わたし、定時で帰ります。第2話|賤ヶ岳さんの事情と破談の理由

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」

「わたし、定時で帰ります。」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
TBS火曜10時「わたし、定時で帰ります。」第2話。

今回も面白かったです。

今回は双子を出産して職場復帰した賤ヶ岳さんの話。
育休を取った夫に育児を任せて、残業も厭わずガツガツ働くはりきりママ。

笑顔の裏には、誰にも言えない焦りと葛藤があったようで……。

第2話のあらすじとキャスト

第2話のあらすじ

  • 結衣(吉高由里子)の先輩、賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。賤ケ岳は結衣の新人時代の教育係で、双子を出産し育休をとっていた。残業も厭わないと張り切る賤ケ岳に、結衣は戸惑いを隠せない。
  • 三谷(シシド・カフカ)がメインで作成した大手飲料メーカーのPR案件がコンペで勝利する。福永(ユースケ・サンタマリア)は「クライアントの希望だから」という理由で賤ケ岳をディレクターに指名する。
  • 結衣は「わたしが任された案件だから」と制作メンバーの意見も聞かず、自分のアイデアだけで強引にサイト制作を進めていく。ところがサイト公開直前にクライアントから海外サイトとの類似点を指摘され、作りなおすことに。
  • 事前に気づいていたにも関わらず「問題ない」と判断した賤ヶ岳は、自分の責任だとチームのメンバーに謝罪するが、社員たちはウンザリした様子を見せる。
  • 睡眠不足で寝坊してしまった賤ヶ岳のもとに、夫・陽介(坪倉由幸)から子供が熱を出したという連絡が入る。心配で仕事が手に着かない賤ヶ岳。結衣は賤ヶ岳に定時で帰ることを進めるが、賤ヶ岳は「今私が帰ったら、やっぱり子持ちはって言われる」と言う。
  • 結衣は賤ヶ岳を帰宅させるため、社員たちに机の下に隠れるよう協力を頼む。フロアから社員の姿が消え、みんなもう帰ったと告げる結衣。賤ヶ岳は結衣の嘘に気づきながらも帰宅する。
  • 恋人の諏訪(中丸雄一)からプロポーズされた結衣は、諏訪の両親と会うことに。だが当日、晃太郎(向井理)から連絡が入り、CM撮影中のネガティブな会話が映った動画が拡散されていることを知らされる。

第2話のキャスト

東山結衣……吉高由里子
種田晃太郎……向井理
福永清次……ユースケ・サンタマリア
諏訪巧……中丸雄一
三谷佳菜子……シシド・カフカ
賤ヶ岳八重……内田有紀
吾妻徹……柄本時生
則本真希……佐々木史帆
児玉剛……加治将樹
来栖泰斗……泉澤祐希
愁……桜田通
王丹……江口のりこ
戸塚学……梶原善
篠原友之……酒井敏也
賤ヶ岳陽介……坪倉由幸

第2話の感想

わたしは子供を産んだことがないので、働くママの苦労はわかりません。
想像することしかできません。

でも「ここで帰ったら負けなの!」という賤ヶ岳さんの言葉には、思わず「違うよ!」と心の中で叫んでしまいました。

「東山が思ってるほど、時代は進んでないから。今私が帰ったら、やっぱり子持ちはって言われるの。ここで帰ったら負けなの!」

「先輩は何と戦ってるんですか?」

定時で帰ること=負け、という認識がそもそもおかしい。
もちろん、賤ヶ岳さんにそう言わせる空気を当然のように作っている会社や社会に問題がある。

そしてわたし自身も若い頃は「やっぱり子持ちは」って心の中で思っていた人間だから、偉そうなことは言えない。

わたしの認識が変わったのは、若いママたちがパート勤務するチームに配属されたときから。仕事を抱え込んでテンパっていた時、ずいぶん助けてもらいました。

一生懸命働きながら子育てをする彼女たちの姿を見ていたら、自然と応援したいと思うようになったんですよね。

前回のメインだった三谷さんが相変わらず三谷節を炸裂させていて、可笑しかったです。

こういう「ちょっと変わった人」を「嫌な人」や「特別な人」扱いするのではなく、登場人物のひとりとしてごく普通にフラットに描いてほしい……というのがわたしの願いなのですが、今回の三谷さんの描き方は理想的だったなぁ。

前回で問題解決して、人格がガラッと変わってたらガッカリしていたところ。
今回の賤ヶ岳さんも、彼女らしさを維持したまま次回以降もパワフルに登場してくれるとうれしい。

それにしてもユースケ・サンタマリアさんが不気味です。
向井理さん演じる晃太郎と彼の関係も、よくわからない……。

かつて結衣との結婚を前にして、結婚よりも仕事が大事だと言い放った晃太郎。

婚約が破談になったのは、それが原因ですかね。
しかし、またもや仕事に結婚を邪魔されそうな結衣。

新人の来栖くんが投稿したらしい動画、どうなるんでしょう。

このドラマは、Paraviで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はParaviサイトにてご確認ください

「わたし、定時で帰ります。」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」 わたし、定時で帰ります。第3話|存在価値に悩む来栖くんと初心者の声 ドラマ「わたし、定時で帰ります。」 わたし、定時で帰ります。第1話|主人公が定時で帰る理由と三谷さんの事情