「監査役 野崎修平」第7話|ラスボス京極の逆襲

連続ドラマW「監査役野崎修平」

(C)WOWOW

どうも、夏蜜柑です。
連続ドラマW「監査役 野崎修平」第7話。

今回は古谷一行さんに尽きますね。ラスボスにふさわしい強敵。最終回直前で突然合併→CEOになるとは。次回、野崎の反撃に期待。

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください

第7話のあらすじ

  • 柳沢(光石研)の策略で頭取の座を追われそうになった京極(古谷一行)は、密かに武田(岸谷五朗)に命じてよつば銀行との合併話を進めさせる。それを知った柳沢もまた、独自にひかり銀行と接触し合併に向けて動き出す。
  • 合併で不正をうやむやにしようとする京極のやり方に疑問を抱いた野崎(織田裕二)は、坂本(駿河太郎)に命じておおぞら銀行が抱える不良債権を徹底的に洗い出させる。その結果、既に債務超過に陥っていることがわかる。
  • 野崎は京極、柳沢、武田に債務超過の現状を訴えるが、京極はその事実を無視してよつば、ひかりとの合併を強引に進めてしまう。京極は合併によって誕生した「新日本銀行」のCEOの座を勝ち取り、野崎に退任を宣告する。
  • 権力に固執し、客や社員を顧みない京極に憤る野崎。野崎は京極を倒すために武田と手を組むことを決意。武田は野崎に「おまえが頭取になれ」と告げる。

第7話の感想

なんか急に話が変わったね。「G1計画」はどうなったの?
降って湧いたような合併話に、面食らってしまいました。

しかし今回はみごとな京極劇場でしたねー。

「私は親を殺した相手とでも、笑顔で握手ができます」

古谷一行さん、凄いとしか言いようがない。貫禄と迫力が桁違いでした。
光石さん演じる柳沢と火花を散らすのこのシーン、最高に見応えありました。

柳沢も危険人物だけど、やっぱり京極には適わないんだねー。
あんなに息巻いてた武田も、京極が息を吹き返したとたんヘイコラしちゃって。

一方、野崎は「合併よりも不良債権をどうにかする方が先」と。

坂本氏が現状を調べた結果、債務超過に陥っていることが判明。いつ金融庁から業務停止命令が出てもおかしくない状況であることがわかります。

ところが役員会議での野崎の訴えは、またもあっさりとスルーされ。
京極頭取、あっという間に合併しちゃいました(ここマジで早かった)。

銀行の合併って、こんな簡単なの?(-_-;)

当時、どこもかしこも合併合併で一斉に銀行の名前が変わり、何がなんだかわからなくなったのを思い出すわぁ。システム障害もあったなー。みずほだっけ?

合併によって、退任に追い込まれた野崎。

でも野崎が怒っているのは辞めさせられることではなく、京極が私利私欲に走って銀行の客や社員のことを何ら考えていないから。

京極に言わせると、「あなたは経営について、組織について、何もわかってない」そうですが。

「最後に残るのは、頭だけです」

そう断言した京極頭取。
このシーン、圧巻でしたね……鳥肌が立ちました。

野崎は武田専務と組んで、京極を頭取の座から引きずり下ろすことを決意しました。その野崎に「頭取にはおまえがなれ」と告げる武田専務も男気あるわー。真意はわからないけど。

とにかく絵力だけは半端ないこのドラマ。
次回はとうとう最終回です。


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「監査役野崎修平」 「監査役 野崎修平」最終回|意外な結末と古谷一行の凄味 連続ドラマW「監査役野崎修平」 「監査役 野崎修平」原作・登場人物(キャスト)・あらすじ