「監査役 野崎修平」第4話|G1計画?はぁて…何のことでしょう

連続ドラマW「監査役野崎修平」

(C)WOWOW

どうも、夏蜜柑です。
連続ドラマW「監査役 野崎修平」第4話。

今回は松嶋さんの出番が少なくて残念。ストーリーは核心に迫る勢いで面白くなってきました。武田のキャラもイイですね。安藤さん家族が無事でよかった。

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第4話のあらすじ

  • 安藤(松尾諭)は、木村ビルの件で谷田興産の谷田(酒向芳)から脅される。専務の武田(岸谷五朗)からも「情報を渡せば銀行に戻してやる」と言われ迷う。
  • 坂本(駿河太郎)は西條(三浦誠己)のパソコンから木村ビルに関するデータを盗もうとするが、西條に見つかる。西條は、野崎が身代わりになるなら坂本を許すと言う。
  • 野崎(織田裕二)は坂本から「G1計画」について聞くが、詳細はわからなかった。安藤は「正しいと思うことをするべき」と家族に背中を押され、野崎に協力を申し出る。
  • 野崎は、京極(古谷一行)に「G1計画」について聞くが、はぐらかされる。懲罰委員会が開かれ、野崎は坂本の一件で責任を問われるが、武田の助け船によって辞任を免れる。
  • 武田は、野崎を利用して京極を失脚させようと考え、木村ビルに関する資料を野崎に手渡す。その時、野崎の携帯に立川祥子(松嶋菜々子)から「木村ビルが燃えている」と連絡が入る。

第4話の感想

「はぁて……何のことでしょう」

最高ですね、頭取。
無銭飲食しても「はぁて……何のことでしょう」って言いそう、この人。

前回、頭取に脅されて木村ビルから手を引こうとした立川祥子でしたが、武田に「頭取の弱みを握るチャンス」と言われ、たちまちその気に。

この変わり身の早さ、いいわー^^

武田専務も頭取を落とすためにとりあえず野崎に協力することに決めたみたいだし、この2人が味方についてくれたら力強い。

まぁ、その反面、いつ裏切られるかとヒヤヒヤするけど。

第2話でフェードアウトしたタニダエージェンシーや、宇梶さん演じる総会屋の海藤とも繋がって、木村ビル案件はますます不穏な空気に。

もっかの謎は、「G1計画」(銀座1丁目だからG1なのね…)
頭取は、木村ビルのある銀座1丁目で、何をしようとしていたのか?

がぜん面白くなってきました!

このドラマ、毎回誰か消えていくから気が気じゃないんだけど、坂本さんと安藤さん、なんとか無事に済みましたね。

武田専務、冷酷そうに見えて意外とイイトコあるじゃん(自分の利益とはいえ)。

でも、夜中に忍び込んで上司のパソコンからデータを盗み出そうとしたのにお咎めナシって、それはそれで都合良すぎる気もします^^;

そして木村ビル火災
あぁ……ウメさんのビルが……(>_<。)

次回はいよいよ京極の懐刀・柳沢の登場です。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「監査役野崎修平」 「監査役 野崎修平」第5話|ドロドロ権力闘争についていけない 連続ドラマW「監査役野崎修平」 「監査役 野崎修平」原作・登場人物(キャスト)・あらすじ