2017春ドラマ【WOWOW編】は、シリアスな社会派ドラマ3本

春ドラマ、今回は【WOWOW編】です。

民放のキラキラした(お金をかけた)ドラマも好きです。
でも、WOWOWの地味だけど良質な、地に足のついたドラマが大好きです。

私はWOWOWのドラマを見始めて1年弱という新参者ですが、ブログを作るくらい、すっかりハマってしまいました。
何より演じている俳優さんたちが、みんな、すごくいいんです。
見終わった後には、思わず拍手を送りたくなるほど。

スポンサーとか視聴率とか、見る側にとってはどうでもいい“大人の事情”をとっぱらって、ただただ真面目に真正面からドラマを作ったら、こんなにいいものができるんだなぁ……と思いながら見ています。

ヒトヤノトゲ~獄の棘~

3月19日(日)夜10時スタート。
窪田正孝が主役の刑務官を演じる、社会派サスペンスです。

原作は、大門剛明の小説『獄の棘』。
賭博やいじめ、癒着などが横行する刑務所内の闇を描いたドラマ。

暴力的なドラマは個人的に苦手なのであまり見ないんですけど、窪田くんが連続ドラマW初主演ってことで、見ることにしました。

<出演者>窪田正孝/小澤征悦/泉谷しげる/池田成志/萩原聖人/野波麻帆/田中要次/モロ師岡 ほか

北斗─ある殺人者の回心─

3月25日(木)夜10時スタート。
中山優馬が20歳の殺人犯を演じるドラマ。

原作は石田衣良の同名小説で、あまりに衝撃的な内容のため映像化は難しいとされていたらしいです。

ずっと前から楽しみにしていて、でもちょっと覚悟して見なきゃなと思ってます。

<出演者>中山優馬/松尾スズキ/村上淳/中村優子/伊藤沙莉/二階堂智/根岸季衣/藤田弓子/嶋田久作/宮本信子 ほか

社長室の冬─巨大新聞社を獲る男─

4月30日(日)夜10時スタート。
三上博史主演の社会派ドラマ。

巨大新聞社の崩壊とメディアの再生を題材にしています。
原作は堂場瞬一の小説『社長室の冬』。

三上さんが演じるのは、メディアと真っ向から向き合う、まるでトランプ大統領のような外資系企業の日本法人社長。

今はメディアの在り方が問われているので、その問題がどんなふうに描かれるのか楽しみです。

<出演者>三上博史 ほか