ダブル・ファンタジー第2話|夫と母親の支配から抜け出せるか

連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「ダブル・ファンタジー」第2話。

うわぁ~すっごい面白くなってきた。一見なんの問題もなさそうな高遠家の豊かな生活の裏側が、徐々に見えてきました。奈津が「私には母親が2人いる」と言った意味、よーくわかりました。

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第2話「昔の男」のあらすじ

  • 奈津(水川あさみ)は、演出家・志澤一狼太(村上弘明)との関係に溺れていくが、福岡公演で多忙を極める志澤と会えない日々が続く。
  • 夫・省吾(眞島秀和)からの支配と身勝手な言動に耐えかねた奈津は、家を出ることを決意。東京に部屋を借りて暮らし始める。奈津は志澤に会いたい気持ちを抑えきれず、しつこくメールをして志澤に鬱陶しがられてしまう。
  • 奈津は横浜で開催される映画祭のゲストに招かれ、そこで新聞記者となっていた大学時代の先輩・岩井良介(田中圭)と再会する。かつて短い恋愛関係にあった2人は、衝動的に一夜を共にする。

第2話の感想

ずっと緊張感が漂っているので、一瞬も目が離せないですね。
どのシーンも見応えたっぷりで、怖いけど面白いです。

今回は、何と言っても夫・省吾の豹変ぶりが衝撃的でした。

第1話では、文句の付け所がない妻思いの優しい夫のように思われましたが、実はそうではなかった。彼は奈津の主張に耳を傾けず、彼女の望みを笑い飛ばして否定し、仕事も生活も支配するモラハラ夫でした。

自分の努力が評価されなかったり、他人が思いどおりにならないと、キレるタイプ。

省吾がゴミ出しのルールを破って、近所の人に指摘されて逆ギレして怒鳴りまくるシーンが秀逸でした。その直後に奈津が「もうあなたとはやっていけない」って言った時、「うんうん、そうだね。これは無理だね」って思ったもんなぁ。

奈津の母親・紀代子の言動もさらにエスカレート。

不妊治療をごり押ししたり、きれいになった奈津を見て「気持ち悪い。色気づいて」って言ったり、奈津の書いたドラマを「恥ずかしい」って言ったり、理解できないような顔をして「あんたって昔からそうだった」って言ったり……。

ああ~、わかる!
言い返したいけど言い返せない奈津の気持ちが、めっっっちゃわかる!

この多岐川裕美さんの言い方が絶妙で、いかにも「あんたのこと思って言ってるのよ」って感じがびしびし伝わってくるんですよね。たぶんこれ見て「うちの母にそっくり」って思う人、多いんじゃないだろうか。

これは逃げたくなるよなぁ。
っていうか、逃げた方がいいと思うわ。

省吾を捨てて、東京でひとり暮らしを始めた奈津。
自分の好きな家具を買って、好きなように部屋をレイアウトして(この部屋すごくイイ感じ)

楽しそうだけど、何かが足りなそうでもあって。

しつこく志澤先生にメールを送った挙げ句、鬱陶しがられてしまう。
で、そんな時に現れたのが、田中圭さん演じる大学時代の先輩、岩井。

奈津と岩井は、当時少しだけ恋愛関係にあったようですね。
最初は手探りだった2人ですが、あっという間に距離を縮めていく。

奈津は「友情のエッチ」と言っていたけれど、それだけでは済まなさそう。
志澤先生ともまだ終わったわけじゃなさそうだし、省吾や母親との関係も泥沼化しそう。

水川あさみさんが綺麗なのはもちろんなのですが、それだけじゃなく、奈津の繊細で危うげな部分をセリフ以外の部分で表現されているのがとてもいいです。不安と好奇心を搔き立てられて、ずっと見ていたくなります。

物語ががぜん面白くなってきたので、次回も楽しみです。
まだ登場していない人もたくさんいるしなぁ。

奈津はどこへ向かうんだろう。

created by Rinker
¥5,171 (2018/10/23 20:39:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥626 (2018/10/23 20:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

キャスト

高遠奈津……水川あさみ
高遠省吾……眞島秀和
岩井良介……田中圭
志澤一狼太……村上弘明
森山紀代子……多岐川裕美
岡島杏子……篠原ゆき子
矢野健治……おかやまはじめ
近藤純一……池田良


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」 ダブル・ファンタジー最終回|自由であるということ 連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」 ダブル・ファンタジー第1話|ミステリアスな大人の恋愛物語