犯罪症候群Season2第1話|原作よりもテンポの速い展開!

連続ドラマW 犯罪症候群Season2

(C) 東海テレビ/WOWOW

WOWOWドラマ「犯罪症候群:Season2」第1話が放送されました。

いよいよSeason2が始まりましたね~。原作とは違う環と武藤、鏑木の関係がどうなるのか、3人がどこに向かうのか、とても気になります。
早くも鏑木の正体=職業殺人者だということが明らかになり、Season1以上に過酷な展開になりそうです!

「犯罪症候群:Season2」第1話ネタバレ

所轄の北泉署に左遷された鏑木護(谷原章介)は、ビルの屋上から転落死した少年の遺体の現場検証に立ち合います。死んだ少年は、中学2年のときに担任教師を刺し殺していました。

環(渡部篤郎)は、武藤(玉山鉄二)を呼び出してある資料を渡します。それは、この1年間で起きた「4人の死亡事故記録」でした。

死亡した4人には過去に殺人歴があり、そして、転落死した少年にも殺人歴がありました。この1年間に殺人歴のある未成年者が5人も“事故死”している──一連の出来事には裏があると感じた環は、武藤に捜査協力を要請します。

成徳総合病院の小児科で働く看護師の小島和子(手塚理美)は、仕事を終えるとある大学に向かい、ひとりの青年の後をつけます。そして人気のない道で背後から青年を突き飛ばします。青年がトラックに轢かれるのを確認し、和子は逃亡します。

鏑木と北嶋(阿南健治)は、交通事故の現場に向かいます。トラックの運転手は、被害者の後ろを歩いていた女性が突き飛ばしたと言い張りますが、目撃者は見つかりません。

武藤は、被害者遺族の牧田浩文(板尾創路)が発起人となって作った団体「少年犯罪を考える会」に辿りつきます。武藤は、被害者遺族がこの会を通じて繋がっていると考えていました。

牧田と会員の矢吹響子(木村多江)は、入会したばかりの梶原知之(野間口徹)を牧田の自宅に招待し、話を聞きます。

梶原の息子は、いじめにあっていた友達をかばい、同級生にリンチされて殺されていました。しかし犯人は未成年者だったため少年法により早々に社会復帰を果たし、「なぜ息子だけが……」と梶原はやりきれない胸の内を吐露します。

「加害者を殺してやりたいと思いますか?」
「毎日毎日思っているに決まってるじゃないですか!必死に考えまいとしてるんですよ!」

響子は「梶原さんがお望みなら、息子さんを殺したふたりには、天からの罰が下ります」と言います。

鏑木と北嶋は交通事故に遭った被害者の身辺を調べ、最近、被害者の後をつけていた中年の女性がいたことを突きとめます。鏑木は被害者に恨みを抱く人間を探そうとしますが、見つかりません。

武藤がいる探偵事務所を訪ねた鏑木は、武藤がまだ環の下で働いていることを心配します。武藤は、環に利用されているのはわかっている、と言います。

「私も環を利用しているんです。今さら刑事に戻れないなら、環の力を使ってでも犯罪者を逮捕する。それが私の背負い方なんです」

梶原から連絡を受けた牧田は、響子にそのことを告げます。響子は牧田の息子を殺した主犯格のふたりを調べ、自動車工場でまじめに働く様子を目にします。更正したかのように見えたふたりでしたが、響子が後をつけていたことに気づくと、響子を襲おうとします。

彼らは何も変わっていない──そう判断した響子は、牧田に報告します。

鏑木と北嶋の捜査が行き詰まりかけたとき、被害者の青年の治療が打ち切られ脳死判定に入るという連絡が入ります。被害者はドナーカードを持っていました。鏑木は、犯人の目的は臓器ではないかと考えます。

その頃和子は、自宅で連絡を待ち望んでいました。和子の息子・継治(小林豊)は、心臓移植のためにドナーを待つ身でした。しかし、被害者は事故の時に鼓膜が破れ、脳死判定を受けることができないとわかり、和子は落ち込みます。

武藤から被害者遺族が繋がっているという報告を受けた環は、被害者遺族の代わりに復讐をしている“職業殺人者”がいる、その人間を探すよう武藤に命じます。

響子の部屋を訪ねた鏑木は、響子から「新しい依頼」としてふたりの少年を殺すことを頼まれます。それは、梶原の息子を殺した少年たちでした。

鏑木は夜の闇に紛れてふたりを待ち伏せし、シンナー遊びの末に事故死したように見せかけて殺害します。

「犯罪症候群:Season2」第1話感想

Season1が終わり、鏑木と武藤、環の関係がどうなるのかと気になっていましたが、なんかうまいことリセットされて、始まったな~という感じです。

WOWOWのインタビューで、鏑木を演じる谷原章介さんが「Season1の鏑木も嘘ではなく、ちゃんと同じ人間としてSeason2に繋がっていた」ようなことを語っておられましたが、まさにそう。

鏑木は、手塚理美さん演じる小島和子の事件を執念深く追いますが、そこには理由があって、その理由も後半で明らかになると思います。

環チームが武藤ひとり、という点を除けば、ほぼ原作通りの内容でした。
ただすごくテンポが速いので、いろいろ省略されているところが多いです。

梶原さんが息子を亡くしてから会に入会するまでの経緯も、原作では丁寧に書かれています。
犯罪被害に遭われた方が、その直後からずっと、どんな酷い目にあっているかがわかります。

だから、響子や鏑木がやっていることは決して許されないことだけれども、そこに至る気持ちには、思わず共感してしまいたくなるんです……。

次回は、響子の過去が明らかになるのでしょうか。
鏑木と響子がどういう関係なのか(原作と同じなのか)、気になります。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW 犯罪症候群Season2 犯罪症候群Season2第1話|原作よりもテンポの速い展開! 連続ドラマW 犯罪症候群Season2 犯罪症候群Season2の原作「殺人症候群」の人物相関図