シグナル/時空を超えた捜査線#8|レイミーとダニエルが急接近

あのSF映画をリメイク!アメリカドラマ「シグナル/時空を超えた捜査線」

「シグナル/時空を超えた捜査線」

どうも、夏蜜柑です。
アメリカドラマ「シグナル/時空を超えた捜査線」第8話。

フランクとジュリーの夫婦喧嘩が毎回同じことの繰り返しで、イライラする。
レイミーとダニエルも急に盛り上がりだしたけど、どうなるのか。
今回も、殺人鬼には近づけず。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

#8「夏の日の悪夢」あらすじ

レイミーとフランクは、ラリッサ殺害事件の捜査を進めていた。レイミーは、1992年にキャンプ場に来ていた「アビゲイルの天使」というグループの一員から、1991年に腕から血を流したメーガンという女性が、キャンプ場に現われたという情報を手に入れる。2016年現在、自殺未遂を繰り返して精神科病院に収容されているメーガンは、「ナイチンゲール・キラーを知っている」と言い……。WOWOW公式サイトより)

注目ポイント

  • ラリッサの遺品
  • 夫婦の問題
  • レイミーとダニエル
  • メーガン

#8「夏の日の悪夢」感想

前回からの続きで、ラリッサやキャンプ場について調べるレイミーとサッチ。
一方フランクも、レイミーから頼まれてラリッサの周辺を捜査する。

今回も、事件の捜査と同時進行でフランクとジュリーの夫婦問題が描かれるのですが、さすがに飽きてきました。毎回同じことの繰り返しで、何の変化もないんだもん。
もうどうでもいいわ、って感じです。

それよりメーガンの方が気になります。
精神科病院に収容されている彼女は、事件当時あのキャンプ場にいた重要人物。

本人は「ナイチンゲール・キラーについて知ってることがある」と言うのですが、病院のスタッフは誰も彼女の言葉を信じない。
強硬手段で警察に電話しても、すぐに見つかって切られてしまう。

一見穏やかで紳士的に見えるアビゲイル教会の助祭が、めちゃくちゃ怪しいです。
メーガンの怯えようから察するに、彼女に何かひどいことをしたのでは……。

捜査はあまり進んでませんが、レイミーとダニエルは急接近。
突然レイミーに惹かれ始めたダニエル。
ちょっと強引な感じもするけどねー。
“宿命”を感じたってことかな?

でも、お互いに問題が山積みです。
レイミーはカイルと付き合っている(?)みたいだし、ダニエルのほうも、結婚を決めた相手がいる様子。

偶然、ダニエルのポーチの中から指輪を見つけてしまうレイミー。
本当なら、レイミーが渡されるはずだった指輪。切ない……。

カイルも、めっちゃいい人なのに毎回レイミーに振り回されてて可哀想。
変に気を持たせないで、ちゃんと振ってあげればいいのに。

このドラマもいよいよ残り5話となりました。
どうやらアメリカではシーズン1で打ち切りとなったようなので、モヤモヤしたままラストを迎えることになりそうです。
そのへんも覚悟のうえで視聴しなくては^^;


ほかの記事を読む?

海外ドラマ「シグナル/時空を超えた捜査線」 シグナル/時空を超えた捜査線#7|ナイチンゲール・キラーの影 映画「オーロラの彼方へ」 映画「オーロラの彼方へ」感想|忘れられないラストシーン