「監査役 野崎修平」第2話|銀行命の主人公に共感度ゼロ

連続ドラマW「監査役野崎修平」

(C)WOWOW

どうも、夏蜜柑です。青空の下の雪景色が綺麗です。

さて、連続ドラマW「監査役 野崎修平」第2話。

面白くないというわけではないのですが、「石つぶて」のときのような熱い興奮はないですね。今後の盛り上がりに期待したいと思います。

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第2話のあらすじ

  • 頭取の京極(古谷一行)は、関連会社の社長を務めていた武田真吾(岸谷五朗)を本店に呼び戻す。武田は野崎に「俺の派閥に入れ」と持ちかけるが、野崎は断る。
  • 検査部の沖田(小林且弥)は、京極と現首相・鷹山との贈収賄関係をマスコミにリークする。野崎や渡辺(甲本雅裕)らが対応に追われる中、専務の林(利重剛)は頭取更迭を画策する。
  • 野崎は記者会見を開き、一部役員が不正融資に関わっていたことを公表。林は臨時役員会で京極と野崎の辞任を要請するが、賛同を得られず失脚する。
  • 野崎は恩人である橘(山本圭)から「京極頭取には気をつけたほうがいい」と忠告される。京極は、野崎に「タニダエージェンシーの件を指示したのは私だ」と告げる。
  • 本店人事部では立川祥子(松嶋菜々子)におおぞら銀行初の女性支店長就任の辞令が下る。

第2話の感想

銀行内部のお話のはずなんですが、マフィアっぽいですね。

岸谷五朗さん演じる武田専務と、古谷一行さん演じる京極頭取が、どっから見てもマフィアなんだよなぁ。

わたしあんまりそういう系が好きではないんで、いまいち入り込めません。

織田裕二さん演じる野崎は、ひとりでテンパってる感じですよね。
独断で記者会見開いたり、社内放送流したり。

そもそも監査役って、こんなにいろんな権限持ってるものなの?
普通、こんな大きな銀行が個人の判断で記者会見を決めたりしないよね?

沖田が流した怪文書の対応にしても、野崎がなぜあのメンバーを集めたのか謎。
4~5人でわちゃわちゃ言うレベルで、危機感がまったく感じられなかった。
見ているこちらも「あ、その程度?」と思ってしまう。

しかも監査役はほかにもいるはずなのに、どうして野崎だけがひとりで何でもかんでもやってるんだろう?分担とかしないの?

野崎の行動が、どうも自由すぎるんですよね。
どこからもまったく制約を受けてない感じがする。

役員とはいえ、ここまで自由だと「大きな組織の中の一員」という感じがまるでしない。
ものすごく小さな(社員50人くらいの)規模の会社に思えてしまう。

原作が漫画なのである程度しかたないことなのかもしれないけど、ひとつひとつのシーンにリアリティが感じられませんでした。

あとは、個人的に「銀行」になんの思い入れもないので、野崎の「おおぞらが好きだ」というセリフや、「銀行を変える」というセリフに全く感情が動かされない。

銀行のために頑張る主人公に、共感しづらいというのが一番大きいかもしれません。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「監査役野崎修平」 「監査役 野崎修平」第3話|男を出世の道具にする松嶋菜々子 連続ドラマW「監査役野崎修平」 「監査役 野崎修平」原作・登場人物(キャスト)・あらすじ