「沈黙法廷」第4話|美紀が沈黙する理由とは?

連続ドラマW「沈黙法廷」

連続ドラマW「沈黙法廷」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「沈黙法廷」第4話を見ました。

美紀の裁判が始まりました。
弁護士の矢田部がカッコイイです。頑張ってます。
そしてついに、美紀は矢田部に本当のことを打ち明けます。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4話のあらすじ

ついに、美紀は馬場の事件で起訴された。次々と明るみに出る美紀に関わる老人たちの不審死。美紀を守ろうとした弘志の行動も裏目に出てしまい、報道は過熱していく。名声のためと美紀の弁護に名乗り出た矢田部は、何も語らない美紀の真意をいまだにつかめずにいた。そんな中、ついに裁判が始まった。徹底的に攻める検事・奥野(波岡一喜)、証言台に立つ伊室、傍聴へ向かう弘志。裁判で暴かれる美紀の正体とは?(公式サイトより)

第4話のネタバレ

ディレクター・立花(藤本泉)の提案を受け、弘志(市原隼人)は美紀の裁判を傍聴します。

被告人質問を前に、検事・奥野は美紀と馬場(北村総一朗)が箱根へ旅行した時の写真を提出。焦った矢田部(田中哲司)は、美紀にすべてを話すよう促します。

かつて無実の人間を逮捕した過去がある伊室(杉本哲太)は、ひそかに美紀の事件を捜査しなおすことを決めます。

裁判当日、傍聴席に弘志の姿を見た美紀は、突然、黙秘に転じます。

第4話の感想

伊室さん、やはり過去に誤認逮捕していたんですね。
あまり深く掘り下げて描かれてないけど、伊室さん視点のエピソードがもうちょっと欲しかった。原作では詳しく書かれているのかもしれないけど。

ずっと「心を開いてくれない」と拗ねていた矢田部弁護士ですが、ついに。
美紀がホントのことを話してくれました。
恋人でもない馬場さんと、箱根に泊まりがけで出掛けた理由。
それがどういう内容だったのかは、視聴者には明かされませんでしたが……。

でも裁判当日になって、突然、美紀は黙秘しちゃうんですよね。
これ、絶対、弘志が傍聴席に来ているのを見たからですよね?
弘志に聞かれたくない、ってことですよね?

それって、弘志に見せていた顔とは違う、別の顔を知られたくないってこと?

いったいどんな秘密を隠してるんだ、美紀は。
見た目通りの清純な女性じゃないってことかな……。
最初に「後悔するよ」って言ってたしね。

どっちにしても、美紀が弘志に対して特別な感情を持っているということは、明らかになりました。よかったね弘志。愛されてるよ。

あと、馬場の息子と不動産会社の女がどうも怪しくないですか?
このふたり、実はデキてるんじゃないのって思ってるんだけど。
伊室さん、何か決定的な証拠を見つけてくれないかなー。

次回はいよいよ最終回。
やっと、美紀の口から真実が聞けるかな。

created by Rinker
¥2,268 (2018/12/13 19:08:34時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?