「片想い」第3話|真相に近づく哲朗と理沙子

連続ドラマW「片想い」

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「片想い」第3話。

少しずつ事件の真相に近づいてきた。
中尾が怪しいけど、クラブ猫目のママも何か知ってそう。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第3話「三日月」あらすじ

美月が失踪した。哲朗は手掛りを得ようと美月の父・日浦正一(橋爪功)のもとへ。美月は幼少期から性同一性障害だったと聞き、戸惑いを隠せない哲朗。一方、ホステスの香里も姿を消していたことが分かる。「美月は香里さんをかばっているのでは」と疑う理沙子。哲朗と須貝(和田正人)は、香里がかつて住んでいたマンションを訪れる。そこで香里はカオルという男性だったと聞き……。WOWOW公式サイトより)

第3話ネタバレ

哲朗と理沙子(国仲涼子)は、香里の実家を訪ねる。母親に香里の写真を見せると、「香里ではない」と言う。香里は性同一性障害で、もう女の姿はしていない、と。

美月とキスをした時、美月を男だと感じたと語る理沙子。哲朗とふたりでいることに気詰まりを感じた理沙子は、ひとりで帰宅する。

その頃、美月は中尾(鈴木浩介)と行動を共にしていた。

第3話「三日月」感想

香里はどうやら別人のようです。
おそらく本物の香里は別にいて、戸籍を交換したのではないかと。

この事件の裏には、戸籍の交換が絡んでるっぽい。
猫目のママは、そのことを知ってるのかも。

殺された戸倉って男は、香里の秘密(戸籍交換)に気づいて、それをネタに脅してたとか?いずれにせよ、私は戸倉を殺したのは美月じゃないと思ってるんだけどね……。

あと、すっごく怪しいのが中尾。
絶対、何か知ってて隠してる。
美月と仲がよすぎるもの。

親は、性同一性障害とわかっていても、認めたくないんでしょうね。
普通の子として普通に育ち、普通の幸せを手に入れて欲しい。
それが親の願いなのでしょう。

だけど、「普通ではない」子供にとって、それがどれほど苦しいことか。
世界中の誰よりもわかってほしい両親に、自分の本質を無視されることが、どれほど悲しいことか……。

美月は両親を悲しませないために自分を殺そうとしたけど、できなかった。
だから、自分ではなく両親を(心の中で)殺したのかもしれない。

それにしても中谷美紀さん、七変化だなぁ。
男装にセーラー服にウェディングドレス……。
どれも美しかったです^^


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「片想い」 「片想い」第4話|メビウスの帯が表すもの 連続ドラマW「片想い」 「片想い」第2話|美月と理沙子のキスシーン