「噂の女」第2話|なぜ女たちは主人公に憧れるのか?

足立梨花主演ドラマ「噂の女」

どうも、夏蜜柑です。
「噂の女」第2話。

うーん。このドラマはこういう感じで進んでいくのかな。物語としては面白いけど、不愉快なシーンも多くてモヤモヤするなぁ。足立梨花さん演じる糸井美幸があくまで“噂の女”なのも、スッキリせず。どっちかに振り切ってくれたら楽しめるのに。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第2話のあらすじ

  • カルチャーセンターの料理教室に通う岡本小百合(南沢奈央)らは、毎回用意される食材が古いことに不満を抱く。講師の白川真弓(山下裕子)は、妹の夫が経営するスーパーからゴミ同然の食材を教室に流しているらしい、との噂が出回り、生徒の一人である糸井美幸(足立梨花)が白川の不正を暴こうと声を上げる。
  • 小百合は、市役所に勤める婚約者・吉本拓実(郭智博)と一緒にいるところを同じ班の広瀬(伊藤久美子)に見られ、市営住宅に入居できるよう10万円で口利きをしてほしいと頼まれる。拓実の話では、職員による不正は常習化しており、自分も金をもらって口利きをしたことがあるという。
  • 美幸は、白川が教室とスーパーとの間に入り、利益を横取りしていたことを認めさせる。その後、美幸が教室と白川を脅して金を巻き上げたという噂が持ち上がる。

第2話の感想

このドラマのポイントが少しわかってきました。

  1. 地方都市特有の閉鎖的な人間関係、しがらみ、癒着
  2. 愚かで下品でだらしない男たちを手玉に取る主人公
  3. そんな主人公に憧れの目を向ける女性たち

といったところでしょうか。

わたしは田舎で暮らしたことがないので、(1)に関しては「そういうもんなのかぁ、ふーん」という感想。(2)に関しても共感できる部分はほとんどないですね。いけ好かない男を食い物にする、という考え方がまずないわ(食い物にできるバディもないけど)

なので、(3)が全く理解できないんですよね~。

どうやらドラマ制作側は、美幸を正義の味方にして、同性から羨望のまなざしを集めるように描こうとしてるみたいだけど、わたしは美幸のどこにも「正義の味方」を見いだせないし、憧れる気持ちにもなれないなぁ。

今回は、美幸が料理教室の講師の不正を暴いて、教室の生徒たち(みんな花嫁修業らしい)から崇拝されるのですが、なんともいえないモヤモヤが残りました。

最初、美幸のことをどこか冷めた目で見ていた小百合や、美幸に対していい感情を持ってなかった短大時代の同級生も、最後はすっかり美幸のとりこに。なぜだ?

「教室と先生を脅して金をぶんどったらしい!」
「60歳のおじいさんと遺産目当てで結婚するらしい!」

という噂話をして、キャッキャ喜んでいる女性たち。
わからん……( ̄ー ̄;)

ゲスな好奇心ならわかるけど、美幸に憧れる気持ちがサッパリわからんよ。

しかし今回最もインパクトが強かったのは、広瀬さんという料理教室仲間の女性。

嫌なことを嫌とハッキリ言えない小百合が、広瀬からしつこく市営住宅の口利きを頼まれるシーンは、不愉快極まりなかったわ~。

これは狙いだと思うけど、あの甲高い声とブリッコな口調とベタベタ擦り寄ってくる感じ、本当にムカムカした。人に嫌なことを頼んでおいてちっとも悪気がないところとか、自分の都合だけはしっかり主張するところとか。

この女性を演じたのは伊藤久美子さんですが、ホント上手かったですねー。

あまりのネチっこさに「なぜキッパリ断らないんだ小百合っ!」って何度心の中で叫んだことか。たぶんこれが「田舎特有の人間関係」ってことなんでしょうね。

だんだん美幸の正体が明らかになっていくと思われるので、しばらく我慢して見続けようと思います。
早くサスペンス展開になってくれるといいんだけどなぁ。

もしかしたら、このどうしようもない行き詰まり感も、狙いかもしれませんね。

見逃し配信は…
ネットもテレ東にて、最新話のみ期間限定無料配信されています。

ほかの記事を読む?

足立梨花主演ドラマ「噂の女」 「噂の女」第4話|子供の父親は誰でしょう? 足立梨花主演ドラマ「噂の女」 足立梨花主演「噂の女」キャスト・あらすじ・原作・主題歌