「片想い」第4話|メビウスの帯が表すもの

連続ドラマW「片想い」

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「片想い」第4話。

田中泯さん演じるバーのオーナーが語った「メビウスの帯」の話が印象的だった。
性別に限らず、人間そのものの根源に関わる深い話だと思った。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第4話「メビウスの帯」あらすじ

「この事件に関わると大変なことになる。手を引け」と哲朗と理沙子に警告する早田。しかし、その警告を無視して哲朗は美月を捜し続けていた。ある日、哲朗は相川(田中泯)が経営するバー「BLOO」で劇団金童の存在にたどり着く。やがて、クラブ「猫目」のママ(秋吉久美子)から香里の壮絶な過去を聞き、真相に近づいていく哲朗。一方、美月と逃亡を続ける中尾の容体は悪化していき……。WOWOW公式サイトより)

第4話ネタバレ

相川(田中泯)は、哲朗(桐谷健太)に「すべての人間はメビウスの帯の上にいる。世の中には、完全な男も女もいないのではないか」と語る。

クラブ「猫目」のママ(秋吉久美子)から、香里の本名が立石卓だと聞いた哲朗は、香里と卓が名前を交換し、別人として生きているのではと考える。

理沙子(国仲涼子)は、劇団金童のパンフレットを見て、急に「この件から手を引く」と言い出す。そこには哲朗をモデルにしたと思われる作品が掲載されていた。

哲朗は大学時代の脳しんとうがもとで左目が見えなくなり、理沙子はそのことを中尾(鈴木浩介)から聞いて知っていた。劇団金童の作品は中尾が書いたもので、中尾は初めからこの事件に関わっていたのではないかと語る理沙子。

事件の裏で、中尾と美月が何かをしようとしていることに気づいた哲朗。
美月は哲朗に電話をかけ、「この事件から手を引いてくれ」と告げる。

第4話「メビウスの帯」感想

どうやら中尾にも深い事情がありそうですね。
離婚した奥さんも、何か知っていて隠しているようだったし。

美月と中尾が隠し通そうとしているのは、やはり戸籍の交換のことみたいです。
ふたりが姿を隠しているのは、香里や卓たちを守るため……なのかな。
中尾と嵯峨の関係も気になりますね。
彼らはいったい何をしようとしているのか。

あと、QBが隠していた秘密も明らかになりました。
劇団金童の原稿を見ていたとき、桐谷さんの左目がアップになって「あっ」と思いました。それまでは、まったく予想してなかったなぁ。

第1話から気にはなってたんですよ、最後の試合のミス。
QBが本気で言い訳してないのがわかったし。
なんか、本当のことが言えない訳がありそうだなーと。

それが、ここにきて明かされるとは。
しかもあの練習の時の脳しんとうが原因だったとは。
驚きました。

理沙子の心がQBから離れたのは、これが理由だったのかな。
本当は、いちばん自分に話してほしかったんじゃないのかな。

そして「メビウスの帯」。
表と裏を区別できないという特徴を持つ帯。
身近な例では「リサイクル・マーク」がこれですねー。

芸術作品のモチーフに使われたり、文学作品でループの比喩として使われたりしていますが、性別を表すものとしての「メビウスの帯」は初めてです。
新鮮であると同時に、瞬間的に理解に苦しんでしまった自分は、頭が固いなと感じた(-_-;)

この世に生まれた瞬間から、誰もが「男」か「女」に分類される。
手にするもの、身につけるもの、使うもの、行く場所、周囲からの評価。
すべてに性別がまとわりついてくる。
あまりにも当たり前のことだから、それが「ない」なんて考えたこともない。

この世には男と女しかいない、ってよく言いますよね。
でも、この世には男も女もいない、とはあまり言いません。

たぶん私も含め、ほとんどの人は、そんなこと考えてもみないんじゃないでしょうか……。

私は女なので、会社勤めをしていた頃は「くそっ」と思うことはいっぱいあったし、「女としてじゃなくて、人として見てよ」って思ったことは、何度も何度も数え切れないくらいたくさんありました(思い出すだけで腹立つな)。

でも、ほんとその程度です。
美月たちに比べたら、些細なことですよね。
そう思うと、美月たちの覚悟の強さが想像できるんです。

船で遠ざかるQBに、橋の上から別れを告げる美月が切なかった。
エンディング曲が、今回はことさら染みました。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「片想い」 「片想い」第5話|中尾が美月を守る理由 連続ドラマW「片想い」 「片想い」第3話|真相に近づく哲朗と理沙子