「沈黙法廷」第3話|“ふたくちコンロ”の哀しさ

連続ドラマW「沈黙法廷」

連続ドラマW「沈黙法廷」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「沈黙法廷」第3話を見ました。

あーー、もどかしい!
何か言いたそうにするのに、言いかけてやめる、を繰り返す美紀。
弁護士の矢田部が「ああっ」ってなるのわかります。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第3話のあらすじ

今度は警視庁に逮捕された美紀。鳥飼の取り調べでも否認を続ける。逮捕の現場に居合わせた弁護士・矢田部は、とっさに彼女の弁護を名乗り出る。テレビ局ディレクターの高井(甲本雅裕)と後輩の立花(藤本泉)は、この連続殺人事件に興味をもち、美紀を徹底的に追い詰めていく。そんな報道を見て、弘志は彼女の本当の姿を知るため、美紀の過去を探り始める。そして、美紀を追う高井たちは、第3の事件の存在を発見し……。(公式サイトより)

第3話のネタバレ

高井と立花は、行方不明になった熊倉典夫の親族にインタビューを行い、美紀が「中川綾子」と名乗って家事代行業をしていたこと、熊倉が美紀に遺産を残していたことを聞き出します。

弘志(市原隼人)は、美紀が以前、看護師として勤務していたことをテレビの報道で知り、病院を訪れます。

病院の関係者は美紀を毒婦のように語りますが、看護師のひとりは、美紀が患者から好かれていたこと、医療過誤の責任を一方的に押しつけられ、自分から看護師免許を返納したことを話します。さらに、美紀はバツイチで、子供を亡くしていました。

弘志は、彼女の本当の姿を伝えようと、テレビ番組の独占インタビューに応じます。しかし、高井の思惑によって、弘志は「美紀の毒牙にかかった男性のひとり」として報じられてしまいます。

第3話の感想

今回も、美紀の表情ひとつひとつから目が離せませんでした。
と言っても、ほとんど変わらないんだけどね。
でも、なんでか引きこまれちゃうんですよね……。

ひとこと彼女が言葉を口にするだけで、ぐっと身を乗り出す杉本哲太さんや田中哲司さんと同じ気持ち。
待っても待っても次の言葉が出てこなくて、「ああっ」ってなるのも、すごいわかる。
こんなにも重い「ふたくちコンロ」を耳にしたのは初めてだ^^;

美紀は、ふたくちコンロがついている部屋に、これまで住んだことがなかったのかもしれない。彼女が背負う貧しさや、弱さや、哀しみが、このたった一言に滲み出ていました。

弘志はちょっと軽率だったなぁ。
美紀を助けたいという気持ちだけで、突っ走ってる感じ。
でも、彼が本気で美紀を信じていることはわかった。

マスコミは、どんな言葉も簡単に色づけしてしまうんですね。
こうやって、どんどん虚像が作られていくんだろうな。

報道を鵜呑みにしないように気をつけているつもりでも、自分自身の心のどこかに「そうあってほしい」という気持ちが少しでもあると、ついそちらに流されてしまう。それも人間の弱いところ。
なるべく、いろいろな方向から物事を見るようにしたいんですけどね……。

今回、警察側でも、少し気になるやりとりがありました。
臼田あさ美さん演じる西村と、金田明夫さん演じる新庄の会話です。

「冤罪で、人生を棒に振る人もいる。そうなってしまった人は、警察に対してどんな思いを抱えて生きているんでしょう?」
「その類の話、伊室の前でするなよ」

ひょっとして伊室は、過去に無実の人間を逮捕してしまったことがあるのでは?
だから美紀の取り調べに対しても、慎重になっているのかも。

伊室や弘志の“直感”が正しいか、大倉孝二さん演じる鳥飼の“刑事の嗅覚”が正しいか。
早く事件の真相が知りたいです。

created by Rinker
¥2,268 (2018/12/13 19:08:34時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?