グッド・ドクター3 名医の条件第10話|父親との再会は予想外な展開に…

海外ドラマ「グッド・ドクター3 名医の条件」あらすじキャスト

「グッド・ドクター」記事一覧

海外ドラマ「グッド・ドクター」シーズン3第10話のあらすじと感想です。

久々に登場したショーンの両親。
シーズン1での印象が悪すぎて、どんな謝罪の言葉も浮遊してしまう…。

グラスマン先生の言うこともわかるけど、みんな同じじゃないんだよ。

グッド・ドクター関連記事

第10話「帰郷」のあらすじ

父イーサンが膵臓がんで余命数日とわかり、ショーンは会いにいくことを決める。グラスマンは、ショーンが恋人カーリーではなくリアを同行させることに懸念を抱く。

ショーンはグラスマンとリアを伴い故郷ワイオミングを訪れるが、家の前で母親を見た途端、パニックを起こしてモーテルに引き返す。翌日、弟スティーヴの墓参りをしたショーンは気持ちを固め、再び実家を訪れ病床の父親を見舞う。

イーサンはショーンに謝罪し、自閉症の息子とうまく付き合えず自己嫌悪に陥っていたことを告白する。立派に成長したショーンを誇りに思い、愛していると伝えるイーサン。

だがショーンは酒に酔って暴れた父がウサギを殺したことを責め、弟スティーヴが死んだのも父のせいにして「あなたが死んでも構わない」と怒りをぶつけて立ち去る。

父親に同情するグラスマンはもう一度話し合うべきだとショーンを説得するが、リアは「酷いことをした親を許す必要はない」と言う。

翌朝、母マーシーが現れ、若くて愚かな親だったとショーンに謝る。父が優しかった頃の記憶を思い出したショーンは、もう一度父に会いに行くことを決める。

イーサンに「あなたを許す」と伝えるショーン。だがモルヒネで意識が朦朧とするイーサンは、「スティーヴが死んだのは俺のせいじゃない。おまえのせいだ。とっとと出てけ」とショーンに罵声を浴びせる。

ショーンたちがモーテルに帰ると、マーシーから30分前に亡くなったという電話が入る。取り乱したショーンは自分を激しく殴打し、リアに抱き締められながら号泣する。

クレアはゆきずりの恋愛をやめ、ジムに通い始める。クレアとメレンデスは有名なプロフットボール選手アート・ケルマンが脊椎骨折する現場に居合わせ、アートの治療を担当することに。

だがアートはフットボールを嫌っており、わざと怪我をしようとして無茶なトレーニングをしていたことがわかる。クレアは引退を勧めるが、母親の期待を裏切れないというアート。クレアは自らの経験を語り、アートは母親に本当の気持ちを打ち明ける。

ひとりで問題を解決できないと判断したクレアは、セラピーを受けることを決意する。

登場人物はこちら

海外ドラマ「グッド・ドクター3 名医の条件」あらすじキャストグッド・ドクター3 名医の条件|登場人物(キャスト)・全話あらすじ・感想

第10話の感想

旅に同行したのはカーリーじゃなくてリア

余命わずかな父親と会うため、久しぶりにワイオミング州シャイアンの実家に戻るショーン。

この家には、いい思い出がないのよね(スティーヴ以外)。家を見た途端、怖じ気づいて引き返したくなるショーンの気持ちもわかるわ。

旅に同行したのはグラスマン先生とリア。グラスマン先生は「なんでリアなんだ?」と思ったでしょうね~。この事実を知ったらカーリー怒るぞぉ。

ショーンは自分で気付いてないみたいだけど、ここでカーリーではなくリアを選んだということは、そういうことなんだろうね。

イーサンに自分を重ねるグラスマン

病床の父イーサンは、「息子の力になれなくて自分に嫌気がさした」「どんなに頑張っても俺はいつもしくじった」「でもおまえはいい子だった」「誇りに思うよ」「おまえを愛してる」と、シーズン1とは別人のような優しい言葉を連発。嘘でしょ…悪いけど、全然心に入ってこなかったわ。

ショーンもその言葉を受け入れられず、父親の過去の行状を責めて(スティーヴを殺したというのは言い過ぎ)立ち去るのですが、グラスマンはこのままではいけないと必死に説得してもう一度ショーンと父親を会わせようとします。

グラスマン先生は、愛娘マディを亡くしています。ドラッグに溺れていたマディは16歳の時にグラスマンに家を追い出され、自殺したのです(シーズン2第4話)。

そのことをずっと後悔し、今も自分を責めて苦しみ続けているグラスマン。過ちを犯した父親の立場をイーサンに重ね、ショーンが父親を許すことで自らも救われたいという思いが心の隅にあったのかもしれません。

でも、みんな同じではないんですよね。

父親との再会は予想外な展開に…

子供がみんな同じではないように、親もひとりひとり違う。グラスマンやショーンの母親のように、自分の間違いを認めて子供に謝罪できる素直な親ばかりではありません。世の中には、許さなくてもいい親もいる。

ただ、イーサンが最初に語った謝罪や愛してるという言葉も、嘘ではなかったと思うんですよ(思いたい)。たぶんどっちも彼の本音で、これはどうしようもない。

せめて順番が逆だったら、救われたのに。

スティーヴが死んだのはおまえのせいだなんて、ショーンをいちばん傷つける言葉です。自分だけ許されて、最後にあんな酷い言葉を投げつけて死んでしまうなんて(いくらモルヒネの影響でも)、このお父さんは最後まで罪深い。

会わないほうがよかったのかなぁ。結果論だけど。もう両親のことは忘れて、リアが言ってたように今そばにいる人たちを大事にしてほしい。

傷ついたショーンを抱き締めてくれる人がいてよかった。問題はそれがカーリーではなくリアだったこと。これは後を引きそうです。

ほかの記事を読む?