナチュラル」

どうも、夏蜜柑です。
「アンナチュラル」第2話。

面白かったねー。そしてすごかった。まさか第2話にして主人公が絶体絶命のピンチに見舞われるとは。

ミコトと六郎を乗せた冷凍車が貯水池に突っこむシーンは、思わず「ええっ!?」って叫んじゃいましたよ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第2話「死にたがりの手紙」あらすじ

  • ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは、集団練炭自殺を図った4人の遺体を解剖する。死んだ4人は自殺サイトで出会った赤の他人だった。
  • 解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒による自殺と断定されるが、1人の少女の死因は“凍死”。胃の中からダイイングメッセージも発見され、ミコトは事件であると確信する。
  • ミコトと六郎(窪田正孝)は、少女が殺害されたと思われる温泉地で不審な冷凍車を発見する。調べているうちに何者かに閉じ込められ、車ごと貯水池に落とされてしまう2人。
  • ミコトは携帯で中堂(井浦新)に助けを求め、間一髪で救出される。犯人は自殺サイトに出入りしていたネカマで、サイトで知り合った2人の少女を監禁。そのうちの1人を凍死させ集団練炭自殺の現場に運んだのだった。
  • 六郎は週刊ジャーナルの編集者・末次(池田鉄洋)と連絡を取り合い、ネタを提供しようとしていた。

第2話の感想

今回も息つく暇のない怒濤の展開で、とても面白かったです。

ただ、めまぐるしすぎて少しメリハリに欠けるというか、もったいないなと思う部分もありました(すっごく些細なことですけどね)。

1話完結でテンポを優先すると、そうなってしまうのもやむをえないのかもしれませんが。

内容がいいドラマなので、わたしとしては、もう少しゆっくりじっくり味わいたいという思いです。

ダイイングメッセージ

もったいないなーと思ったのは、今回の事件の最も大きな謎だったダイイングメッセージの扱いです。

まず、回収があっさりしすぎてました。

冷凍庫の中でミコトがメッセージの意味に気づくところはよかったのですが、もう少し引っ張ってほしかった!

まあ、あの状況では、引っ張りたくても引っ張れないですけどね。

でもミステリファンとしては、ここがいちばん盛り上がるところで、いちばんドキドキするところで、いちばん期待してるところなんですよね(しつこい)。

そしてもうひとつは、ダイイングメッセージの背景。

ミケは、自分の死を覚悟しながら、花を助けるために最後の力を振り絞って必死にダイイングメッセージを残したことになっています。

でも、ミケと花の関係は、ネットで知り合った友達ということしか語られません。

2人の関係性がもう少し深く描かれていれば、このダイイングメッセージの意味や、白夜のくだりがさらに強く胸に迫るのですが、ちょっと中途半端な感じがしました。

テンポも大事ですが、最大の見せ場だけはじっくり見せて欲しい。
このドラマにお願いしたいことはそれだけです。

ミコトの過去

ミコトは、浦和市の一家四人無理心中事件の生き残りでした。
でも、UDIラボのメンバーは、六郎以外、誰もそのことを知らないみたいですね。

自分の事件を論文にして、練炭のエキスパートになってしまうあたりに、尋常じゃない執着を感じます。

今回明らかになったことは、

  • ミコトの両親は、雨宮総合病院の院長夫妻だった
  • ミコトは母親に頼まれて練炭の準備を手伝った
  • 睡眠薬を飲むよう言われたが飲めなかった
  • そのせいでひとりだけ別の部屋に行き、生き残ってしまった
  • その後、父親の妹夫婦に養子として引き取られた

これだけでした。

この事件はまだまだ何か裏がありそうなので、今後の展開の中で徐々に明らかになっていくのではないかと思われます。

六郎はスパイだった

何か怪しいとは思ってましたが、六郎は週刊ジャーナルの末次がUDIラボの内部事情を探るために送り込んだスパイでした。

嫌な予感しかないですね(-_-;)
できれば六郎には、マスコミの手先にはなってほしくないのですが。

最近、どのドラマを見ても「マスゴミ」が登場します。

正直マスコミの裏事情なんて知りたくもないし、たとえドラマでもそういう輩を目にするだけでうんざりなのですが、現実に存在し社会問題化している以上、無視するわけにもいかないんでしょうね。

あまり非人道的なことにならなければいいけど、北村有起哉さんがなぁ……やらかしそう。


ほかの記事を読む?

ドラマ「アンナチュラル」 アンナチュラル第7話|ソア橋のトリックとは? ドラマ「アンナチュラル」 アンナチュラル第8話|文詠館とピンクのカバ