中谷美紀×東野圭吾「片想い」あらすじ・キャスト・ED曲

連続ドラマW「片想い」

中谷美紀さん主演のドラマ「片想い」が10月21日(土)からWOWOWプライムでスタートします。

ベストセラー作家・東野圭吾さんの“ジェンダー”を題材にした傑作ミステリーをドラマ化。中谷美紀さんが性同一性障害の主人公・美月を演じます。

番組情報

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2017年10月21日(土)から毎週土曜夜10:00~【全6話】
  • 原作:東野圭吾「片想い」
  • 監督:永田琴
  • 脚本:吉田紀子
  • 音楽:市川和則
  • プロデューサー:藤原麻知、井上衛、黒沢淳、雫石瑞穂
  • 製作:WOWOW、テレパック

原作情報

このドラマの原作は、東野圭吾さんの小説「片想い」です。
WOWOWでの東野圭吾作品は6作目ですが、この小説は映像化を切望された東野作品の中でも“最大の問題作”と言われています。

東野圭吾さんについて

1958年生まれ、大阪府出身。
大阪府立大学電気工学科卒。

1985年、「放課後」で江戸川乱歩賞受賞。
1999年、「秘密」で日本推理作家協会賞受賞。
2006年、「容疑者Xの献身」で直木賞受賞、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で中央公論文芸賞。
2013年、「夢幻花」で柴田錬三郎賞。
2014年、「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞を受賞。
そのほか、「百夜行」「麒麟の翼」「マスカレード・ホテル」「真夏の方程式」「虚ろな十字架」「ラプラスの魔女」「素敵な日本人」など著書多数。

あらすじ

スポーツライターの西脇哲朗(桐谷健太)は大学生時代に所属していたアメリカンフットボール部のマネジャー理沙子(国仲涼子)と結婚したが、夫婦仲はうまくいっていない。ある日、哲朗は早田幸弘(大谷亮平)、須貝誠(和田正人)ら男性チームメートと同窓会を開いた帰り、須貝と2人で忍び込んだ大学のグラウンドで部のマネジャーだった日浦美月(中谷美紀)に遭遇する。

異様な雰囲気を醸し出す美月の口からは「人を殺した」という衝撃の言葉が。さらに哲朗宅で美月は、哲朗、須貝、理沙子に対し自分が性同一性障害だと告白。男としてクラブでバーテンダーとして働く美月が、ホステスの佐伯香里(中村アン)につきまとう客を人目のない所で殺したというのだ。

最初は絶句した哲朗らだが、アメフト部の元部員で美月の元恋人、中尾功輔(鈴木浩介)も交え、美月を守ろうと決意する。そんな折、美月が失踪。哲朗は美月を捜すうちに、次々と苦悩に満ちた事実に直面する。(公式サイトより)

登場人物(キャスト)

日浦美月/神崎ミツル……中谷美紀
性同一性障害で男性の心を持っているが、周囲にはそれを隠して生きてきた。結婚し、子供を授かったものの、現在は家出をして銀座のクラブ【猫目】で「神崎ミツル」の名前で男として働いている。元女子マネジャー。

西脇哲朗……桐谷健太
帝都大・アメフト部OBのエースQB。現在はスポーツライター。元マネジャーの妻・理沙子とはうまくいっていない。美月とは、一度だけ体を重ねたことがある。元クォーターバック。

西脇理沙子……国仲涼子
哲朗の妻。アメフト部の元女子マネジャー。学生時代は部員たちの憧れの的だった。現在はフリーカメラマンとして活躍している。

早田幸弘……大谷亮平
アメフト部OB。ポジションはタイトエンド。新聞記者。記者クラブには属しておらず、遊軍のような立場で事件記事を担当している。感情に左右されない冷静な男。学生時代、理沙子に片想いしていた。

中尾功輔……鈴木浩介
婿養子に入っており現姓・高城。アメフト部OB。ポジションはランニングバック。大手食品会社の重役の娘と結婚し「逆タマ」と言われている。学生時代は、美月と交際していた。

須貝誠……和田正人
アメフト部OB。ポジションはキッカー。現在は損害保険会社勤務。家庭を大事にするよきマイホームパパ。人は良いがそそっかしいところがある。

佐伯香里……中村アン
銀座のクラブ【猫目】ホステス。殺人事件の被害者である戸倉という男にストーカーされていた。やがて、彼女にも驚愕の真実が隠されていたことが発覚する…。

末永睦美……高月彩良
性分化疾患で男女両方の要素を持つ陸上部員の高校生。哲朗から取材を受け、会話の中から美月が告白した殺人事件の解明の手掛かりとなる情報をもたらすことに…。

野末真希子……秋吉久美子
クラブ【猫目】のママ。

日浦正一……橋爪功
美月の父。

広川幸夫……眞島秀和
美月の夫。

戸倉明雄……山中聡
門松鉄工所の専務。

戸倉佳枝……丘みつ子
戸倉の母親。

望月……田中要次
警視庁捜査一課・警部補。

エンディング曲

このドラマのエンディング曲は、羊毛とおはなの「はだかのピエロ」です。
透明で切ない歌詞が主人公・美月と重なります。

羊毛とおはなは、ボーカル担当の千葉はなさんと、ギター担当の市川和則さんによって2004年に結成されたアコースティックデュオ。

2007年にデビュー以来、国内外のライブ活動やCMソング、映画の主題歌を手がけるなど精力的に活動していましたが、2014年5月に千葉さんの体調不良により活動を休止。
2015年4月8日、千葉さんは永眠されました。

このドラマの音楽を担当した市川和則さんは、「まさか発表して4年後に連続ドラマのエンディングに使われるとは思っていませんでした。 (略)手前味噌ですが千葉はなもこのドラマの一部となり良い仕事をしてくれている事が観ていただけると存分にわかると思います。」とTwitterでコメントされました。

「はだかのピエロ」は、2013年にリリースされたアルバムLIVE IN LIVING’13」に収録されています。

ひとこと

中谷美紀さんが性同一性障害の主人公を演じることで、話題を集めているドラマです。
私も、何か月も前から心待ちにしていました。

原作者の東野圭吾さんは、今回のドラマ化に対して「ついにこの小説に挑む人たちが現れたか、と驚きました。未だに社会が答えを見つけられていない問題。しっかりと光を当ててくださることを願います。」とコメントされています。

気楽に見られるドラマではないと思いますが、ミステリーとしての謎解きや人間ドラマを楽しみながら、主人公・美月を演じる中谷美紀さんの演技に注目したいと思っています。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「片想い」 「片想い」第1話|男前な女性たち 連続ドラマW「片想い」 「片想い」最終回|永遠の片想い