犯罪症候群Season2第3話|原作にはなかった牧田の行動

連続ドラマW 犯罪症候群Season2

(C) 東海テレビ/WOWOW

WOWOWドラマ「犯罪症候群:Season2」第3話が放送されました。

自分を追っているのが武藤だと知った鏑木は、響子を守ろうとしますが……。
原作では、梶原夫婦との揉め事以降出番がなかった牧田ですが、ドラマではまさかの行動に!

第3話ネタバレ

武藤(玉山鉄二)が矢吹響子(木村多江)を監視していることに気づいた鏑木(谷原章介)は、環(渡部篤郎)が事件を捜査していることを知ります。鏑木は「君を警察には渡さない」と響子に言います。

響子は武藤の取材を受け、牧田(板尾創路)の家で武藤と対面します。しかしそれは鏑木の作戦で、取材中に席を外した響子はそのまま姿を消します。

響子は住居を引き払い、しばらくホテルに身を隠すことに。鏑木の身を案じる響子でしたが、鏑木は「捕まえなきゃならないホシがいる」と言います。

鏑木の追う犯人は、臓器移植を目的に事故を装って連続殺人を犯していました。鏑木は成徳総合病院を訪ね、関係者で臓器移植手術を待つ人間がいないか聞き出そうとしますが、病院側は難色を示します。

その頃、成徳総合病院の看護師・小島和子(手塚理美)は、ドナーを待つ息子・継治(小林豊)のために、次の“標的”である「市原智貴」を殺害しようと、下見をしていました。

市原智貴は、中学生の時に人を殺した前科があり、今も母親に暴力を振るっていました。

武藤は未成年犯罪の被害者・梶原知之(野間口徹)の自宅を訪ね、加害少年の殺害を牧田と響子に依頼したことを聞き出します。

武藤から報告を受けた環は、「もしかしたらあなたは、復讐を代行している人の側に回るのではないかと思っていました。でも、あなたの犯罪者への執着心は何にも勝る。そう思っていて、いいんですよね?」と武藤に聞きます。質問の意味がわからない武藤。

鏑木は、すべてがばれるのは時間の問題だと考え、響子をひとりで海外へ逃亡させようとします。響子は「あなたに何かあったら、もう私生きていけない」と言います。

「あなたがいたから、今の私があるの。あなたが私をもう一度、生かしてくれた。もし、あなたも同じ気持ちでいてくれるなら……」

しかし、鏑木は「一緒には行けない」と言います。「他人の血で手を汚した人間はもう、人並みの幸せを望んじゃいけない」

成徳総合病院から許可がおり、該当者が小島和子だとわかった鏑木は、和子の住むアパートへ向かいます。その頃、和子は市原智貴(健太郎)を殺害しようとしていました。しかし、殺害に失敗した和子は、市原に名前と連絡先を知られてしまいます。

鏑木のもとに、環が現れます。環は現在捜査している事件について話し、犯人は警察関係者ではないかと推測していることを告げます。そして、「本当はその人間が自分で消えてくれたら助かるんです」と鏑木に言います。

警察の目的が自分だと知った鏑木は、逮捕されるのは時間の問題だと悟ります。鏑木は成徳総合病院に行き和子を説得しようと試みますが、和子は黙って走り去ってしまいます。

その夜、和子は市原に呼び出され、廃校になった中学校へ行きます。暗い教室で和子を待っていた市原は、自分に冷たくあたった教師を殺したせいで人生が狂ったと言い、教師の代わりに和子を殺してもいいかと聞きます。

和子は隠し持っていたナイフで市原を刺そうとしますが躱され、市原に殴られます。何度も何度も、繰り返し和子を殴りつける市原。

翌朝、血にまみれた和子が発見されます。駆けつけた鏑木は救急隊員に「助かるんですか?」と尋ねますが、「息はありますが何とも言えない」という返事が返ってきます。

鏑木は響子に連絡を取ろうとしますが、響子は電話に出ません。ホテルもチェックアウトしていることがわかり、不安を覚える鏑木。

武藤は響子の実家から借りてきた「少年犯罪を考える会」のパンフレットを見て、その中の写真に鏑木が写っていることに気づきます。響子の学生時代のアルバムにも、鏑木が写っていました。自分が追っている犯人が鏑木であることを知り、激しく動揺する武藤。

その頃、響子は牧田と行動を共にしていました。
ふたりは、警察の目が鏑木に向いている間に、復讐を実行しようとしていました。

第3話感想

響子と鏑木の関係が、切ないですね。
鏑木は、汚れるのは自分だけでいいと思っていて。
響子には、触れたくても触れないつもりなのでしょう。

でも、響子にとって鏑木は、自分の一部のような存在です。
あの時、鏑木に出会わなかったら、復讐によって救われることがなかったら、死んでいたかもしれないのだから……。

次回は最終話ですが、牧田がまさかの行動に出ました。
武藤もついに真実に辿り着きました。

響子と鏑木はどうなるのでしょうか。
そして和子は、継治は……。
できれば原作とは違う形になってほしいと願っています。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW 犯罪症候群Season2 犯罪症候群Season2最終話|原作とは異なる鏑木の最期 連続ドラマW 犯罪症候群Season2 「犯罪症候群Season2」と原作「殺人症候群」の相違点